『梨泰院クラス』『愛の不時着』に見た、何がなんでも楽しませるという韓国エンタメの真骨頂

2020.6.10


欧米のドラマのトレンドとは真逆の試みが成功している『愛の不時着』

そして2本目は『愛の不時着』。“下剋上”の痛快さを一番の売りにした『梨泰院クラス』と異なり、北朝鮮と韓国の対立という、韓国映画でもここまでやった作品はなかったほど生々しい現実が背景。しかし、エンタメ色を前面に出したのがまず出色。

韓国の財閥の令嬢で、セレブでもあるユン・セリ(映画『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン)はパラグライダーに乗った直後、竜巻に巻き込まれてしまうが、不時着したのは北朝鮮。そこでイケメンの軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)と出会い、韓国への帰還を目指すが、彼と互いに愛情を抱くようになる。

『愛の不時着』予告編

ひとつネタバレすると、筆者は当初、舞台は北朝鮮からすぐに韓国に移ると予想した。38度線を間に挟んだ韓国と北朝鮮は社会が大きく異なり、ドラマにするのが大変だからだ。しかし本作はかなり長い間、北朝鮮で展開。そして北朝鮮のある村に住む、兵士たち・おばさんたちも重要な登場人物になっていく。なので超シリアスな場面の直後、コント風のコミカルな場面がつづいたかと思えば、その反対もしょっちゅうで、シリアスドラマとコメディドラマの境界線が明確な欧米の作品と比べると、本作はまるで“カオス(混沌)”を思わせる。

上級軍人・政治家・実業家から下級軍人・庶民まで幅広い登場人物が集まるなか、恋愛、陰謀、冒険など多彩な見どころを満載。とびきりロマンティックな場面(スイスでもロケをしている)と『マッドマックス』風の改造トラックが登場するアクションが同居して、独自の相乗効果を発揮しているのだ。近年、欧米のドラマは老若男女の視聴者、それぞれの好みに沿う傾向があるが、真逆の方向に進み、それに成功しているのがおもしろい。

もちろん、韓国と北朝鮮の分断という題材そのものが世界的にもユニークだ。なおかつ、今なお『冬のソナタ』に通じる“初恋”、“四角関係”、“雪”といったベタな要素も駆使。ジョンヒョクはあるエピソードで宿敵にこう言い放つ。「俺の恋人がお前と同じ空の下にいる限り、俺は去らない」。世界の大衆はこういうのを望んでいるのではないか。

『梨泰院クラス』と『愛の不時着』、日本人の感覚からするといずれもやり過ぎている部分が多いのだが、その情熱に接し、人はなぜドラマを観るのかという原点を考えさせられる。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全20枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



海外ドラマ評論家_池田敏

Written by

池田 敏

(いけだ・さとし)海外ドラマ評論家・映画ライター。映画誌『月刊スクリーン』(近代映画社)などに寄稿し、WOWOWのアカデミー賞授賞式中継などテレビ番組の監修も。著書は、海外ドラマの初心者からマニアまで楽しめる『「今」こそ見るべき海外ドラマ』(星海社新書)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太