佐久間宣行×松本壮史、青春高校MVに込めた男子校出身の妄想力と青春時代の「告白」を語る

2020.2.21


秋元康の偉大な妄想力には、妄想力でしか太刀打ちできない

――その狙いあってか、海辺で、図書室で、LINEで……といろいろなパターンの告白のシチュエーションがありましたが、どう各メンバーに分けていったのでしょうか?

佐久間 実はそもそも、メンバーごとに当て書きしたんです。兼行(凛)は先生に告白しそう、川谷(花音)はLINEで告白しそう……みたいな感じで。むしろ、知ってるメンバーだからこそ、想像しやすくて自然と書けた部分もありますね。

松本 あと、すべての告白に成功と失敗を決めていったんです。それ決めているときが一番盛り上がりましたよね(笑)。

佐久間 こいつはフラれる、こいつは成功する……とかね。ひどい話ですよ本当に。

人の告白の成功と失敗を決めて盛り上がっていた

――松本監督のお気に入りのシーンはありますか?

松本 大曲(李佳)さんの図書室のシーンが好きですね。絵的にもいいし、大曲さんの演技も相手役の姜くんの佇まいもよかった。

佐久間 映画『花とアリス』でヒロインふたりに好かれる郭智博くんに、姜くんが醸し出す雰囲気が似ているんですよね。だからってわけじゃないですけど、あのシーン、岩井俊二感があるんですよ。映画『Love Letter』にも図書室が出てきますしね。

図書館での大曲李佳と姜羽相のシーン(0:48から)

――基本的には佐久間さんの書かれた字コンテをもとに松本さんが絵コンテにして膨らませていく形で作られたそうですが、松本監督のアイデアを入れ込んだ部分はありますか?

松本 MVの後半に告白する瞬間のラッシュがあるのは、僕の案ですね。告白する瞬間は見せないほうがオシャレかも……と撮影前は話してたんです。でも、実際に撮影しているうちに撮りたくなって。

“告白ラッシュ”の演出について語る

佐久間 だから、ショートバージョンのMVには“告白ラッシュ”が出てこないんです。本当は、ショートバージョンでも意味がわかるものを作らないとなんですが(笑)。

――佐久間さんが演技を見てグッときたシーンはありますか?

佐久間 みんな本格的な演技は初体験でしたけど、ガールズラブ告白のシーンで、前川(歌音)はうまいなあって思いました。

前川歌音と黒木美佑のガールズラブ(3:13から)

松本 あのシーンは僕も時間をかけて演出しました。台本をしっかり読んでもらって、実際にセリフも言ってもらって。実体験のないものは本人たちも想像しづらいと思ったので、感情をつくっていきました。そもそもMVではセリフが音楽にかぶさって聞こえないから言葉がない分、絵だけで、演技だけで見せなきゃいけないから難しいんです。

――ガールズラブのシチュエーションはもちろん、LINEでの告白があったのにも現代性を感じました。

佐久間 ほかのシチュエーションは、“ノスタルジーの中の青春”って感じですからね。青春高校の生徒たちが完成したMVを観ていて一番盛り上がったのは、LINEでの告白シーンでした。あれが10代のリアルなんじゃないですか。

松本 LINEでの告白の文面は、実際にあのシーンに出演している川谷さんに作ってもらいましたもんね。

川谷花音のLINE告白シーン(2:27から)

佐久間 LINEで「好き」って書いて、送れなくて消しちゃう……とかは“あるある”らしいですよ。

松本 “あるある”の話で言えば、現代的にはなさそうで却下した “下駄箱にラブレターを入れる”案がありましたね。

佐久間 もう、岩井俊二の『ラストレター』の姉妹みたいな子はいないんですかね……。ギリギリ、クラスの中の回し手紙はあるらしいですけどね。授業中はスマホが使えないことの代替として。

――多少の時代感の差はあるにしても、佐久間さんの妄想力はすごいですね。

佐久間 秋元康さんの偉大な妄想力に立ち向かうには、こっちも妄想でいかないと太刀打ちできないんですよ! 50代で『ポニーテールとシュシュ』を書ける男ですからね! もちろん本人たちにヒアリングして作ることもできましたが、リアルを描いたからといってうまくいくとは限らないですから。

秋元康さんの妄想力に立ち向かう大変さを話す佐久間P

――演じる本人たちは、自分たちの告白の経験のリアルを反映させたりしたんですかね?

佐久間 メンバーの子たちに「告白をしたことがあるか」って聞いてみたんですけど、ほとんどの子が「実際に告白をしたことはない」って言ってました。そもそも、青春時代を謳歌してない・しなかったって思ってる子たちが青春高校に参加してるんですよ。だから今が一番楽しいんじゃないかと思います。「MV撮ってもらえるなんて夢みたい」って言ってましたし……思い返すとやっぱり企画モノにしなくてよかったです。

告白シーンは「男子校出身だからできた」


この記事の画像(全11枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

霜田明寛

(しもだ・あきひろ)1985年・東京都生まれ。最新刊は『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)。早稲田大学在学中に執筆活動を始め、23歳で『テレビ局就活の極意 パンチラ見せれば通るわよっ!』を出版。編集長を務めるWEBマガジン“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”では映画監督や俳優を褒め..

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。