常識を揺さぶる名著など6冊「2020年ノンフィクション本大賞」候補作を全読破レビュー

2020.8.24


【大穴】『女帝』話題性だけではない、おもしろいからこその20万部

『女帝 小池百合子』石井妙子/文藝春秋
『女帝 小池百合子』石井妙子/文藝春秋

さて、この2強だけでも賞レースとしてはじゅうぶんなのにさらなる殴り込みをかけてきたのがこの『女帝 小池百合子』である。おそらく売り上げだけで言えばダントツで1位のはず。都知事選の直前を狙って発売され、発行部数はすでに20万部を超えている。かつて関わりのあった周囲の人たちの証言を中心に、カイロ大学の卒業が虚偽であること、学歴に留まらずこれまでの人生のすべてが虚飾にまみれていることを告発する書である。

しかし、おそらくこちらは受賞しないのではないかと私は思っている。気迫ある文章も丹念に調べ上げられた内容も申し分なく、「このような恐ろしい人物が現在進行形でその恐ろしさを発揮して都知事を務めている」と社会に告発することの意義は大きいと思うが、名著か? 5年後にも自店の棚に置いておきたいと思うか? あるいは自分の本棚で長く大切にしたい本か? という点から考えると、ちょっと受賞向きではない気がする。すでに『つけび』以上に売れているし、書店員もそのような観点で投票するのではと思うからである。

とは言え、20万部の売り上げはただの話題性によるものではなく、この本を読んだ人がそのおもしろさをまわりに伝えたからこその数字だと思う。実際に話題の渦中の芸能人の暴露本などは中身がスカスカのことも多く、そういう本はただニュースで取り上げられるだけで店ではまったく売れないものだ。書かれていることをすべて鵜呑みにすべきではないだろうが信憑性があるように思われる箇所も多く、あの自信ありげな謎のカタカナ記者会見や的外れなコロナ対策などの点と点がつながって自分の中で線になっていく、そんな本だった。

【良書】『ワイルドサイドをほっつき歩け』人間が愛おしくなるエッセイ集

『ワイルドサイドをほっつき歩け――ハマータウンのおっさんたち』ブレイディみかこ/筑摩書房
『ワイルドサイドをほっつき歩け――ハマータウンのおっさんたち』ブレイディみかこ/筑摩書房

同じく、おそらく受賞しないだろうと思われるこちらの作品。理由は単純明快で、昨年のノンフィクション大賞で同じ著者の『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が受賞しているからである。もちろん同じ著者に獲らせてはいけないという決まりはないが、上に挙げた3強がいることを考えると受賞の可能性は低そうだ。

内容は著者の住むイギリスで、彼女のまわりにいる労働者階級の中高年男性に焦点を当て、彼らの切なくもどこかおかしくてクスッと笑えるような日常を描く。格差社会や移民の問題は日本だけでなくどこの国でも起こっているのだなあと痛感させられるし、著者が描く人々はいろいろ問題があったり情けなかったりしながらも懸命に生きていて、人間が愛おしくなるような素晴らしいエッセイ集だ。

「正統派」&「場外乱闘」な1冊がもたらす“貴重な読書体験”

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全8枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

花田菜々子

(はなだ・ななこ)書店員。ヴィレッジヴァンガードほか複数の書店勤務を経て、現在はHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書に自身の体験を元に綴った『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』『シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太