OWVが掲げる結成3年目の目標。パフォーマンスもMCも磨きをかけた“OWVの形”を全方位にアピール

2022.7.25


聴きどころ&見どころ満載の『Time Jackerz』

──2曲目の「Summer Days」は、すごくキャッチーですよね。

中川 トラックや歌のメロディに、夏の青空を突き抜けるようなインパクトがあります。野外イベントでやったら、盛り上がるんじゃないかな。

浦野 みんなで汗をかきながら、タオルを振り回したくなるよね。

中川 メロディラインもわかりやすくて、みんなになじんでもらいやすい曲になりました。

──3曲目の「Alright」は、「Roar」や「Get Away」、「You」につづいてLauren Kaoriさんが作詞ですね。

中川 僕たちの特徴を掴んで作詞してくださる方です。

浦野 語りかけるような、いい歌詞を書いていただきました。

中川 疲れた体や心を癒やしてくれる曲になっていると思います。メロディも優しいし、アコースティックギターでアレンジするのもよさそう。

──2番の出だしでラップをしているのは、本田さんですか?

本田 そうですね。ここは本当に難しかったです。

中川 ひとつの音に対して言葉がすごく詰まってるよね。

本田 キーが絶妙なんですよ。高いわけではないんですけど、この声のトーンでこの速さで歌うっていうのが難しくて。勝(中川)にいっぱい歌ってもらいました。

中川 うれしいことに、僕が歌って録音した音源を聴きながら練習してくれていて。

本田 まぁ、しゃーなし。

中川 兄貴、ツンデレなんですよね(笑)。

──FC限定盤には『OWV LIVE TOUR 2021 -CHASER- at Kanagawa Live Stage』のブルーレイがついてきますが、見どころを教えてください。

本田 音と光で作り上げたライブだったので、そこを楽しんでください。

佐野 そういう噴水のショーありますよね? 音と光のなんとかショーって(笑)。

本田 音と光があって、噴水が俺らなのよ。

中川勝就
中川勝就

結成3年目の目標を漢字1文字で表現

──では最後に、結成3年目の目標を聞かせてください。

本田 もっといろんな場所に顔を出していきたいですね。『KCON 2022 Premiere』や『Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER』を経て、自分たちのことを知らないお客さんがいるところに突入していくことが大事だと思ったので。「OWVのライブって楽しいね!」って、もっと思ってもらいたいし。ひと言で言うと、いっぱいイベントに出る。

佐野 夏休みの日記じゃん。「いっぱいスイカを食べた」みたいな(笑)。

本田 ライブ以外にも、活動の幅を広げる3年目にしたいよね。

──個人での目標もお伺いできますか。せっかくなら、『Ready Set Go』の取材時と同じように漢字1文字でお願いします(参照:2020年12月26日公開「次世代ボーイズグループ「OWV」が語る、男の“色気”。本質的なセクシーさをまとい、次のステージへ」)。

浦野 前回はなんだっけ……。被るのとか一番嫌だよ。

──ちなみに前回は、本田さんが「進」、中川さんが「破」、浦野さんが「密」、佐野さんが「色」でした。

浦野 前回のを聞いてしまうと、ハードルが上がりますね。

佐野 秀太が聞いたから難しくなった(笑)。

──さて、どうでしょう(このタイミングで、中川さんがソロ撮影のために席を外す)。

本田 僕ありますよ。「挑」む。やっぱり挑戦の年にしたいので。

浦野 僕はなんだろうな……「タノ」しむかな。

本田 もしかして、僕らが想像してるのとは別の「タノ」しむ?

佐野 確かに、意味が難しそう。

浦野 日にチョンチョンチョンチョンチョンってして、木のやつ! おじいちゃんになっても、心をひとつにしてQWV(OWVのファンネーム)を楽しませられるOWVでいたいって思いがあるので。やっぱり楽しむ心を忘れちゃダメかなって。

本田 わかるよ、ずっと楽しもうね。

浦野秀太
浦野秀太

佐野 僕は「浸」る。OWVを知らない人にも僕らの魅力が浸透していく1年にしたいし、この4人の時間にももっと浸って、どんどんパフォーマンスのクオリティを高めていきたいので。僕たちを知っているファンの方たちには、楽曲をたくさん聴いてOWVにもっと浸っていただけたらうれしいです。

本田 僕はですね……。

浦野 あ、変えようとしてる!

本田 やっぱり「時」にします。QWVと楽しい時間を作っていきたいし、みんなが僕たちにくれる時間をもっと濃密にしていけるグループになりたいので。『Time Jackerz』のリリースタイミングだしね。

(中川さん、撮影を終えて戻ってくる)

浦野 勝君、結成3年目の目標を漢字1文字でだって。

中川 OWVは仲がいいんで、「タノ」しむでいきたいですね。

浦野 僕と被ってる!

本田 ちょっと待って(笑)、「被るのとか一番嫌だ」って言ってなかった?

中川 もしかしたら自分の答えは、イレギュラーかもしれないんですけど。

本田 勝の言ってる「タノ」しむは、違う漢字かもしれないもんな。

中川 「楽(らく)」っていう漢字。

浦野 うわ~、僕と一緒のやつだ(笑)!

中川 メンバーと2年間一緒に過ごしてきて、本当に毎日楽しいんですよ。だから、3年目はどんな楽しみが待ってるんだろうなと思って。ほかのに変えたほうがいい?

本田 そのままでいいよ。なんなら、一番締めにふさわしいのが「楽」だろうし。

──台本があったかのように、きれいに落ちましたね。

本田 実はこれ、全部計算していました……なんて、嘘ですけど(笑)。

OWV
OWV
この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全13枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 【OWV×QJWeb サイン入りチェキプレゼント】フォロー&リツイートキャンペーン

    キャンペーンの応募期間、参加方法は以下をご覧ください。

    【応募期間】
    2022年7月25日(月)〜2022年8月8日(月)
    ーーーーーーーーーーー
    【ステップ1】
    ツイッターから『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」をフォローしてください。
      ▼
    【ステップ2】
    『クイック・ジャパン ウェブ QJWeb』公式アカウントがキャンペーン告知をした以下の投稿を、応募期間中にリツイートしてください。

    ※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態でリツイートしてください。アカウントが非公開(鍵アカウント)の場合はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
    ※「いいね」はご応募の対象になりませんのでご注意ください。
      ▼
    【応募完了!】
    締め切り後当選された方には、『QJWeb クイック・ジャパン ウェブ』公式アカウント「@qj_web」からDMにて、ご連絡差し上げます。フォローを外さず、DMを開放してお待ちください。
    当選の発表は、こちらのDMをもって代えさせていただきます。
    ※当落についてのお問い合わせは受けかねますので、ご了承ください。
    ※本景品は非売品です。譲渡・転売はご遠慮ください。
    ※チェキのパターンのご希望は承れません。
    ※いただいた個人情報は、本プレゼントキャンペーン以外の目的には使用しません。

  • OWV 6thシングル『Time Jackerz』通常盤(CD only)

    OWV 6thシングル『Time Jackerz』

    発売日:2022年7月27日(水)
    ・通常盤(CD only):1,200円(税込)
    ・初回限定盤(CD+DVD):2,000円(税込)
    ・FC盤(CD+Blu-ray):5,000円(税込)
    <CD収録内容> ※全形態共通
    M-1 Time Jackerz
    M-2 Summer Days
    M-3 Alright
    M-4 Time Jackerz(instrumental)
    M-5 Summer Days(instrumental)
    M-6 Alright(instrumental)

    関連リンク


ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太