『真犯人フラグ』1話を考察『あな番』+『ゴーン・ガール』まんまと見せかけて裏切る作戦か



『真犯人フラグ』第1話あらすじ

主人公は、相良凌介(西島秀俊)。
運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部管理課、課長。
部下の二宮瑞穂(芳根京子)は、クレーム処理を迅速にこなす凄腕。これから相良凌介が推理を繰り広げるときの相棒になるようだ。
事件は突然起きる。
雨の日、凌介が帰宅すると、家に誰もいない。
妻の相良真帆(宮沢りえ)に電話しても出ない。高2の娘・相良光莉(原菜乃華)に電話しても出ない。
翌朝になっても帰ってこない。
炊飯器を見ると、ご飯が炊けていた(夕方に炊きあがるようにセットされていた)。
大学時代の友人であり、いまは『週刊追求』の編集長である河村俊夫(田中哲司)に相談すると、記事にして警察を動かそうということに。
小4の長男・篤人(小林優仁)の見守りGPSが示すサッカー教室に深夜潜入するが、そこには見守りGPSの端末があるだけだった。
『週刊追求』のデジタル版に記事が載り、「炊飯器失踪」がSNSのトレンドに上がる。帰宅した凌介はマスコミに囲まれ、警察も動かざるを得なくなる。
凌介は、家族が失踪した悲劇の主人公としてテレビで報道される。
が、YouTuberぷろびん(柄本時生)が、胸ポケットに入れていたペンのマークから凌介の職場を特定。「あの旦那が殺したんじゃない?」と真犯人フラグを立てる。
さらに、家に誰もいなかった夜、3人は映画でも観に行ったのだろうと考えた凌介は、友人がオープンしたバーに行っていた。そこで、はしゃいで撮った写真がSNSで拡散。家族がいなくなったのに、飲み歩いていたということで非難が高まる。
家に帰るのもつらく残業していた凌介のところに、配送スタッフの望月鼓太朗(坂東龍汰)がが大きなダンボールを持ってくる。宛先不明で戻ってきたのだ。
凌介がダンボールを開くと、中には「お探しのものです」と書かれた紙。そして、サッカーのユニフォームを着た子供の冷凍死体らしきものが!

イラスト/たけだあや
イラスト/たけだあや

怪しい人物を検証

怪しい人物をチェックしていこう。

荷物を持ってきた鼓太朗(坂東龍汰)の怪しい表情や、近所のママ友・菱田朋子(桜井ユキ)と息子の怯えた様子も気になった。
だが、意味ありげな表情は『あなたの番です』でも多様され、すべてミスリードだった。だから、逆に怪しげな表情を露骨にしたこの3人は犯人ではないとメタ推理したくもなる。
とにかく怪しい表情や怯えた様子は推理の鍵にはならない。

事件当日、凌介に接触してきた本木陽香(生駒里奈)も怪しい。「先生!」と突然近づいてきて腕を組み「らっきょう、持って帰りました?」と意味不明なことを言う。人違いだったと言うのだが、その前を歩く人物がスマホで撮影しているようにも見える。何か、ある。
『あなたの番です』の犯人のポジションと同じということもあり、生駒里奈が犯人役だと予想したくもなる。

二宮瑞穂(芳根京子)も犯人フラグが立ちまくりだろう。
凌介の職場が特定されたペンは瑞穂が渡したものだ。ラスト、箱を開く場に、主人公と共に立ち会っている唯一の人物が瑞穂だ。
そして、クレーム処理をテキパキとこなす有能さ。物語的に一番犯人だとショックな人物造形になっているので逆に犯人だという説は濃厚だ。

もちろん妻の相良真帆(宮沢りえ)の自作自演という説も濃厚である。幸せそうな家族に見えて、実は違っていたという展開がこのあとにつづくのだ。そして、夫を犯人に仕立てる妻の復讐だったという展開も、あり得る。そうなると1クール目ラストで、妻が再び登場し、2クール目は宮沢りえが演じる妻が主役に躍り出るというかたちも物語的にきれいだ。


気になるポイント

ほかにも気になる点がいくつかある。

・ぷろびんの動画のラスト、電車の音と犬の鳴き声が入っている。場所が特定できそうなヒントだ。このあとの展開に必要な伏線か。
・「結婚を決めました」と言った林陽一(深水元基)の結婚相手は誰か。
・真帆は、早番だったパートを「遅番だ」と嘘をついていたのは何故か。
・息子がサッカーでエースだと知らないとか、ビールがなくて「扱い雑だな」と言う場面など、実は幸せな家族ではないのではという予兆。
・荷台をゴロゴロ運ぶのがうるさいというクレームと、ラストに荷台で運び込まれた冷凍死体は関係あるのか。
・しっかりと映される傘は何かの伏線か。
・ITベンチャー「プロキシマ」の社長・橘一星(佐野勇斗)はどう関わってくるのか。
・ぷろびんのYouTubeチャンネルでは、もやしを食べ過ぎて、急性胃腸炎で1日入院している。これは何かの伏線なのか。

とはいえ、まだ1話なので考察するにも手がかりが少な過ぎる。
『あなたの番です』のときは、交換殺人ゲームをやっている設定で、基本的に容疑者が団地内に集結していて枠が明確だったので、初っ端から推理のためのフレームができていた。
が、今回はそのような枠はない。だから今のところ推理がむずかしい。展開を予想し、その予想が裏切られるのを楽しみにしよう。

YouTuberぷろぴんのチャンネルが実際に作られていて、話題に。炊飯器失踪の黒幕は旦那!?職場特定で判明した衝撃の真実【考察】

今後の展開予想

第1話だけで強引に展開を予想してみる。
配送中に事故を起こしたトラックからの連絡があったのは伏線ではないか。そう考えると、配送トラックの事故で家族の誰かが、たとえば篤人が死んだのではないか。それを隠蔽しようとして、妻の真帆と娘の光莉は何かに巻き込まれた。
『あなたの番です』は1クール目のラストにW主演の原田知世演じる妻が殺される衝撃的な展開で驚かせた。『真犯人フラグ』もサプライズがあると考えるなら、芳根京子演じる相棒の二宮瑞穂が死ぬ。これでは『あな番』と同じになってしまうので、もうひとつ乗っけてくるとするならば、もはや死んだと思われていた妻の真帆(宮沢りえ)が見つかり、後半はW主役として西島秀俊と共に活躍するのではないか。

ドラマの最初で、相良凌介は「犯人に見える人が犯人とは限らないよね、真犯人はこれ見て笑ってるかもよ」と言った。さて、誰が笑っているのか。

【西島秀俊主演】日曜ドラマ「真犯人フラグ」第1話がわかるダイジェスト!【第2話は10/17(日)よる10:30】


この記事の画像(全3枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

米光一成

Written by

米光一成

米光一成 (よねみつかずなり)ゲーム作家/ライター/デジタルハリウッド大学教授/日本翻訳大賞運営/東京マッハメンバー。代表作は『ぷよぷよ』『はぁって言うゲーム』『BAROQUE』『はっけよいとネコ』『記憶交換ノ儀式』等、デジタルゲーム、アナログゲームなど幅広くデザインする。池袋コミュニティ・カレッジ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太