「一度は体感してほしいもの」BiSHセントチヒロ・チッチが撮影した地底の太陽【QJWebカメラ部】


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」

水曜日は、BiSHのセントチヒロ・チッチが担当。こだわり抜かれたパフォーマンスでアイドル界を圧巻するBiSHの中でも、透き通った歌声で人気を博す。そんなチッチは、写真好きということでも知られており、SNSで投稿した写真には毎回多くのコメントが寄せられる。そんな彼女がついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。

地底の太陽

撮影=セントチヒロ・チッチ(BiSH)
撮影=セントチヒロ・チッチ(BiSH)

今もここで祈りを捧げるように、
私たちを見つめる地底の太陽。

ある日、太陽の塔の中に行きました。
復元された地底の太陽はそれは大きく、
明るさとは遠い表情で見つめているようでした。

わたしの願いが叶うなら、
過去に行ってみたいと思います。
1970年に行われた大阪万博に行って、
この目で、岡本太郎が生きて作った
人類の進歩と調和を感じてみたいのです。

今はなくなってしまった
地下に広がっていた展示が
今も存在していたら、、、
なんてちょっと悔しく思ったりする日も
あるくらい大好きな世界。

太陽の塔は今でもその表現を
生きたまま残してくれているので、
大阪に行くと、時間を見つけては
会いに行きます。

まだ見たことないの
もっっっっったいないっ
一度は体感してほしいものです。

ああ~しあわせだったなあ

【連載】QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部

加賀翔(かが屋)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)、森田美勇人が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。

この記事の画像(全69枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

セントチヒロ・チッチ

Written by

セントチヒロ・チッチ

BiSHの元メンバー。CENTとして今年8月に1stアルバム『PER→CENT→AGE』をリリース。11月から初の全国ツアー『Hello Friend Tour』を予定し、加藤千尋名義での俳優デビューも決定している。 【QJカメラ部】毎週水曜日に連載中

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。