イコラブ齊藤なぎさ「私も強く生きていきたい」『明日カノ』“ホス沼地雷系女子”ゆあから学んだこと

2022.5.24
齊藤なぎさ

文=佐々木笑 撮影=佐々木康太 編集=高橋千里


2019年にコミックアプリ『サイコミ』で連載開始し、単行本は累計発行部数300万部を突破。女性を中心に大ヒット中のマンガ『明日、私は誰かのカノジョ』(以下:『明日カノ』)の実写ドラマが、2022年4月から放送スタートした。

現在放送中の「ホスト編」でキーパーソンとなるキャラクター“ホス沼地雷系女子”優愛(以下:ゆあ)を演じるのは、アイドルグループ「=LOVE」メンバー・齊藤なぎさ。インタビュー後編では、彼女自身の“心の支え”や、本作への出演を通して学んだことを語る。

齊藤なぎさ
齊藤なぎさ(さいとう・なぎさ) 2003年7月6日生まれ。神奈川県出身。指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」のメンバー。愛称は「なーたん」。趣味は食べること、焼肉、音楽を聴くこと、カメラ、ドラマ

インタビュー前編

イコラブ齊藤なぎさ「人生はうまくいかないもの」『明日カノ』“ホス沼地雷系女子”ゆあの未来を考察

一番の心の支えは、全部を愛してくれる“ファンの方”

──前編では、ゆあちゃんの家庭環境や担当ホスト・ハルヒとの関係から、彼女にとってのハッピーエンドを考察しました。齊藤さんご自身はどうですか? 地元のお友達との関係性など。

齊藤なぎさ(以下:齊藤) 私、家から通学に時間がかかる小中学校に通ってたから、もともと地元のお友達がいないんです。中学で芸能活動を始めることになって共学に転校したんですけど、結局ほとんど通えなくて。

──そんななかで、齊藤さんの一番の心の支えはどなたなんでしょう?

齊藤 お母さんも友達もメンバーも、みんな違うかたちですごく私を支えてくれてるんです。でも、一番はファンの方々かな。何があっても信じて味方でいてくれるし、アイドルの私も普段の私も好きでいてくれる。毎日「今日はこんなことしたよ」ってSNSで私に報告してきてくれたりもするんです。

私、本当にファンの方々のことが大好きで、これは絶対誰にも負けないと思ってるんです。SNSでは、私が何かのお仕事が決まるたびにファンの皆さんが話題にしてくださるので、そのおかげでツイッターのトレンドに入ったり、世間に知ってもらえたりする機会が増えました。皆さんがたくさん支えてくださることが、次の仕事にもつながっているんです。

齊藤なぎさ

あと「≠ME(ノットイコールミー)」の尾木波菜ちゃんと、学校のお友達がひとり。ふたりとも同じ年齢なんですけど、すごく支えられてて。毎日何か起こるたびに連絡を取り合って、このふたりは友達というより家族みたいな存在です。

もちろん、指原さんやイコラブのメンバー、お母さんにもすごく支えられています。だから、指原さん・お母さん・イコラブのメンバー・尾木波菜ちゃん・ファンの方々ですかね。

──ゆあちゃんには、きっと齊藤さんのファンの方々のような存在がいたらよかったですよね。

齊藤 そうなんですよね。やっぱり、自分のことを認めてくれる人というか、全部を受け入れて愛してくれる人っていうのはなかなかできるものではないと思うので。

──ファンの方々からSNS上でもらうコメントに支えられているとのことでしたが、一人ひとりのお顔がわかるわけではないですよね。それでもやっぱり、うれしさは変わらないですか?

齊藤 支えになります。あと、私の自慢なんですけど、ファンの方を覚えるのが得意なんです。本当に一人ひとりが大好きで。「遠くて会いに行けない」とか「学生だからSNS上で応援するね」って言ってくれるお顔がわからないファンの方からのコメントも、寂しくなったときに見るだけですっごく救われてます。

齊藤なぎさ

──今回も、『明日カノ』実写キャスト発表の際にはファンの方の反響がすごかったですね。

齊藤 「原作ファンもいるからいろんなことを言われると思うけど、私はなぎさのゆあちゃんが楽しみだよ」って言ってくれる方が多くて。やっぱり、批判の声はどんなものにもあるものだなとわかっていても、気にしてしまうこともあるので、そういうときは特にファンの方の声に支えられてます。


「被りは伝票で殺すんだよ」ゆあのパワーワードも大事にしたい

齊藤なぎさ

──作中では、ゆあちゃんのパワーワードもひとつの見どころですよね。

齊藤 はい。「被りは伝票で殺すんだよ♡」も好きですし、「ぬる……」のシーンを原作で見たときもゾクッとして、すごい印象に残ってます。

『明日、私は誰かのカノジョ』89話より

──今はまだドラマ撮影途中とのことですが、一番力を入れたいと思っているセリフはなんでしょう?

齊藤 すごく迷う……。ひと言ひと言大事にしたいっていうのはあるんですが、最後に感情を剥き出しでハルヒと話しているところですかね。

このシーンは、全部のセリフに今までのハルヒへの感情が出ていて。ゆあちゃんがお仕事をしていることに対しての、ハルヒの対応への怒りも感じる。特に、一人称が「わたし」から「ゆあ」になるところはかなり大事にしたいです。

あと、ハルヒや萌に対する切り替えのシーンも。ゆあちゃんは感情の切り替えが人一倍激しいじゃないですか。

──これは、“いい”切り替えなんでしょうか……?

齊藤 うぅ〜ん……。でも、自分の中で見限っちゃうんでしょうね。「自分と同じ世界じゃない人はいいや」って。その、何かを捨ててる冷たいところがすごい好きです。

齊藤なぎさ
トップス:WILLSELECTION/チェックスカート:Swingle/チュールスカート:HONEY MI HONEY/リング、ブレスレット、カチューシャ:Witch me/サンダル:ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)/ベルト:スタイリスト私物

──最後に、『明日カノ』の原作やドラマ出演を通して、齊藤さんが一番勉強になったことを教えてください。

齊藤 今を生きてる女の子たちの強さ。結局ひとりで生きていくしかないっていうか……。

このマンガの主人公たちは、みんな誰かに依存しそうで、しないじゃないですか。誰かに頼れないからひとりで生きていくしかないし、人生はうまくいくことばかりじゃないし、ハッピーエンドで終わることばかりじゃないから、強く生きていくことが大事だなって思いました。

自分の夢や気持ちを大事にして、これからも一生懸命努力していきたいです。

MBS/TBSドラマイズム『明日、私は誰かのカノジョ』

女性を中心に口コミで火がつき、単行本は累計300万部突破、連載中のコミックアプリ『サイコミ』ではランキング1位をキープしつづける大人気作『明日、私は誰かのカノジョ』(作・をのひなお)の実写ドラマ。さまざまな思いを持つ5人の女性たち。それぞれにコンプレックスや悩みを抱え、もがきながらもそれを克服しようとした先にあるものとは──。


この記事の画像(全7枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

佐々木 笑

(ささき・えみ)1996年生まれ。宝島社ムック局編集部のち、フリーランスの編集者・ライター。笑と書いてエミ読みます。本名通りお笑い大好き人間に育ちました。『フワちゃん完全攻略本』『#麒麟川島のタグ大喜利』『KOUGU維新 公式本で、イザ参ラン!』(すべて宝島社)など。アイコンは川島さんに描いていただ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太