ぱいぱいでか美「マジかわいくて仕方ない」浜口京子の計り知れない魅力を語る

でか美ちゃん

ぱいぱいでか美が「テレビから聞こえてきた金言」について考える連載、第2回。今回は、あの有名アスリートの金言を紹介。


オリンピック開会式の真裏で思ったこと

なんやかんやあって、とりあえずオリンピックが始まった。

「『ザ・ベストワン』のロゴってなんか複雑な形してて、“BEST”の“E”が拳みたいに“1”を貫くように持ってて、めっちゃかっこいいな!」

番組のロゴデザインとその美術のコンセプトに感動した私が、どうでもよ過ぎるツイートをした。

つぶやいた直後に気づく。あー! そうか、そういやそうだった。この番組の真裏では、オリンピックの開会式が行われていた。

『ザ・ベストワン』は生放送。番組内でも時折オリンピックに触れられていた。しかし夢中で観ていたからか、CM中もザッピングすらしてなかったらしい。

余談過ぎるが、私はCM中はスクワットか足パカ運動をすると決めているので、よっぽどじゃない限りザッピングをしない。

みんなと同じようにテレビを楽しみにしていただけなのに、楽しく観ていただけなのに、なんか逆張りの人みたいになっている気がしてしまう。妙な居心地の悪さ。

まあいろいろ思うところはあれど、そして解決すべきことが山ほどあれど、選手が最後まで健康で、無事終わってくれたらなと思う。まず、それが第一。

ちなみに閉会式の真裏では、ぱいぱいでか美主催フェス『でか美祭』が行われている予定です。

『ぼる塾の煩悩ごはん』ゲスト、浜口京子の金言

こんな私にも、大好きなメダリストがいるのだ!

7月27日深夜放送『ぼる塾の煩悩ごはん』、ゲストは浜口京子さん!

火曜の夜にだけひっそりと営業している架空のお店「Musavor」(ムサボール)。そこであんりさんが振る舞う超高カロリーな料理を、常連客のはるちゃん(きりやはるか)と田辺さん(田辺智加)、そしてゲストが堪能していく。

深夜に放送するにはあまりにも狙いが定められている、いわゆる「飯テロ」番組だ。

前回につづき登場したゲストの浜口京子さんは、ぼる塾特有のマイペースなテンポに、よりいっそうマイペースに参加していく。

しかも、今回の企画はスイーツ! 見習いパティシエとして田辺さんが調理する回だ。いつもだったらあんりさんがちゃっちゃかと調理をしつつ、ゆるやかな空気の中トークも同時進行でさばいていくのだが、今回は……。

よりによって普段の煩悩ごはんとは違うフォーメーションを取る日に、浜口さんが来店しているのだ。

ご存知のとおりの天然っぷりを炸裂させながら、独特の食レポを繰り広げる浜口さん。

なんなんだ、この感情……。浜口さんを観ていると、母性とも違う形容し難い庇護欲のようなものが湧いてくる。

なんかほんと偉そうだけど、超素直な感想をそのまま書くと「マジかわいくて仕方ない」のだ。今話題の3歳の歌姫・村方乃々佳ちゃんを観ているときとほぼ同じ感情。

しかし浜口さんは、私に守られる必要なんてない、超偉大で超強い人だ。何個のメダルが、何体のトロフィーが家にあると思ってんだ、まったく!

アニマル浜口 浜口京子
『アニマル浜口 最後は勝つ!』(宝島社)

すっかりバラエティでおなじみの存在になり、浜口さん自身のお人柄もあってか、ふと忘れちゃいそうになるけど……。時節柄もあり、普段よりも彼女の背景に強さを思い出した。

そんな視聴者の気を知ってか知らずか、「バラエティには慣れましたか?」と改めて聞くあんりさん。

ここで飛び出してきた答えが、今回のテレビの金言だ。

「レスリングのときもだけど、コンディションは整えていく。練習を……トレーニングをして、元気に皆様にお会いするという」

バラエティは今でも緊張します、と前置きしながら、言葉を丁寧に選んで話す浜口さん。当たり前のように語られたのは、レスリング時代から通ずるスポーツマンシップ!

しかもトレーニングした先が“元気に皆様にお会いする”だなんて、優し過ぎるよ浜口さん! まんまとテレビで元気をいただいています。

画面を通して観る浜口さんの天真爛漫さや柔らかい空気は、想像でしかないけど、やっぱり生まれ持ったものだろう。

豪快なお父さんと痛快なお母さんを見ても、「家族みんなすげぇな~!」と思う。作られたキャラだとか、わざとらしさとか、浜口さんにそういった視線を向けている人は今はまずいないだろう。

でも、“元気に皆様にお会いする”ためにトレーニングしているのだ。意外な答えだったけど、自分の感情の出どころを発見した気分。

だから食レポをしてみても、それがどれだけ不思議なリアクションでも、“元気に皆様にお会いする”という目的を120%果たした姿だから、マジかわいくて仕方ないのだ。

ただ、これだけでは、あまり具体的な浜口さんのバラエティ策がわからない。てか、全然わからん。「やっぱり見えないところで努力してるんですね!」という単純な話でもなさそうだ。

あんりさんがもう少し話を掘ろうとしたそのとき、宣言どおりコンディションよすぎな浜口さんの姿が……。あー、もう。浜口さんの持つ魅力ってなんでこんなに奥行きがあるんだろうか。

浜口さんゲスト回の1週目(7月20日放送回)は、浜口さんとぼる塾のマイペースさが2種類あり、リズムの違うものをそれぞれに味わっていくよさがあった。狭間でメトロノームを管理しているあんりさんがいつもよりかっこよく見えた。

そして今回の2週目(7月27日放送回)は、マイペースなはずのぼる塾が、すっかり浜口さんのBPM(テンポ)に巻き込まれていくさまが最高だった。

てか、ぼる塾ってあの空気感のまま、実はめちゃくちゃ相手に合わせますよね。さっすがぼる塾さん。痺れます。

その後も絶好調で、恋愛の話やお父さんの話、そして田辺さんによる「まぁね~」講座からの実践、すべてめちゃくちゃおもしろかった。

未視聴の方はぜひ見逃し配信でご覧になってください。この記事の公開日から数日はまだ観られると思います。TVerありがとう。世界で一番好きな“er”です。


常連の気持ちになれる『煩悩ごはん』という番組

スポーツ選手からタレントになった方は、浜口さんのほかにもたくさんいる。なんだか愛されキャラの方が多いように感じる。

もしかしたらそれは、スポーツマンシップを今でも大事に思っている人が多いからかもしれない。

私自身、普段は斜に構えているくせに、結局全身全霊の人に心動かされるのは恥ずかしいというかなんというか、自分の歪な輪郭が浮き出てしまうような気すらするけど……。そこは素直に元気だけを受け取らせてもらおう。

それにしてもこの『煩悩ごはん』、2週にわたる浜口さんゲスト回はもちろん、誰がゲストで来ていてもなんだか癒やしの要素が強い。

深夜にはちょっと刺激的な「徳を積んだ」おいしそうな料理に、ほんわかしたぼる塾の雰囲気。

いつの間にか自分も常連のひとりのような気持ちにさせてくれるのだ。

楽しい気分を倍増させてくれる蛙亭・中野(周平)さんのナレーションも楽しみのひとつ。

『バラバラ大作戦』の中で先日まで行われていた、一番おもしろい番組を決める「バラバラ大選挙」。

私は熱烈に『キョコロヒー』を推し、1位も取れてファンとしては万々歳な結果になったが、正直もう1票あれば、この『ぼる塾の煩悩ごはん』にも入れていたと思う。とにかくテレビが好きなんです。

さて、次の火曜日も「Musavor」に寄っていこう。

『でか美祭 2021 〜8月8日はぱいぱいの日〜』

「8月8日はぱいぱいの日」が合い言葉。ぱいぱいでか美主催のエンタメ複合フェス『でか美祭』が今年も開催決定!

ヤバTありぼぼが開会宣言に登場のほか、ハンバーグ師匠、松本明子、ヒコロヒーなど出演者続々と追加発表!

iPhoneに入れてるのはグッズです! 各種通販にて販売中!

公演概要】
『でか美祭 2021 〜8月8日はぱいぱいの日〜』
日程:2021年8月8日(日)
開場:11:30/開演:12:30
配信プラットフォーム:ニコニコ生放送
会場:TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-Crest
主催:ぱいぱいでか美
協賛:ジャパンフリトレー株式会社
制作・運営:シブヤテレビジョン / YU-M エンターテインメント
協力:ニコニコ生放送

<出演者一覧>
O-EAST:ISEKI/眉村ちあき/CROWN POP/PIGGS/恋汐りんご/ぱいぱいでか美/ぱいぱいでか美withメガエレファンツ/APOKALIPPPS/街裏ぴんく/ヒコロヒー/怪奇!YesどんぐりRPG/パンプキンポテトフライ/金の国/酒井瞳/木村ミサ/白幡いちほ/広瀬彩海/松本明子/吉田豪/しばたありぼぼ/ハンバーグ師匠
O-Crest:絵恋ちゃん/ONIGAWARA/吉川友/クジラ夜の街/JABBA DA FOOTBALL CLUB/ゆっきゅん/吉川友にぱいぱいでか美

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全5枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



ぱいぱいでか美

Written by

でか美ちゃん

(でかみちゃん)一度聞いたら二度と忘れられない名前と、ふざけた芸名とは裏腹に的確なコメント力を武器に、場所を選ばず大活躍。『有吉反省会』(日本テレビ)レギュラー出演のほか、自身の楽曲の作詞作曲やライブ活動、楽曲提供、グラビア、映画出演、コラム執筆などジャンルやメディアに捉われず活動中。さまざまなユニ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太