傑作韓ドラ『D.P.─脱走兵追跡官─』軍隊の歪みが脱走兵を生み出す「みんな知ってて傍観してたくせに」

2021.9.16


「国民的年下彼氏」の顔を封印したチョン・ヘイン

主人公のアン・ジュノ(チョン・ヘイン)は韓国陸軍の憲兵隊所属となる。いきなり同室のファン・ジャンス(シン・スンホ)兵長から暴力の洗礼を受けるが、壁から飛び出した釘が頭に刺さりそうな場所で殴り続けるあたり、軍隊での暴力の陰湿さを象徴している。

Netflixシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』独占配信中
Netflixシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』独占配信中

ジュノは洞察力の鋭さと物怖じしない態度、子どもの頃に父親のDVから身を守るために身につけたボクシングの経験をD.P.担当官のパク・ボムグ(キム・ソンジュン)に買われてD.P.となるが、最初の任務に失敗してしまう。軍隊の実態とジュノの失敗を描いた1話はひたすら暗くて重い。しかし、2話からジュノのバディとなるハン・ホヨル(ク・ギョファン)が登場すると、ホヨルの飄々とした性格も相まってストーリーに軽みと疾走感が与えられる。

ジュノを演じるチョン・ヘインは、『愛の不時着』(19年)のソン・イェジンと共演した『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(18年)に主演して大ブレイク。「国民的年下彼氏」と呼ばれていたが、本作では甘さを完全に封印した役どころに挑んでいる。すでに兵役の経験があり、本作の軍隊のセットがあまりにリアルだったため、当時の緊張を思い出して「二等兵チョン・ヘイン!」と言ってしまってNGを出したエピソードがある。

ホヨル役のク・ギョファンは数多くのインディーズ映画に出演したカリスマ的な俳優で、自らプロデューサーを務めることもある。近年は大作『新感染半島 ファイナル・ステージ』(20年)にも出演。本作ではコメディリリーフ的な軽みのある演技で、大いにファンを増やした模様。どことなくロンブー淳のような風貌もSNSで話題となった。

Netflixシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』独占配信中
Netflixシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』独占配信中

「みんな知ってて傍観してたくせに」

生真面目でまっすぐなジュノと口八丁のホヨルがバディとして脱走兵を追い、コワモテだが実は部下思いのボムグがボスとして2人を見守る。脱走兵にはそれぞれ事情や背景があり、彼らを逮捕してもジュノとホヨルの心にはどこか虚しさが残る。

クズの脱走兵に貢ぎ続ける女性の悲哀としたたかさを描いたエピソードや、認知症の祖母を守ろうとする頭脳明晰な脱走兵を追うエピソードなどは、1970年代の日本の刑事ドラマのような雰囲気が漂っていた。この時代の刑事ドラマは社会の歪みが犯人を生む物語が量産されていたが、『D.P.』では軍隊の歪みが脱走兵を生み出していることになる。

物語を覆う闇が濃くなっていくのは5話からだ。ジュノとも親しかったアニメ好きの心優しい先輩兵士、チョ・ソクポン(チョ・ヒョンチョル)が脱走してしまう。ソクポンは軍隊の中で執拗ないじめに遭っていた。血まみれになるまで殴られ、恥毛をライターの火で焼かれ、先輩兵士の退屈しのぎに自慰と射精を強要されていた。

我慢の限界に達したソクポンは、先輩兵士を半殺しにして脱走する。目的は自分をいたぶり抜き、除隊してしまったファン・ジャンスへの復讐だ。ソクポンはジュノとホヨルの説得にも耳を貸さない。彼はこう吐き捨てる。「みんな知ってて傍観してたくせに」───。

作家のキム・ボトンはインタビューやSNSなどでこのように語っている。現在でも軍隊にはまだ深刻な問題があり、「今はよくなった」と過去のことにしてはいけない。そして、無関心で傍観者である自分たちにも大きな責任がある、と。これは日本にいる我々にも突き刺さるメッセージだ。閉鎖的で腐敗した組織の中ではハラスメントや虐待が横行しやすく、上の世代の理不尽な論理は容易に下の世代に受け継がれていく。韓国の軍隊だけでなく、日本のそこここにも似たような“闇”があることを自覚し、変えていかなければならない。

最終話は必ずクレジットの後まで観てもらいたい。衝撃のラストシーンを見れば、我々はもう傍観者ではいられないはずだ。

『D.P. -脱走兵追跡官-』予告編 - Netflix

この記事の画像(全4枚)



  • Netflixシリーズ『D.P. -脱走兵追跡官-』独占配信中

    『D.P.─脱走兵追跡官─』

    出演:チョン・ヘイン、ク・ギョファン、キム・ソンギュン
    原作・制作:ハン・ジュニ、キム・ボトン

    関連リンク


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

大山くまお

Written by

大山くまお

1972年生まれ。名古屋出身、中日ドラゴンズファン。『エキレビ!』などでドラマレビューを執筆する。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。