圧倒的な楽曲クオリティと笑いを融合させた、ジャルジャルの名曲『虹色の思い出』について


文=かんそう 編集=鈴木 梢


コント師ジャルジャルが生み出した『虹色の思い出』。知る人ぞ知るこの楽曲は、「名曲」と呼ばれる音楽が持つすべての要素を兼ね備えている。

あらゆるエンタメやカルチャー、事象についての“感想”を綴るブログ『kansou』を運営するかんそうが、楽曲の魅力を徹底分析する。

※ 記事初出時、一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(最終更新:4月11日(土)19:10)

ジャルジャルの伝説的な名曲

『虹色の思い出〜I’m just forever〜』という曲を知っているだろうか。ジャルジャルがコント『葬式』内で披露したもので、一部の有識者の間では伝説的な曲として語り継がれている。

ジャルジャルコント「葬式」

「葬式」という人生において最も悲しいシチュエーションにおいてサングラスをかけたふたりの男が「たかし(故人)への想いを込めた」と突然歌い出す。ここまではまだわかる。感極まって自作曲を歌う、ここまでは理解できる。だが曲が始まると場の空気が一変する。

I’m just the beat
I’m just the beat 
I’m living in just the, just the beat

(中略)

I’m just forever
I’m loose all the time
I’m just sellin’ more
I lose all my mom
And come fallin’ time
And lesson in love
I’m left-handed mom
I’m Lou…any more

いかがだろうか。

まさかの洋楽。まさかのラップ調。そしてダンス。笑い過ぎて背骨が折れそうになった。この曲を初めて聴いた高校時代、あまりの衝撃に携帯電話のメールアドレスにサビの「justforever」を入れたほどだった。

なぜこの曲に惹き付けられたのか。いったい『虹色の思い出』は何を伝えたいのか、今回はその秘密について考えたい。

『虹色の思い出』に惹きつけられる理由


毒親となった母との汚部屋ぐらし……これが半自伝!?大反響のマンガ『汚部屋そだちの東大生』とは(PR)

この記事の画像(全1枚)


WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ