納言・薄幸が考えるサイゼリヤ“1円値上げ”「サイゼはいろんな意味でかっけえ」

2020.7.31


サイゼは、いろんな意味でかっけえ

不思議だな。なんのときに出たのかわからない、謎の1円玉を、家のヘンテコな場所に置きっぱにしている人も多いはずなのに。でも、ほんの少しでも、コロナウイルス感染から身を守れているって考えると、めちゃくちゃ安いと思う。そして、儲けたいからっていうんじゃなくて、偉そうな言い方だけど、お客が納得できる、嫌な気持ちにならない理由で値上げをしたサイゼは、いろんな意味でかっけえ。

ちなみに、ほとんどのメニューが値上げされてるけど、注文の多いライス類は値下げされている。ラージライスも。サイゼは、あんまりたくさん金は使えないけど、腹空かせの食べ盛りの学生のお客も多いから、前よりも低価格でラージライスを頼めるのは、そういうお客にはめちゃくちゃありがたいと思う。

2000円握りしめて、サイゼに行こう

今までサイゼは、現金のみの取り扱いだったけど、順次キャッシュレス決済もできるようにしていくらしい。

でも、クレジットカードを持っていない若い学生のお客とか、とんでもない頻度でカードを落としちゃうから、もうクレジットカードは持たないことにしている、私みたいな物なくし大人のお客は、まだしばらく現金払いだから、今回の値上げはすごく意味のある値上げだと思う。

9年前は、高価な気がして、なかなか注文できなかった辛味チキンも、今は5皿くらいなら後輩に奢れるほどには成長した。2000円を握りしめて、今300円になった辛味チキン5皿と、今も昔も100円のままのグラスワイン5杯をいただきに、サイゼに行こうと思う。


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

薄幸(納言)

(すすき・みゆき)お笑い芸人。1993年生まれ、千葉県出身。安部紀克との男女コンビ「納言」のメンバー。「三茶の女は返事が小せえな」「渋谷はもうバイオハザードみてえな街だな」など“街ディス”ネタが人気のコンビ。バラエティでは薄幸のヘビースモーカーっぷりや大酒飲みのやさぐれキャラクターにも注目が集まって..