閉店と休業が追いかけてくる。徒歩で10キロ歩いてうまいビールを飲むだけの旅【大阪編】(スズキナオ)

2021.2.7


このラーメン、また食べに行きたい

ナオ で、ようやくいい店があったんですよ。

やっと開いている店があった!「大阪屋食堂」

パリ うわ! 完璧じゃないですか!

ナオ やっとですよ! そのかなり手前あたりで10キロはもう達成しちゃっていて。

さまよっているうちに10キロウォークは達成していた

パリ お疲れ様です。

ナオ 11キロぐらい歩いてやっとこのお店に着いたのかな。

お疲れ様のチューハイ

ナオ お疲れ酒。

パリ よっしゃー!

ナオ 冷蔵ケースに惣菜が並んでいるようなお店でどれか食べようと思って見ていたら

好きな惣菜を選んでいいタイプの食堂でした

パリ いいですね〜。

ナオ 「おでんもおすすめですよー」とお店の方が言うのでそっちをいただきました。

おでんの大根と玉子をいただく

パリ いいじゃないですか。お皿もかわいい。

ナオ うまかったー。

パリ これは疲れた体に染みそうですね〜。

ナオ 沁みますよ。おでん食べつつメニューを見たんですがどれも安い。

裏面には丼ものメニューもあった

ナオ そしてこういうメニューに中華そばがあると絶対頼んでしまうんですよ。

ついつい食べてしまうやつ!

パリ はは。いやでも、淡麗な見た目のおいしそうなラーメン。

ナオ なんとなく醤油ラーメンを想像していたら意外にも塩味で、それがまたすごくおいしかった。おでんの玉子をスープにちょっと浸して食べたりして、もう最高でした。

パリ 最終的に、じんわりと染み入る系のベストな店に辿り着いた感じ。

ナオ このラーメン、また食べに行きたい。うまかったんだよなー! そしてこの店のあたりまで来てみると商店がちらほら立ち並ぶエリアになっていて。

10キロ超えたあとで出会ういい感じの町並み

パリ 渋い!

「ナショナル温泉」という銭湯があった

ナオ スーパー銭湯もよかったけどこっちにも入りたかったなーとか思ったりして。「ナショナル温泉」ってすごい名前でしょ。

パリ そういう名前なんだ! めっちゃ気になりますね。

ナオ そうなんですよ。ゴール過ぎてようやくいろいろ現れるパターン。これもあるあるかもしれないです。

パリ 門真市も探索したいな〜。

ナオ よさそうなお店がたくさんあったんですよねー。悔しいけど時間がもうなくて、「西三荘」という駅にも近かったみたいで、そこから電車に乗って帰ったとさ。

西日の差す電車の中でボーッとして帰った

パリ そして相変わらずの、電車移動のあっけなさ。ひゅーんと。

ナオ そうそう。がんばって歩いた10キロも電車ならすぐ。でも歩くのにはちょうどいい距離だなって今回思いました。

パリ 思いました。絶妙な距離。

ナオ 長いようにも思うけど、デカい公園を何周かしていたらすぐ達成する距離でもある。

パリ 1キロを設定したやつ偉い。

ナオ はは。あれを「1」としたやつがね。

パリ あれが1だから10がこれなんだもんな。いや〜、楽しそうでいいコースでした。またどんどんやりたいですね!

ナオ はい! 10キロって発見のある距離だと思いました!

パリ 花博記念公園も門真市も、また行きましょう!

ナオ 本当です。また行かなくては! 今度は西三荘からスタートしてみようかな。

スズキナオさんのコラム連載は毎月1回更新予定


この記事の画像(全72枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ


  • スズキナオ『関西酒場のろのろ日記』

    本体1800円(税別)/232頁/四六判
    ISBN 978-4-909483-72-0 C0095
    発売日:2020年9月30日/発行:Pヴァイン
    『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』の大ヒットで注目を集めるライターのスズキナオ。東京で生まれ育ち、数年前に大阪に転居。それまで馴染みのなかった関西の地と、酒場や酒を通じて出会ってゆく様子を滋味とペーソスあふれる文章で綴ります。
    登場する酒場:中津「いこい」「はなび」、天満「但馬屋」、西九条「玉や」「金生」、「風の広場」「大阪城公園」、淀屋橋「江戸幸」ほか多数

    関連リンク

  • スズキナオ『酒ともやしと横になる私』

    本体1300円(税別)/208頁/三五判変型
    ISBN 978-4-909004-77-2 C0095
    発売日:2020年8月29日/発行:シカク出版
    ミニコミ専門店「シカク」が発行するメールマガジンの人気コーナーが1冊の本になりました! 徹頭徹尾どうでもよくて冴えないのに、なぜか面白くてクセになる。スズキナオの真骨頂ともいえる新感覚無意味系脱力エッセイ!
    「チミドロくん、元い、スズキナオさんはもしかして偉人の類いなんじゃないかと思って来てる今日この頃です」……キセル 辻村豪文(音楽家)
    「心底どうでもいい話を読まされてるなと思ってたら、それが宇宙の真理に直結していたりする。ナオさんの頭の中って、本当どうなってんだろ」……パリッコ(酒場ライター)
    「自分をダメだなって思ってるみんな! ここにも仲間がいたぞ! でも何か違うんだ。やっぱナオさんは面白いわ!」……ビロくん(友達)

    関連リンク


Written by

スズキナオ

大阪在住のフリーライター。「デイリーポータルZ」「メシ通」等のWEBメディアで記事を書いている。酒とラーメンが好き。パリッコとの飲酒ユニット「酒の穴」としても活動中。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』(スタンド・ブックス)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太