オードリー若林「本物の変態って普通の格好してる」ナイツの“転機”を作った土屋のヤバい行動(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『しくじり先生』

ナイツが「漫才協会」のしくじりについて授業。

漫才協会は、1955年に前身となる「漫才研究会」が結成されたのが始まり。塙「え? (初代会長の)リーガル万吉知らないんですか?(笑)」。

80年代にはツービートも所属し、師匠イジリネタの漫才も行っていたそう。しかし約20年前、ナイツが加入した際には「ナイツ、終わったな。もうテレビに出られないな」などと言われたという危機的状況。

そんななかで師匠たちが試行錯誤。『M-1グランプリ』を模して『漫才新人大賞』を開催。

だが、2002年の第1回の出場は6組だけ。ロケット団が優勝し、第2回は7組でナイツ、第3回に至っては7組で、優勝は「該当者なし」だった。「全員スベった(笑)」と土屋。

仕方なく協会以外にも門戸を広げると、ハマカーンが襲来。優勝をかっさらい、賞金だけを持って行かれてしまう。

2005年には『はねトび』に影響を受け、おぼんこぼんのおぼん発案で、新人大賞優勝者の4組(ナイツ、ロケット団、ホンキートンク、宮田陽・昇)によるユニット「漫才四天王」を結成。

その直後、Wコロンが「なぞかけ」でブレイクすると、「浅草三銃士」(ナイツ、ロケット団、Wコロン)になるも、さほど話題にならず。

一方、同じ年、つくばエクスプレスが開通した上、『タイガー&ドラゴン』による浅草の演芸ブームでにわかに注目を浴びると、ナイツは「浅草といえばナイツといわれるようになろう」と決意。漫才協会から売れた芸人が誰もいないなら、逆に「遠回りのようで近道じゃないか」と。

そして2007年、塙が史上最年少理事に。実は選挙がある総会のときに塙が遅刻し、土屋が悪ふざけでまわりの若手をけしかけ、塙に投票したことがきっかけ。5票入り、当選ラインではないが、師匠がこれを見て「若手の中で人望があるのではないか」と大抜擢したのだという。

その土屋のヤバい行動に「本物の変態って普通の格好してるんだよな(笑)」と若林。けれど思い返すと、この「漫才協会・理事」という肩書はかなりインパクトがあった。「浅草=ナイツ」というイメージが浸透する大きな起爆剤だったように思う。

その翌年の2008年、ちょうど50年前の1958年に、師匠の桂子・好江が受賞して以来のNHK新人演芸大賞を受賞。さらに『M-1グランプリ』決勝にも進出。

このとき、伊集院は「テレビなんか出たくない」という考えの芸人だと誤解していたそうだが、塙は「出たくてしょうがない」タイプ。塙「テレビ出てる人のほうが100倍おもしろいですよ!」「『演芸場しか出てない人が一番おもしろい』と思ってるかもしれないですけど、全っ然おもしろくない(笑)」。

もはや伝統芸の域まで達したナイツの浅草噺、師匠噺。そんななかで「浅草といえばナイツといわれるようになろう」と決意した熱い部分もあり、聞き応えがあった。

『~手書きMAPで街探検~地図にナイナイTOWN』

浅草をまったく知らないナイナイが、ナイツが書いた手書き地図を頼りに浅草のディープスポットを街ブラロケする番組。ナイナイがコンビでロケするのも新鮮だし、それをナイツがモニタリングしているというのもまた新鮮。

さまざまな「ディープ」なところを訪れるが、最後の指令「ビートたけし伝説が始まった秘密の部屋を拝め!(※お笑いゾンビに注意)」で行った浅草東洋館がやはり強烈。塙「結局、一番ディープな人って東洋館にいる(笑)」。

ものまねのはたけんじの案内で、たけしが寝泊まりしていた部屋に。が、その途中、にゃん子・金魚やビックボーイズら「お笑いゾンビ」たちが行く手を阻む。師匠たちのしょうもないギャグに、塙「テレビなめんなよ!」。

中でも、東京二がすごかった。同じことを聞いたり、昔の苦労話をしたり、話が止まらない。「師匠のその話はあと何分で終わる?」と矢部らしい制し方をするも、まだまだ止まらない。

結局、36分経ってようやく強引に退出。土屋「観てるだけで疲れる。ナイナイさんの負担、半端ない」。

違うタイプの「過酷」なロケだった。


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太