「女房・子供を泣かしていい時代じゃない」ハチミツ二郎の「二刀流」な生き方(てれびのスキマ)

てれびのスキマ

テレビっ子のライター“てれびのスキマ“が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。バラエティやドキュメントの中で起こった名場面、名言、貴重な会話の数々を書き留めます。2020年から毎日欠かさず更新中。


『刺さルール!』

ハチミツ二郎に密着。2年前に「エロ本」のクラウドファンディングがきっかけでIT会社「ソノリテ」に就職し、2足のわらじを履いているハチミツ。「もしかしたらうちの会社とハチミツさんのシナジーが生み出されていくんじゃないか」と社長。この「シナジー」というビジネスワードが、その後、大喜利で頻出していくことになるのがおもしろい。

現在は基本週5日、完全フルリモート勤務でゲーム開発の仕事をしているそう。「芸人しかやってこなくて、今、笑いのないものを考えるのが楽しい。使っていなかった部分なんで」というハチミツは劇場の楽屋でも出番ギリギリまでPCで作業をしている。

そんな彼の舞台に上がる前の「ルール」は、「舞台に上がるまで相方と目を合わせない」というもの。ギリギリまで別の仕事をして、いざ本番になっても舞台で初めて相方と目を合わせ、その場でネタを伝える、いかにも“ザ・芸人”の佇まい。

ハチミツが吉本の劇場のトリ、つまり「ショーストッパー」であることや、かつてはタイタンライブに出ていたなどといったことを「(ハチミツの)本を読んだから知っている」と嶋佐がしきりにアピールするのが伝わらなかったのか、無視されてしまいシュンと哀しい顔になっているのがやたらおもしろかった。

サラリーマンとして、ITという最先端な会社できっちり働きながら、芸人としては、昔気質の芸人然としているハチミツがたまらなくカッコいい。ハチミツ「芸人も女房・子供を泣かしていい時代じゃなくなっているんですよ。そうなったら二刀流でいいんですよ」。

『千鳥かまいたちアワー』

「バカップル」企画ビーチ編ということで、VTR合間に千鳥、かまいたちの4人が恋愛話などを回想する展開に。

結婚する際、貯金がまったくなかった大悟は吉本から結婚式用に300万借金。それを3日で使ってしまったという最低エピソード。「もう1回初めてみたいな顔して行って」もう一度借金を頼むと「お前、3日前にも来たよな?」などと言われつつも貸してもらえたそう。しかもなぜか増額し500万。ノブ「一生、吉本おれよ!」。

濱家は奥さんと付き合いたてのころは借金もあったそうで、それでも後輩と居酒屋に行った際は、会計の時間になると彼女に電話。一緒に飲むみたいな振りをして、お金を濱家のポケットに入れてくれていたという。ノブ「浅草キッドの話じゃ!」。

逆ナンのエピソードでは、大悟が20歳くらいのとき、バーで飲んでいたらキレイな30歳くらいの女性から「ちょっと一緒に飲まない?」と誘われた話。彼女は京都の芸者さんだったそうで「1週間後にご飯行かない?」と言われ、お金もないのにがんばって大阪のしゃぶしゃぶの店に連れて行ったそう。帰り際、「あんたまだ女にカッコつけるようじゃダメよ」と背伸びしているのがバレバレで諭されたという。そんな“いい女”との遭遇エピソードに、ノブ「この話を聞いて俺は芸人になろうと思った」。こちらも昔気質の芸人エピソード連発。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太