配信で稼げる人と稼げない人の違いは何か。フワちゃんの鋭いひと言とは?(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『芸人報道』

「今ブレイク中ですが…超ヤバい!スペシャル」と題し、番組後半はモグライダー、ランジャタイ、ビスケットブラザーズのそれぞれの悩みを聞いていく。

モグライダーはブレイク中ではあるが、意外にもレギュラーもCMも0本だという。その要因はともしげの「性格の悪さ」と「性欲の強さ」ではないかと。ともしげが「伝説の痴女を探すためにお笑い界に入った」という話をさんまが気に入り、そういう仕事ばかりになったというと、MC陣は「そんな仕事ないよ!」と総ツッコミ。

ランジャタイ本人は悩みがないというが、彼らがどんなときでもボケまくるため「実はNG仕事が多く、オファーの6割を断っている状況」だとマネージャーが語る。加藤浩次はふたりの名前を覚えておらず「何くんだっけ?」と国崎に聞くと「伊藤です(笑)」とここでもボケる国崎。結果、「黄色い伊藤くん」呼びに。「全部出たい」というふたりに「じゃあ、伊藤くんが黄色い伊藤をちゃんと制してあげるっていうのはできないかな?」と加藤。しかしツッコミではなく「見守る」「応援する」という役割の伊藤は「まぁ、ちょっと……できないですね」と譲らない。

『スッキリ』の食レポにも出たい、ということでシミュレーションすることに。スープカレー屋に行ったテイで、エア食レポ。食べようとするもスープカレーを頭から被ってしまう国崎。これに加藤は「まず作ってくれた人がいるから、その人たちが傷つくようなことは絶対しちゃダメ。テレビの取材が来て、仕込みとかしなきゃいけないのにその時間を先にズラしてテレビの収録に店を貸してくれてるわけだから、そして作ってくれてるんだから、店の人が傷つくことだけはしちゃダメ。それだけ気をつけて」と丁寧に諭す。

「わかりました」と言ってやり直す国崎だったが、やっぱり再び被ってしまう。「黄色い伊藤がご飯を作った。それを俺が全部被ったらどういう気持ちになる?」と聞く加藤に「悲しくなります」と答える国崎。加藤「そうだよな、それ!」国崎「加藤さんは被らないもん、絶対!」加藤「そうでしょ!食べるでしょ!じゃあ、やってみろ」。そしてみたび、被る国崎。加藤「ダメです(笑)」。この即興ミニコントが最高に楽しかった。ビスブラ原田「子供のころに観てた加藤さんの芸風これですよ(笑)」。

人気がないというビスブラの会話から、配信で稼げる人と稼げない人の違いは何かという話題に。フワちゃんが「その人にわざわざお金を払いたいのか?っていうのが関係してくると思う」と鋭いひと言。ビスブラに対しては「なんかあれじゃん……」と言いよどみながら「お金払いたくないもん」と言い放つ。きん「言葉選んでそれ?(笑)」。

『不夜城はなぜ回る』

「小峠英二 不夜城を飲み廻る」の第2弾。相変わらず説明なしでサービス精神ゼロのセルフカメラのアングル。今回の場所が北千住だというのも、だいぶ時間が経って会話の中からようやくわかる。全然食べているものの説明もしないし、感想もほぼ言わない小峠に「愛想も小想もない」と笑う東野。『有吉クイズ』の「有吉とメシ」やドラマ『作りたい女と食べたい女』もそうだが、あえて「食レポ」せず黙々と食べる生々しい飲食シーンがトレンドなのかも。

前回は謎の女性が途中から合流していたが、今回も2軒目に行く途中に出会った、北千住に長く住んでいるらしい「林さん」なる男性と同行。グイグイくる林さんにスタジオで観ているバカリズムは「絶対嫌だ」と。しかし小峠はツッコミは入れるものの嫌がる様子はなく、その後もずっと一緒に行動していく。林さんの案内で地元の人しか知らないような通りの店に行き「いいですね!」などとテンションが上がる小峠。「北千住、おもしろいっすね!」と。ついには林さんの自宅にも。東野「『家、ついて行ってイイですか?』のハード版や!(笑)」。

VTRを観てバカリズムは「小峠さんだからあそこまでいける。僕らだったら、1軒目でシャッター閉めちゃう。あそこにいけるのは小峠さんの人柄」と評す。プジョルジョDによれば、初回が終わったあとは絶対やりたくないと言っていたが、2回目が終わったあとはノリノリになっていたという。このまま恒例企画になりそうで、これからも楽しみ。


この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。