「がんばってるんだから文句を言うな」『コンテイジョン』『感染列島』の比較で見えた日本体質の呪い

2020.5.6


今は考えなくていい

両作品とも、中心人物が感染してしまう。
『コンテイジョン』は、ミネアポリスで調査中のミアーズ医師が。
『感染列島』は、WHOメディカルオフィサー小林栄子が。
感染に気づいたふたりの対処方法は、まったく違う。

『コンテイジョン』のミアーズ医師の場合。
ホテルの部屋、体温を測る。熱がある。
泣きながらも、電話をする。
「この24時間内に、この部屋に入った全員の名前を教えてください。昨夜ルームサービスを持ってきたボーイにも連絡を取ってほしいんです。全員の電話番号も、家も携帯も全部です」
そして、上司に携帯で連絡をする。
「ドクターチーヴァー。私も病気かも」
「何があった」
症状を語るミアーズ。
「落ち着け。うろたえるんじゃないぞ。今ひとりか」
「まわりにも感染させたはず」
「まだわからない」
「どうすれば」
「ホテルの部屋にいるんだ。保険局に連絡して君のことを伝える」
「わかりました」
「だから心配いらない」
「誰か後任を見つけて」
「ああ、だが、今はそんなことを考えなくていい。体を休めることだ」
「途中なのにすみません」
「何を言うんだ、気にしなくていい。君を健康な体でこっちに連れ戻すから」
ミアーズ医師は症状が出ると、すぐに接触者や上司に連絡し、自分を隔離し、対処した。

がんばりますの呪い

一方で『感染列島』のWHOメディカルオフィサー小林栄子は、どうか。
車を運転中、咳が止まらない。手で覆うと、その手に血がついている。
そして、驚くことに、栄子はそのまま人の大勢いる臨時医療施設へ行き、車から降りるのだ。
食料の配給に並ぶ人の列の横を歩き、臨時医療施設の医師たちに、こう言う。
「申し訳ありません。私ブレイムに感染したみたいです」
もう観てる側は、「ぎゃーー、だめーー!」と映画の意図とは違うポイントで驚いているのだが、栄子は、臨時医療施設に入り込み、言うのである。
「発症してまもないのでまだ感染しません。重篤患者の担当にしてください」
「しかし……」
「私にもできることがあります」
ううむ。「発症してまもないのでまだ感染しない」というそれまでに出てきていない設定を急に持ち出して、がんばろうとするのだ。
ここまでくると「がんばりますの呪い」だ。


乱暴に言わせてもらう

いや、映画『感染列島』を貶したいわけではないのだ。
2009年、『コンテイジョン』よりも前に、膨大な取材をベースに感染爆発の状況を描いたことはすごい。緊迫感があり、さまざまな情報も込められた前半は悪くない。
だが、後半、どんどん登場人物たちが、「がんばってる私」や、義理人情で、ウイルスに対抗しようとする。
「密!」な空間に集まって会議をし、感染した医師ががんばって患者のケアに当たり、「わずかな可能性に賭けたいから」と犯罪だと知りながら検体を怪しい人物に渡し、「孤独に死なせたくない」と恋人を特別に病床へ招き入れる。
がんばったり、大声で叫ぶと融通が効くシーンが多発する。

たった2本の映画を比べただけで、日米の差まで拡張させて考えるのは乱暴だが、乱暴に言わせてもらう。
日本人の「がんばってるんだから認めろ」という思いは、ウイルスには通用しないよね。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ



米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太