「民放キー局がネット同時配信」で、可処分時間の奪い合いはどうなる?(UUUM鎌田和樹)


プラットフォームの境界が曖昧ななか、人気を掴むもの

YouTubeの様相も日々変化している。要因のひとつに、クリエイターになること自体のハードルが低くなったことが挙げられる。先日、秋元康さんと対談させていただいた際、彼は「作詞家もYouTuberも名乗ればなれてしまうでしょう。誰でもなれるけど、居つづけるのは難しいですよね」と仰っていた。

ここ数年、芸能人のYouTube参入は増えている。たとえば、2019年のカジサックさん、オリエンタルラジオ中田敦彦さんの活躍は目覚しかった。「知名度が高いから人気が出たのだ」と思う人は多いかもしれないが、彼らが活躍できた理由は、「臨機応変に自らの見せ方を変えられる」能力が高いことが大きいと思う。チャンネル開設当初と今を比べると、企画も演出も非常にブラッシュアップされていることがわかる。

芸能人のYouTubeチャンネルを分析するともうひとつ見えてくるのが、「ジャンルが明確である」ことだ。たとえば本田翼さんのチャンネル『ほんだのばいく』は、ゲーム実況をメインに配信されている。また、個人的に注目しているのがヒロミさんのチャンネル『Hiromi factory チャンネル』だ。配信内容は彼の趣味であるDIYが中心。「芸能人だから成功する」というよりは、「DIY風景をおもしろく見せられる配信者である」から、チャンネル登録者数は伸びていくと思う。

【DIY】みんなに早く色んなの紹介したいからチャチャっとガレージ作るわ

昔からインタビューなどで「TVタレントとYouTuber、どちらが優れていますか?」と聞かれるたび、「比べようがありませんよ」と答えてきた。なぜならプラットフォームが異なるからだ。けれども最近、プラットフォームの境界が曖昧になってきている。動画配信サービスやYouTubeに限らず、優れた映画やマンガ、さらにはリアルイベントなどあらゆるエンターテインメントが日々生まれ、人々の心を掴んでいる。人々はこれからどんなことに可処分時間を費やすのか。それらを巡る戦いは今後もさらに激化していく。


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)
鎌田和樹

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ