『THE W』優勝のオダウエダ植田「得たものよりも失ったもののほうが多い」(てれびのスキマ)


テレビっ子のライター“てれびのスキマ”が、昨日観た番組を記録する連載「きのうのテレビ」。2020年から毎日欠かさず更新中。


『ダウンタウンDX』

『THE W 2021』と『M-1グランプリ2021』のファイナリストたちがゲスト。約1カ月経ってトーク番組1周くらい回っているから、その中の鉄板トークが集まったような内容だった。

『THE W 2021』優勝のオダウエダ。植田は「すごく賛否両論ありまして、得たものよりも失ったもののほうが多い」と振り返り、エゴサすると「賞レース史上最も望まれてない王者」と言われていたと。そうやってエゴサしていることが知れ渡ったため「エゴサ豚」などと言われていたそう。小田はヤンチャしていた少女時代、駆け込み寺に入れられた話。「お母さんに『ご飯食べに行くよ』って言われて、そのまま8時間かけて連れて行かれました。1回パーキングエリアで逃げようとしたんですけど、どうしても逃げれなくてそのまま半年間預けられてました」と経緯を語る。

そんなオダウエダに敗れたAマッソ。「悔しさよりも、なんか11月くらいまでのスケジュールが出るんですよ。またチャレンジせなあかんのかって」とその時の心境を明かす加納。

『M-1グランプリ2021』優勝後、オファーが絶えない錦鯉。渡辺は「朝5時くらいからマネージャーの電話鳴りっぱなしなんですよ。そのバイブしてるのを肴に、マネージャーとタバコ2本吸いました」とその状況を語る。それでも年齢的に長谷川の身体を気遣って仕事をセーブしてくれているというが、実は健康な長谷川よりも、痛風や四十肩を抱えている渡辺のほうが身体がつらい。そんな渡辺のことを加納が「センターマイクまで行くの、いとし・こいしよりも遅い」と形容。加納は錦鯉やモグライダーと仲がいいからか、積極的に話に入って行き、盛り上げていた。

モグライダー芝と植田は同じ清掃会社でバイトしている。ここで働くと女性芸人が売れると言われているバイト先。過去には小田、田辺、あんり、ガンバレルーヤ、ゆめっちなどが働いていたそう。「性欲がエグい」というモグライダーともしげは「天使と性欲が戦ってます」と、これぞともしげな表現。そんな彼は婚約しているが、婚約指輪をAmazonで買ったことをツッコまれ「楽天とかも見たし」と反論。芝「あんまないじゃないですか。婚約指輪が置き配で家に届くって(笑)」。

最後の最後に「畠中、喉仏取れたん?」と松本がオズワルド畠中に振る。実際、最初の話題以来「1回もしゃべってないです」と畠中。伊藤「あのときの青年です(笑)」。

『アメトーーク!』

『M-1』決勝の数日後に収録したという「北海道芸人」。錦鯉・長谷川は「持ってますね」と誇らしげ。タカトシと長谷川という札幌吉本1期生が揃う。ノブコブ吉村は、高校のときに観に行った「空飛ぶいくら」というお笑いライブにこの3人が出ており、それを観てお笑いを目指そうと思ったと回想。トム・ブラウン布川も長谷川に憧れていたという。

20年前、当時30歳の長谷川はコンビを一時解消しピン芸人をしていた。夕方の情報番組『夕方Don!Don!』では「ハセガワフライデー」という名前を冠したコーナーまで持っていたそう(その映像も流れる)。ピン芸人として事務所に入った布川は、長谷川のネタが収録されたビデオテープを「これを100回見ろ」と渡された。「これがピン芸のすべて」だと。そのネタは「のりのりまさのりダンス」。布川「で、去年の『M-1』観たらまだやってたんですよ(笑)」。

「札幌吉本は、圧倒的に完成度の高い正統派漫才のタカトシがいたから、変則的な芸人ばかりになった」とトム・ブラウン。それでもタカトシ、錦鯉、トム・ブラウンと頭を叩く系譜が脈々と連なっているのがおもしろい。『DX』でもそうだったが、長谷川はいかにもおもしろそうなトークの入りをしつつ、オチが尻窄みになってしまいがち。そんなトークについたテロップが「これぞ王者のトーク」。


『家、ついて行ってイイですか?』

以前、渡辺の父親が密着された錦鯉がゲストとして“凱旋”。「ふたりで映画観に行ったことがある?」という問いに「ふたりではダムしか見に行ったことがない」という答えがとても微笑ましい。渡辺は優勝後、初めて自宅に帰ったときのことを振り返る。「そのとき(別の番組の)密着のカメラもついてきてたんですよ。僕はそこから3時間くらい寝たんですけど、起きたら密着のカメラマンと(父が)ずっと酒飲んでました(笑)」。

明日観たい番組:人気コント師たちが夢の共演『ただ今、コント中。』第4弾

『ただ今、コント中。』(フジ)第4弾。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジ)「独身今田に魔王加藤の結婚相談所」。

『千鳥かまいたちアワー』(日テレ)「大悟プレゼンツ!素人スター発掘プロジェクト始動」。

『ゴッドタン』(テレ東)。

『ももクロちゃんと!』(テレ朝)関根勤、小堺一機。

『週刊フジテレビ批評』(フジ)NSC講師・本多正識。

『SWITCHインタビュー達人達』(Eテレ)小島秀夫×野口聡一。

早乙女太一主演×中島かずき脚本『封刃師』(テレ朝)開始。

【関連】錦鯉「僕らをいいと捉えないでほしい」M‐1優勝を経て、若い人たちに伝えたいこと

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太