「一番こだわったのは盾の装飾」と話す『FGO』マシュのレイヤーも!“造形”へのこだわりが目立った『ワンフェス』コスプレレポート

2022.8.11
『Fate/Grand Order』マシュ・キリエライト/零崎沙耶さん(写真左)、『聖剣伝説3』アンジェラ/ぐぐるさん(写真右)

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


世界最大規模の造形・フィギュアの祭典として知られる『ワンダーフェスティバル(略称:ワンフェス)』。その最新回に当たる『ワンダーフェスティバル2022[夏]』が幕張メッセにて開催。大勢のサブカルファンが駆けつけ、会場は大盛り上がりとなった。そんな『ワンフェス2022[夏]』の盛況ぶりを“コスプレ”にクローズアップするかたちで紹介していく。


『ワンフェス』参加のコスプレイヤーに聞いた“こだわりポイント”

そもそも『ワンフェス』とは、プロ・アマチュアを問わず、製作者であれば誰でも造形物を出展・販売することができる大型イベントで、1984年にプレイベントが初開催。

7月24日に開催された『ワンフェス2022[夏]』でもその精神は受け継がれていて、各種模型から特撮やアニメのキャラクターフィギュア、さらには武器や装飾品のレプリカといった、さまざまなアイテムが展示されていた。

製作者と直に話をしつつ商品の購入や写真撮影を楽しめるところも、同イベントに参加する上での醍醐味として広く知られている。近年では大手企業も多数参入していて、多彩な企画を行うためのオフィシャルステージも設置。今回も豪華声優陣&アニソンシンガーによるライブや、人気アニメの制作陣によるトークショーなどが実施され、好評を博していた。

そんな『ワンフェス』のもうひとつの見どころが、屋外に設けられた“コスプレエリア”だ。同イベントの趣旨に合わせて“装飾品の造形”にこだわった参加者が多く、新旧さまざまなアニメ、ゲーム、コミックのキャラクターたち(に扮したコスプレイヤー)が集結。その中の数名に、衣装の“こだわりポイント”を聞いてみた。

「一番こだわったのは盾の装飾です。ベースは造形が得意な方に作ってもらったんですけど、そこに装飾を加えて完成させました。それと、体のラインがはっきりわかる衣装なので、きちんと着こなせるようにダイエットもがんばりました」(『Fate/Grand Order』マシュ・キリエライト/零崎沙耶)

『Fate/Grand Order』マシュ・キリエライト/零崎沙耶さん
『Fate/Grand Order』マシュ・キリエライト/零崎沙耶さん

「衣装も武器も自作で用意しました。その中でも一番気を遣ったのはスカートの長さです。立ってポーズを取るときにスカートとニーハイの間の領域がきれいに見えるよう、丈の調整にはこだわりました」(『2.5次元の誘惑』アリエル/kokone)

『2.5次元の誘惑』アリエル/kokoneさん
『2.5次元の誘惑』アリエル/kokoneさん

「いつもはコスプレ用のウィッグを使っているんですけど、今回の衣装は水着なので、それに合わせて髪も軽い感じにしたくて。毛量少なめのファッション用ウィッグを使って、全体的に“重さを感じさせない”雰囲気に仕上げてみました」(『アークナイツ』エイヤフィヤトラ/希林まおは)

『アークナイツ』エイヤフィヤトラ/希林まおはさん
『アークナイツ』エイヤフィヤトラ/希林まおはさん

大盛況のうちに終了した『ワンフェス2022[夏]』や『世界コスプレサミット2022 ~20th Aniversary~』につづき、今年の夏は『コミックマーケット100』(8月13・14日、東京ビッグサイトにて開催)など、コスプレも楽しめる大型イベントが続々と開催。徐々にだが、サブカルファンの間にも熱気が戻りつつある。

また少し先だが、2023年2月12日には『ワンダーフェスティバル2023[冬]』の開催も決定。果たしてこれらの会場では、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか? 非常に気になるところだ。


この記事の画像(全12枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太