トリプルファイヤー吉田靖直が選ぶ<2020年サウナベスト3>

2020.12.7

文=吉田靖直 編集=森田真規


やる気が出ないとき、生活が荒廃しているとき、サウナに行って気分転換を図ろうとする。最近はサウナブームということでお客さんが増え、混み過ぎているサウナや値上げを断行するサウナが増えてしまった。サウナ界は変わってしまった、と古株を気取れるほどの者では私もないのだが。

いや、普通の人に比べれば昔からサウナや水風呂に通い、その可能性を求めてきたとも自負しているが、より意識的にサウナに通うようになったのは、数年前にタナカカツキ氏が著したマンガ『サ道』を読み、氏が提唱するサウナ入浴法を知ってからである。その入浴法とはサウナに8〜12分、水風呂に1〜2分、休憩(外気浴など)5分程度、というループを3ターンほど繰り返すというものだ。

『サ道』はおそらく近年のサウナブームの発端とされている作品なので、それに影響を受けた私も「にわかサウナー」だと言われればそうなのかもしれないが、そういったどうでもいいプライドからの縄張り争いみたいなことはやめましょう。一部のサウナ好きにはそういうところがある。

前置きがよけいなほうへ行ってしまった。とりあえず今年行ったサウナ、中には去年以前から行っていたサウナもあるが、その中で印象に残っているものを挙げていきます。

<2020年サウナベスト3>
1位 サウナセンター(鶯谷)
2位 サウナ&ホテルかるまる(池袋)
3位 AKスパ(新宿)

思わず「ヒャッ」と声が出た

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

吉田靖直

(よしだ・やすなお)バンド「トリプルファイヤー」のボーカル。1987年4月9日生まれ、香川県出身。音楽活動のほか、映画やドラマ、舞台、大喜利イベントなどにも出演。また雑誌や各種WEBサイトで執筆活動を行っている。2021年2月、初の単行本『持ってこなかった男』(双葉社)を発表した。トリプルファイヤー..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太