迷惑な質問「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら」に対するホフディランからのアンサー(小宮山雄飛)

2022.8.30

文=小宮山雄飛 編集=森田真規


2022年9月14日、通算10枚目のアルバム『Island CD』をCDでリリースするホフディラン。そのメンバーである小宮山雄飛は、ミュージシャンだからこそよく聞かれるとある質問に憤っているという。

そう、それは……
「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら、どのアルバム?」
という問いだ。

この質問がなぜ「POPな感じでめちゃ土足で踏み込んできているようなもの」なのか。さらに、この質問から解放される究極のアンサーとは──。


「島」の意外な定義からわかったこと

ホフディランのニューアルバムのコンセプトは、ずばり「Island(アイランド)=島」です。日本人にとってアイランドって響きは、ハワイとか南国の楽園のような、とにかく楽しげな島のイメージですよね、チャゲさん的な。

ナツ・ナツ・ナツ・ナツ・ココナツ
アイ・アイ・アイ・アイ・アイランド

これ、冷静に活字にしてみると、ヒップホップのスクラッチ文化を先取りしてましたね。言葉の頭だけ、レコードをスクラッチしてるような歌詞です。

ファルコの「ロック・ミー・アマデウス」やファットボーイ・スリムの「ロッカフェラー・スカンク」にも近いですね。

レコードをこする文化も、サンプラーも普及していない時代に、人力で
ナツナツナツナツ
アイアイアイアイ
と、リフレインしていたのですね!

[MV] ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

日本のHIPHOPチャゲ元祖説。
えっと、いきなり話がそれてしまいました……。

島の話です。
そもそも島ってどういう定義なんでしょうか。明確に〇〇島と名乗っているのは、もちろん島だと思うのですが、たとえば四国そのものとか、九州や北海道とかは島なんでしょうか?

アメリカとかアフリカとかは、さすがに大陸と呼ばれているから陸なんでしょうが、どこからが陸で、どこまでが島なのか!?

ということでWikiってみたら、意外な事実がわかりました。

オーストラリアより面積が小さいやつは、全部島である。

おい! そうなのか! オーストラリアが基準だったのか。
(もちろん、四方を海に囲まれているという前提ですよ、念のため)

日本には伊豆大島とか小豆島とか佐渡島とか、いろいろな島があって、島旅とか島ガールみたいな言葉もあったり、ドラマなんかでは地元の人が「島のもんはよー……」なんて島民アピールしてますが、ちょっと違ったんですね。

日本人全員「島のもん」だったんです。

島旅とかって話じゃない、全員、島に住んでる島民だったのです。そう思うとちょっと不思議な連帯感が湧きませんか?

東京とか大阪とか名古屋とか、そんなの大した違いではない、世界から(少なくともオーストラリア以上の陸地から)見たら、日本なんてみんな同じ島の島民なのです。

『Island CD』とはつまり、日本人全員のCDなのです、めでたしめでたし!

「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら、どのアルバム?」という質問の残酷さ

と、まだ原稿の文字数的にここで終わるわけにはいきません。今回アルバムタイトルを『Island CD』にした理由のひとつは、世の中にはびこる、あの迷惑な質問に対する答えでもあるのです。

その質問とは「無人島にCD1枚だけ持って行くとしたら、どのアルバム?」というやつです。

ミュージシャンはこれ、ほんとによく聞かれるのです。雑誌取材とかラジオとかでね。まあ、聞きやすいというのはわかりますよ。

生涯ベストアルバムはなんですか?
とか
死ぬ前の最後の晩餐で食べたいものはなんですか?
とかね。

聞きたい気持ちはわかります。
聞きたい気持ちというか、制作サイドの気持ちはわかるんですよ。

すごい楽でしょ、<最高の1枚>とか<最後の晩餐>とか聞いておけば、まあなんか思い入れを語るだろうと。

しかし、ちょっと待ってほしいのです。そんな大事なことを、さくっと教えられますか? 聞く側はむしろライトな感覚で聞いてると思うんですよ、めっちゃシリアスな質問よりね。

「無人島に持って行くCDを教えてください~!」
「はい、それではそのアルバムから1曲お送りします~!」
くらいのノリでね。

でも、よくよく考えてください。
それって遺言みたいなもんでしょ。
無人島ですよ。

今後もう、人に誰も会わないんですよ。
遠回しに言ってますが、つまりは死ですよ。

無人島と言われると、それこそちょっとトロピカルアイランドっぽく感じますけど、実際は死ですよ、行ったら終わりですよ。

お婆さんに「姥捨山(うばすてやま)に持って行くレコードを1枚教えてください!」と、ディスクジョッキーが聞いてるようなものですよ。

そんな残酷な質問しますか? これから死に向かおうという人に、好きなアルバムを教えてくれって。ぶん殴られますよ、実際だったら。アルバムなんかいいから、おらを捨てないでくれって泣かれますよね。

あるいはですよ、病院で今にも死にそうなお爺ちゃんに対して
「お爺ちゃん! 最後に聞きたいCDなに?」
「お爺ちゃん、しっかりして!」
「あの世に持って行きたいCD1枚なに?」
「お爺ちゃん、しっかりして! 死なないで!」
と、お爺ちゃんの身体を思いっきり揺さぶってるようなものです。

孫よ、お願いだからほっておいてくれ……と思いますよね。

つまり「無人島に1枚だけ持って行くとしたら、どのCD?」という質問は、こちらが元気なのをいいことに、生涯で一番重要でパーソナルな瞬間に、POPな感じでめちゃ土足で踏み込んできているようなものなのです。

そんなこと軽々しく聞くなよと。僕はずっとそう思っていたのです。ということで、『Island CD』です。アルバムタイトル自体を、無人島に持って行くCDとしているわけですから、これからはもうどこで「無人島に……」の質問をされても『Island CD』と答えておけばいいのです。

皆さんもついにあの質問から解放されるのです!
『Island CD』、便利でしょ!

ホフディラン『Island CD』
ホフディラン『Island CD』は9月14日発売!

はい、これでやっと、めでたしめでたし……。

ホフディラン(左から:ワタナベイビー、小宮山雄飛)
ホフディラン(左から:ワタナベイビー、小宮山雄飛)

ホフディラン、アルバムリード曲「生まれ変わり続ける僕たち」MV公開!
監督:ALi(anttkc)、タイポグラフィ:かねこあみ、によるミュージックビデオを9月3日(土)正午に公開!

ホフディラン「生まれ変わり続ける僕たち」【MUSIC VIDEO】

この記事の画像(全4枚)



  • ホフディラン『Island CD』

    ホフディラン通算10枚目のニューアルバム『Island CD』

    デビュー26周年を迎えたホフディラン、通算10枚目となるニューアルバム『Island CD』をリリース。
    アニメ 『コジコジ』とのコラボレーションCMが話題になった先行配信第1弾「ココカラ銀座」(作詞・作曲:ワタナベイビー)、先行配信第2弾「生まれ変わり続ける僕たち」(作詞・作曲:小宮山雄飛)、先行シングル曲2曲を含む全12曲収録、渾身の新作!

    発売日:2022年9月14日(水)
    ■初回生産限定盤(CD+DVD)
    収録曲:CD全12曲、DVD全16曲
    価格:4,400円(税込)
    ■通常盤(CD)
    収録曲:CD全12曲
    価格:3,000円(税込)
    <購入者特典>
    ※初回プレスに限定盤と通常盤でデザインが異なるステッカーを封入
    ※タワーレコードとライブ会場購入者は、先着でアルバムのインスト音源CD付き
    (初回生産限定盤:M-1~M-6インスト音源、通常盤:M-7~M-12インスト音源)
    <CD収録楽曲>
    01.Island SE
    02.生まれ変わり続ける僕たち
    (アルバムリード曲/ミュージックビデオ9/3公開)
    03.デジャデジャブーブー
    (日テレ系『ぶらり途中下車の旅』イメージソング)
    04.病に臥して 
    05.スレンダーGF
    06.花
    (アルバムリード曲)
    07.Island SE2
    08.風の誘いで
    (日テレ系『ぶらり途中下車の旅』イメージソング)
    09.ココカラ銀座
    (アルバムリード曲/アサヒグループ食品カルピス健康通販「ココカラケア」CM曲)
    10.ガンバレ小中学生
    11.STEP BACK
    12.キミが生まれたから feat.かもめ児童合唱団
    (アルバムリード曲/NHK Eテレ『シャキーン』書き下ろし楽曲)

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

小宮山雄飛

Written by

小宮山雄飛

(こみやま・ゆうひ)1973年、東京・原宿生まれ。1996年、ホフディランのVo&Keyとしてデビュー。音楽活動以外にもラジオ・テレビ・雑誌など活躍の場を広げ、今最も多くレギュラー・連載を持っているミュージシャンであり、カルチャー・流行面で同世代へ大きな影響力を持つひとりである。また、食通と..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太