映画『ブレイブ -群青戦記-』に見る俳優・三浦春馬──その眼の表情こそオリジナリティにあふれている



作品全体をひとつ上級なものにするために捧げられた表現

関係性とはグラデーションにほかならない。単一的な関係などない。それぞれが、それぞれとして生きてきた果てに、関係性は派生するのだから、人と人との営みは、複雑でもあり、立体的でもある。とりわけ、元康が主人公を見つめる眼差しは、私たちにこの真理を教えてくれる。

その視線は、ただ単に、物わかりがよく、大らかなものではない。また、シンプルに、少年を護ろうとするものでもない。そうではなく、微かな憧れと、己の心を差し出す、奥ゆかしく謙虚な姿勢が感じられる。柔らかくも、優しくもあるが、年少者を上から見下すことが一切ない点が重要だ。

前述したとおり、元康は慎重なタイプ。慎重な男が、少年をどこかしら敬いながら、理解していこうとする、その眼の表情こそオリジナリティにあふれている。

松平元康に扮した三浦春馬

単純明快な活劇ではある。登場人物の多い、青春群像劇でもある。だが、松平元康の、ふくらみのある人間像が、本作をドラマとして豊かなものにしている。

三浦春馬の表現は、自身の役どころを印象づけるためではなく、主人公の決断や成り行きの背景に説得力を持たせ、作品全体をひとつ上級なものにするために捧げられている。

戦国時代にタイムスリップした高校生役で主演を務めた新田真剣佑

これまでも三浦は、誇示とは一線を画する、映画の下支えとしての芝居を見せてきた。『ブレイブ -群青戦記-』における松平元康のテクスチャは、それがよりクリアに可視化されたものではないだろうか。

私は、三浦春馬の演技から、和菓子を想起する。それも、上生菓子。クリームではなく、餡子の風味が、しっとりと心地好く、安心感をもたらす。

どうか、セリフや物語展開だけに気を取られることなく、松平元康という人物の肌ざわりをしっかり見つめてほしい。上生菓子のような戦国武将なんて、想像しづらいかもしれないが、百聞は一見にしかず。

目にうつる全てのことはメッセージ。
なのだから。


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • 映画『ブレイブ -群青戦記-』

    2021年3月12日(金)全国東宝系にてロードショー
    監督:本広克行
    原作:笠原真樹『群青戦記 グンジョーセンキ』(集英社ヤングジャンプ コミックス刊)
    脚本:山浦雅大、山本透
    音楽:菅野祐悟
    出演:新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、濱田龍臣、鈴木仁、飯島寛騎、福山翔大、水谷果穂、宮下かな子、市川知宏、高橋光臣、三浦春馬、松山ケンイチ
    (c)2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会 (c)笠原真樹/集英社

    関連リンク


toji_aida

Written by

相田冬二

(あいだ・とうじ)ライター、ノベライザー、映画批評家。2020年4月30日、Zoomトークイベント『相田冬二、映画×俳優を語る。』をスタート。国内の稀有な演じ手を毎回ひとりずつ取り上げ、縦横無尽に語っている。ジャズ的な即興による言葉のセッションは6時間以上に及ぶことも。2020年10月、著作『舞台上..