かが屋・加賀翔『キングオブコント』のために用意していただいた「扇のイヤリング」【QJWebカメラ部】

かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】

文・撮影=加賀 翔


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストやお笑い芸人による連載「QJWebカメラ部」。

月曜日は、加賀翔(かが屋)が担当。コント師として知られる一方で、芸人仲間などを撮影した写真の腕前にも定評があり、インスタグラムのフォロワーは10万人以上を誇る。そんな彼が、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


縁を感じた“鶴”の絵柄

かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】
写真=加賀翔(かが屋)

第53回。今回は扇のイヤリング。今年の『キングオブコント』にまつわる写真は今回が最後の一枚。

ファイナルステージに残れたらやりたいなと思っていた占い師のコントがあり、そのネタでは僕が占い師の女性役を演じる予定でした。リハーサルからふたつのコントどちら共、道具を用意してくださっていて夢のようです。

衣装なども用意してくださっているのですが、そこで見せてもらったのがこのイヤリングでした。こんなイヤリングどこで見つけてくるのだろうというようないいデザイン。

しかも鶴が描かれており、僕たちがやっているラジオが『かが屋の鶴の間』(RCCラジオ)というタイトルなので、偶然かもしれませんがこの一致がとてもうれしかったです。

ただ、せっかくお借りしたのに負けてしまい本当に残念でした。しかしその方が本番終了後、わざわざこのイヤリングを持ってきてくれて「よかったらどこかでまた使って。楽しみにしてます」とプレゼントしてくださいました。

今年こんな機会をいただけて大会に関われたことが本当にうれしいです。このイヤリングで必ずコントしますし、本物の扇のようにちゃんと閉まるというギミックつき。キラキラしながら開閉するところをぜひ見に来てください。

【連載】QJWebカメラ部
【連載】QJWebカメラ部は月曜から土曜日まで毎日更新中です。

加賀翔(かが屋)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ(BiSH)、長野凌大(原因は自分にある。)、林田洋平(ザ・マミィ)、森田美勇人が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全53枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

かが屋・加賀翔【QJWebカメラ部】

Written by

加賀 翔(かが屋)

(かが・しょう)1993年生まれ。マセキ芸能社所属のお笑い芸人。賀屋壮也とのコンビ「かが屋」のメンバー。『キングオブコント2022』に2019年以来、3年ぶりに2度目の決勝進出。レギュラー番組『かが屋の鶴の間』(RCC-ラジオ)、『かがやけ!ミラクルボーイズ』(テレビ神奈川)、初小説『おおあんごう』..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太