『来世ではちゃんとします』のいつまちゃんが読み切りマンガを『QJ』vol.150に寄稿!コメントを独占入手!!

2020.6.26


いつまちゃん「『在宅ラブ』を自分なりに噛み砕いて、ウイルスと共存していくことを選択した近未来の日本のカップルを描かせていただきました」

6月26日(金)から順次発売される『クイック・ジャパン』vol.150。kemioとEXITが表紙・巻頭にド派手に登場している同誌にて、内田理央を主演にテレビ東京で実写ドラマ化もされたマンガ『来世ではちゃんとします』の著者いつまちゃんによる読み切りマンガ『清いふたり』が掲載されています。

「未曾有のパンデミックから数年。とあるカップルが描く、感染症、そして恋人との未来のゆくえ」というマンガ『清いふたり』を描き終えた漫画家いつまちゃんから、『QJWeb』に向けて下記のコメントをいただきました。

「今回『クイック・ジャパン』様よりいただいたテーマ『在宅ラブ』を自分なりに噛み砕いて、ウイルスと共存していくことを選択した近未来の日本のカップルを描かせていただきました。私たちもコロナ禍を経験して、電波に乗せて連絡は取れるのに顔は見られるのに側にいられない……そんなもどかしさを味わいました。しかしどんな世界でも状況でも、その世界なりの希望やラブの在り方を見つけられるということが伝われば幸いです」

さらに、8ページの読み切りである『清いふたり』の冒頭2ページも『QJWeb』で公開。つづきはぜひ『クイック・ジャパン』vol.150でお楽しみください。

いつまちゃん読み切りマンガ『清いふたり』P1
いつまちゃん読み切りマンガ『清いふたり』P2


この記事の画像(全3枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太