ドイツ公共放送の東京五輪中継現場で湧いてきた直観について。別に神秘体験でもなんでもないんだが(マライ・メントライン)

2021.8.9
マライ・メントラインサムネ

第2ドイツテレビ(ZDF)プロデューサーとして、東京五輪にがっつりかかわったマライ・メントラインが辿り着いた境地とは? あまりと言えばあまりなことばかりだったけど、もう、絶望したり糾弾してる場合じゃないんだよ!


東京五輪の本来の主役って

コロナ問題や五輪開催がどうしようもなく深く民心の分裂を招き、もうこれを再統合させるには人類ゾンビ化現象の勃発拡大ぐらいの超危機イベント発生しかないかなー、などと茹だった頭で考えてしまう猛暑の今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はドイツ公共放送のプロデューサーとして、東京五輪中継の撮影手配とか編集サポートとかの作業にひたすら埋もれて…となるはずが、ドイツ本局から派遣されてドイツ向け番組に出演する予定だった特派員が諸般の事情で来れなくなったため「お前出ろ」ということになり、

・開会式の中継(日本の事情や文化の地元民視点での紹介役)
・五輪番組での日本文化紹介コーナー出演

の仕事が追加(そう、作業純増)となり、しかもさりげなく残業代を踏み倒されそうになる(!)などドイツ組織的理不尽さと戦う日々が、今日(8/5)もつづいているのです。いろいろ暑過ぎるよ。

で、有明体操競技場や国立競技場、五輪メディアセンター(いわゆる東京ビッグサイト)や東京都内にある支局を行ったりきたり、あと各種マスコミからの「IOCバッハ会長とは何者か? ドイツ人としてどう感じるか?」的な質問に答えたりしているうち、この五輪のコアにいったい何があるのか、というイメージが強固に強烈に湧いてきました。

そもそも東京五輪の本来の主役というか、戦略的にみて主眼となる存在は、アスリートでも記録でも国立競技場でもなく、海外から押し寄せる観戦客、だったと思うのです。

製造業の頭打ち感が慢性化し、産業構造転換の一策として観光立国を目指すニッポン。いろいろ批判や問題はあれどそこそこ回っていた(というのは実際知っている)インバウンド政策の、その節目として大きな勢いをつけ、一気に「いけてる観光大国」としてのイメージを国際的に強化するビッグイベントだったのですよ。東京五輪というのは。

始まる前に完全に終わってしまった


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

マライ・メントライン

翻訳(日→独、独→日)・通訳・よろず物書き業。ドイツ最北部、Uボート基地の町キール出身。実家から半日で北欧ミステリの傑作『ヴァランダー警部』シリーズの舞台、イースタに行けるのに気づいたことをきっかけにミステリ業界に入る。ドイツミステリ案内人として紹介されたりするが、自国の身贔屓はしない主義。というか..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太