ボケ方に悩む真空ジェシカにオードリー若林「一生懸命やる人が世の中に好感持たれる」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『あちこちオードリー』

若手芸人たちを招いて「思ってたのと違う発表会」。真空ジェシカは「生放送が生過ぎる」と明らかに『ラヴィット!』の話。「収録の番組はウケたところだけ使ってくれるからたくさんボケて、その中でいいやつを使ってもらうスタイル」だというが同じ気持ちで生放送の『ラヴィット!』に参加してしまったそう。

「このスタイルをつづけたほうがいいですか?」と相談するガクに若林は「いやー、責任持てない」と返答。楽屋ではゾフィー上田に「このままだとお前たちはスーパー3助みたいになるぞ」と言われたという。

今後、人間味を出す商店街ロケのような仕事が来るはずだという若林は「お笑いお笑いした番組しか観てないと、一生懸命やる人が世の中に好感持たれるってわかんないでしょ?」「休日イオンに行く家族が観てるんだよ、テレビって」と諭すと川北「そういう人たちも僕は“逆ニッチェ”で喜ぶと思ってた(笑)」。

若林を「アニキ」と呼ぶコットンは「芸能界の強力な陰キャの勢力」がすごくて「ミラクル陽キャタイプが呑まれようとしてる」と主張。なんのてらいもなく自らを「ミラクル陽キャ」と呼ぶ西村。

「同じことを言っても陰キャのほうが説得力、信頼性が生まれるのって、すっごくよじれてる」「今、テレビおかしいっす! 穿った見方するのもうよくないっすか?」「若林さん明るかったら『M-1』行ってない」などとイキイキとまくし立てる。

それに対してツッコまれていちいち困惑顔になるのがおもしろい。若林が陰キャだとして春日はどっち?と聞かれ西村は、春日は本当は陽キャ全開でいきたいけど、若林が隣にいるから「何もできてない」と回答。オードリーは「陰」と「無」。

『水曜日のダウンタウン』

「芸人が今までで一番スゴいと思ったコメント調査」第2弾。山内は『アメトーーク!』で瀬下が激辛料理を食べたときに、プラス・マイナス岩橋が「ミスチルの桜井」にたとえたひと言。

現場がウケ過ぎて濱家は自分が言ったと思っていたそう。さらに、山内は山内で「あれ俺が言ったやん」と思ってたという。みんな「バチンとハマり過ぎて」自分が言ったと思いこんでしまう不思議な現象が起こっていたというのが興味深い。

森田は『水曜日のダウンタウン』で松本人志が遠慮のし合いを表現した「最後の餃子か」。スピードとフレーズの的確さ、短さを絶賛する。やはり「松っちゃん、平場バリ強い」だ。

ザコシは“古典”ともいえる『ガチンコ!』でのオール巨人の「弟子やったら、パンパンやな、お前」。ダウンタウン(浜田はともかく松本まで)が知らないのが驚いた。「何をするのか意味不明。想像力を掻き立てられると思うんですよね。わざとこうしてると思うんですよ。無限のふくらみがあるじゃないですか」というザコシの解説もよかった。

吉村は澤部のコメントを挙げたあと、「コメントは違うが」と前置きした上で、『悪魔の契約にサイン』(2009年1月14日)での有吉vsハマコーを紹介。

有吉がハマコーからアンケートを回収するといったもので、すごむハマコーに「バカはそっちでしょ!」「なんだジジイ、おい!」などと果敢に切り込んでいく。何度見てもおもしろい名作。有吉のギリギリまで踏み込んでいく勇気、その匙加減の絶妙さ、そしてそれが許されるかわいげ、すべてが詰まっている。

こういう芸人の解説付きで過去の名シーンを振り返るっていうのはとてもいい。 


明日観たい番組:『タモリ倶楽部』で「空耳アワー’22スプリング」など

『ザ・ベストワン』(TBS)新企画「ベストワンドロップ」。

『かりそめ天国』(テレ朝)「へぇダービー」ランジャタイvsジョイマン高木vsヨネダ2000。

『全力!脱力タイムズ』(フジ)さらば青春の光・森田&AKB48武藤十夢。

『タモリ倶楽部』(テレ朝)「空耳アワー’22スプリング」。

『ジロジロ有吉』(TBS)「あなたの街でジオキャッシング」。

『A-Studio+』(TBS)間宮祥太朗。

『徹子の部屋』(テレ朝)に、ロバート。

【関連】リアル鬼越ドッキリ「FINAL」に相応しい人選とヒリヒリ感『水曜日のダウンタウン』


この記事の画像(全1枚)



  • 【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ)

    毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2021年のテレビ鑑賞記録。

    #【連載】きのうのテレビ(てれびのスキマ) の記事一覧


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太