次世代ボーイズグループ「OWV」が語る、男の“色気”。本質的なセクシーさをまとい、次のステージへ

2020.12.26


2ndシングル『Ready Set Go』で仕かける、さまざまな“色気”

浦野秀太(左)と佐野文哉

1stシングル『UBA UBA』では、黒の衣装に身を包みスタートダッシュを飾った彼ら。このままパワフルなダンスナンバー路線で行くのかと思いきや、2ndシングル『Ready Set Go』で打ち出されたコンセプトは、なんと“色気”。一見攻めたコンセプトのようにも思えるが、OWVのメンバーからすると自分たちに結びつきが強いというが……。

OWV - 「Ready Set Go」Music Video

──2021年1月20日には、いよいよ2ndシングル『Ready Set Go』がリリースされます。

中川 20曲ぐらいあった候補の中から、選び抜いた3曲になります。この3つに絞るまではスムーズだったけど、表題曲をどれにするかはめちゃくちゃ悩んだよね。

本田 “セクシー”や“大人っぽさ”をコンセプトにすることは決まっていたけど、3曲とも違った魅力があるので。どの曲が表題曲に決まっても、おかしくなかったです。

──「Ready Set Go」は歌詞も色っぽいですよね。“前代未聞のKiss”とか「何それ!」ってなりました!

本田 僕らも、そこはキラーワードにしています。

浦野 想像しちゃいますよね(笑)。

本田 僕らも想像している途中だし……。全体としてセクシーな歌詞の中に、インパクトのある言葉が入ってくるのも魅力のひとつなのかなって思います。

浦野秀太(うらの・しゅうた)1997年生まれ、神奈川県出身

──曲がいきなりハイトーンで始まるのも、痺れますよね。

中川 「Ready Set Go」を表題曲にした一番の理由はそこだったりします。キーやメロディーがいいなって。

本田 結果的に自分たちの強みを打ち出せた曲に仕上がりました。

中川 「UBA UBA」は“かっこいいOWV”がコンセプトだったので、パフォーマンスで魅せる部分が多かったんですけど、今回は新しい魅力も引き出せたんじゃないかな。MVでもセクシーなダンスや表情を求められることが多かったので、ぜひ注目して観てください。

──「Na Na Na」は、歌詞を覚えるのが難しそうだなって思いました。

中川 レコーディングに、けっこう苦戦した曲ではありますね。ラップが多めだし、ほぼ英語なので。今回はレコーディングのときにネイティブの方をお呼びして、歌い方を教えていただきながら録ったんです。けっこうストイックに詰めていったので、前作よりもクオリティが上がっているはず。

──お気に入りのポイントはどこですか。

中川 最後のほうにある、本田君と文哉のかけ合いですね。

本田 そこ、僕も好きです。

中川 今までにない割り振りが魅力になってるんじゃないかなって。秀太のメインボーカルは、言うまでもないっていうか……。

浦野 気を遣っていただき、ありがとうございます(笑)。

佐野文哉(さの・ふみや)1997年生まれ、山梨県出身

──「Scattered」も歌詞がすごくいいですよね。

浦野 曲を最初に聴いたときは、歌詞が英語だったんですよ。ちなみにカツ君は、日本語に翻訳されてから好きな曲になったらしいです(笑)。

中川 それって、僕の番に自分で言うやつじゃない?(笑) 日本語にして、一段と魅力的になった曲だと思いました。改めて自分の口から言うと(笑)。それだけリリックがいい。

──“口移しで伝えるラテ”って!と興奮してしまいました(笑)。

本田 この歌詞も“前代未聞のKiss”のようなインパクトがありますよね。

浦野 「Ready Set Go」は男性側が強気だけど、「Scattered」は逆。攻めのOWVも受け身で待つOWVも味わえる一枚に仕上がりました。セクシーさもありつつ、危険さもありつつ……。

佐野 『UBA UBA』のときは、OWVの強みであるセクシーさをあえて外したんです。だから、今回は原点回帰。僕たちが表現したいことを、ここからぶつけていきたいと思っています。

本田 「あえて外した」っていうことは、文哉はセクシーさを努力して出そうとするんじゃなくて、普段からダダ洩れていると。

佐野 僕は、そのへんを調整できるんですよ。セクシーコントロールができるので(笑)。

“セクシー”はOWVの本質


この記事の画像(全22枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

ライター_坂井彩花

Written by

坂井彩花

(さかい・あやか)1991年、群馬県生まれ。ライター、キュレーター。ライブハウス、楽器屋販売員を経験の後、2017年にフリーランスとして独立。『Rolling Stone Japan Web』『Billboard JAPAN』『Real Sound』などで記事を執筆。エンタテインメントとカルチャーが..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太