【M-1】ハライチはなぜ敗者復活戦で勝てたのか。会場の空気を変えた澤部の叫び

2021.12.22
ハライチ/敗者復活戦での勝利が決まった瞬間(C)M-1グランプリ事務局

文=梅山織愛 編集=鈴木 梢


決勝戦といっても遜色がないメンバーで行われた『M-1グランプリ2021』敗者復活戦。戦いを制したのは、2017年ぶりに『M-1』に帰ってきた今年ラストイヤーのハライチだった。

多くの決勝進出経験者や実力者ばかりのこの戦いを、なぜハライチは勝ち抜けたのか。当日、会場で感じた雰囲気から振り返る。

【関連】敗者復活戦を勝つのは誰?事前予想アンケートは意外な結果でした


15年間の戦い

ハライチ(C)M-1グランプリ事務局
ハライチ(C)M-1グランプリ事務局

晴天の下で行われた敗者復活戦だが、会場の空気は明らかに重かった。キュウ、アインシュタイン、ダイタクがそれぞれの色を活かした漫才を披露し、観客たちの緊張が徐々にほぐれるも、会場の空気を変えるまでには至らない。3年連続決勝進出をしている見取り図が4組目に登場しても、空気の変化までは感じられなかった。

そんななか、5組目にハライチが登場。「どこからともなく悪魔の声が聞こえてきて、力の契約をする」というネタを披露した。

教習所の仮免許に合格する力と引き換えに、残りの寿命の半分を失い、慌てる澤部佑。さらに、途中から岩井勇気が演じる悪魔からの応答が一切なくなり、ますます必死になる。

会場の笑いは、澤部の必死さと比例するように大きくなっていった。最終的にはタイムオーバーを知らせる爆発音に対しても「ボカンじゃねぇ! うるせぇ!」と叫び、大爆笑でネタが終了。

タイムオーバーについてはさまざまな意見があるが、このボケが会場の空気を変えたからこそ、このあとのコンビがネタをしやすくなったのもひとつの事実だと感じる。実際、そのあと登場したマユリカがネタを披露してからは、会場の空気の重さをあまり感じなかった。

ハライチは2017年の敗者復活戦でも、天から岩井が話しかけるという今回と似た設定のネタで挑んでいた。このときは、スーパーマラドーナが決勝進出を決め、ハライチは敗退。リベンジを目指す今回は、似た系統のネタで進化した姿を見せた。

ハライチ/敗者復活戦での勝利が決まった瞬間(C)M-1グランプリ事務局
ハライチ/敗者復活戦での勝利が決まった瞬間(C)M-1グランプリ事務局

敗者復活戦は視聴者投票によって結果が決まるため、「人気投票」ではないかという声も多い。確かに、最終3組まで残った金属バット、男性ブランコと比べれば、ハライチが知名度が高い。もしかすると、決め手となった数万票の中には、知名度で投票されたものもあるかもしれない。

とはいえ、今年大ブレイクを果たした見取り図が4位、『文春オンライン』が先日発表した「好きな芸人ランキング2021」でトップとなったニューヨークも8位に終わっていることから、人気や知名度だけでは勝ち上がれないことは確かだ。

実力と人気、そして当日のネタの出来。すべてがそろったからこそ、ハライチは敗者復活戦を勝ち抜いたのだろう。

『M-1』翌日に生放送された『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(ABEMA)では、敗者復活戦をゲストとして見守っていた小沢一敬が「敗者復活の澤部、神がかってたよ。言葉もいいし、間もいいし、顔もいいし。あと、そのときに抜かれる岩井の顔もマジ悪魔の顔してた」と敗者復活戦でのハライチを称賛。

さらに「(銀シャリ橋本直とNON STYLE石田明と)点数つけながら観させてもらってたんだけど、一番いい点数をつけた3組にハライチも入れさせてもらった。やっぱハライチ、ウケてた」と振り返った。

また、番組では岩井が敗者復活戦のネタを前日夜に作ったことを告白。「合わす時間ないなーって思って、一応送っておいて、敗者復活の前に事務所で1時間だけやりました」と明かした。ほとんどのコンビが何度も劇場で披露したネタで挑むなか、こんな勝負の仕方をしたのはハライチだけだろう。

漫才に向き合いながら個々でもテレビで活躍をつづけているハライチ。今回の『M-1』は、15年間積み上げてきたものを武器にして戦い抜いた。

決勝戦では9位となったが、最後は澤部が「楽しい15年間でした。ありがとうございました」、岩井も「『M-1グランプリ』ありがとう。楽しかった」と爽やかな笑顔を見せ、『M-1』での戦いの幕を閉じた。

【写真】躍動するランジャタイ、涙して抱き合う錦鯉…『M-1』名シーン【30枚】


この記事の画像(全18枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

梅山織愛

(うめやま・おりちか)1997年生まれ。珍しい名前ってよく言われます。編集者・ライター。自他共に認めるミーハーなので、いろいろハマりますが、アイドル、お笑いが特に好きです。あと、チョコレートも詳しいです。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太