【第93回アカデミー賞】動画配信サービスが全118ノミネーションの約56%を占有。Netflixが38ノミネーションを獲得できた理由

2021.3.24

文=池田 敏 編集=森田真規


2021年4月25日(現地時間)に開催される第93回アカデミー賞。この華やかな映画界最大の祭典にも、新型コロナウイルス感染症による影響がそこかしこに出ている。

海外ドラマ評論家・映画ライターの池田敏氏によると、全23部門、計118ノミネーションのうち動画配信サービスの作品が約56%を占めるという。

コロナ禍のアカデミー賞における、動画配信サービスの躍進の理由を分析する。


コロナ禍で変化を求められたアカデミー賞

2021年4月25日(日本時間・同26日)に授賞式が開かれる映画界の祭典、第93回アカデミー賞。だが新型コロナウイルス感染症の影響下、全米の映画館が長期間の休業を余儀なくされた2020年を反映し、選考対象を定めるルールが例年と変わった。

大きなポイントはふたつ。大ざっぱにいうと本来は前年12月31日までにロサンジェルスで1週間以上連続公開された作品が対象だったのが、今年2月28日までに全米6都市のどこかで上映された作品も対象となった。惜しくも長編アニメ映画賞のノミネートは逃したが、日本映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2月26日からマイアミで公開されたのはこうした背景があってのこと。ちなみに『劇場版「鬼滅の刃」~』は4月23日から全米公開される予定である。

そしてもうひとつは、Netflix、ディズニープラスなどの動画配信サービスにおけるストリーミング配信で初公開された新作も対象となったこと。これまでノミネートされた動画配信サービスの作品は、米国で劇場公開もすることでエントリーを可能にしていた。

そして3月15日に発表された全23部門、計118ノミネーションのうち、筆者の集計によれば、動画配信サービスの作品は約56%となる計66ノミネーションを獲得した。

93rd Oscars Nominations | Announced by Priyanka Chopra Jonas and Nick Jonas

Netflix作品が16作品38ノミネート

その筆頭はNetflix。なんと16作品が計38個のノミネーションを受けた(※編集部注:日本におけるNetflix作品。米Netflixでは合計16作品35ノミネート)。アカデミー賞に初めてノミネートされたNetflix作品は、2014年3月に開催された第86回での長編ドキュメンタリー賞における『ザ・スクエア(原題)』。

Netflixが日本を含む世界でビジネスを拡大したのは2015年で、当初から映画界への対抗意識を燃やしていたのがわかる。第89回で『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』が短編ドキュメンタリー賞に輝いたのにつづき、長編ドキュメンタリー賞も、第90回に『イカロス』で、第92回に『アメリカン・ファクトリー』で受賞。そして第91回といえば、アルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』が同年最多タイの計10ノミネーションとなり、『ボヘミアン・ラプソディ』の4部門に次ぐ3部門で受賞してみせた(『グリーンブック』『ブラックパンサー』とタイ)。

今年最多の10ノミネーションを獲得したのは、『ソーシャル・ネットワーク』などで知られるデヴィッド・フィンチャー監督のNetflixオリジナル映画『Mank/マンク』。名作『市民ケーン』誕生の舞台裏を描いた。しかし今年のオスカー・レース全体を見渡しても感じるが、“多様性”が重視される近年の米国を考えると大量受賞は難しいように思える。

『Mank/マンク』予告編 - Netflix

Netflix作品で2番目に多い6ノミネーションを得たのは『シカゴ7裁判』。実際にあった法廷闘争を題材とし、海外ドラマ好きにとっては『ザ・ホワイトハウス』『ニュースルーム』などの名脚本家でもあるアーロン・ソーキンが自身で監督した秀作映画だ。

『シカゴ7裁判』予告編 - Netflix

そして大ヒット作『ブラックパンサー』などで人気が出たが、昨年8月に惜しくも急逝したチャドウィック・ボーズマンに対する主演男優賞など、計5ノミネーションを獲得したのが『マ・レイニーのブラックボトム』。今年のアカデミー賞のハイライトだ。

『マ・レイニーのブラックボトム』予告編 - Netflix

しかし、トム・ハンクスが主演して4部門にノミネートされた『この茫漠たる荒野で』は米国以外ではNetflixが配信したが、本国アメリカではユニバーサルの配給で劇場公開されており、Netflix作品と呼んでいいものかどうか、意見は分かれるかもしれない。

トム・ハンクス主演『この茫漠たる荒野で』予告編 - Netflix

Amazon Prime Video、ディズニープラス、HBO Maxにも注目作あり


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

海外ドラマ評論家_池田敏

Written by

池田 敏

(いけだ・さとし)海外ドラマ評論家・映画ライター。映画誌『月刊スクリーン』(近代映画社)などに寄稿し、WOWOWのアカデミー賞授賞式中継などテレビ番組の監修も。著書は、海外ドラマの初心者からマニアまで楽しめる『「今」こそ見るべき海外ドラマ』(星海社新書)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太