長州力「形変えてしまうぞ、この野郎!」独特の語彙を披露した『相席食堂』(てれびのスキマ)

2020.4.16
qjweb_tvsukima0416

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

※初出時、記事タイトルに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

昨日観た番組:なんだかんだちゃんと“野球”になっている『相席食堂』の野球対決

『相席食堂』、野球対決。この企画が始まったとき、まさか本当に試合が開催されるなんて思ってもみなかった。実況に浅越ゴエ、ウグイス嬢にプラス・マイナス兼光という盤石な布陣。ついでに審判には謹慎中、アマチュア野球公認審判員の資格を取得していたインパルス堤下が。ベンチには「ちょっと待てぇ」ボタンが設置されている。

板東英二が投げるときだけ硬球だとかめちゃくちゃなルールにもかかわらず、途中までまさかの1点を争う締まった展開。ちゃんと“野球”になっている。

なぜか「解説」として参加した長州力が「助っ人」として登場した武藤敬司に「形変えてしまうぞ、この野郎!」。この独特な語彙が最高! 『ドカベン』殿馬ばりの“秘打”を使うミヤちゃんやら、「”履正社”の下半身」を持つイルローザやら見どころたくさん。最後は「野球中の大悟はただの緊張しいやから」とノブが評すピッチャー大悟が自滅し、試合を壊してしまったけれど、終始楽しかった。

『ヒルナンデス!』テレワークでコンビごとに距離を取る出演ってことを逆手に取って、遊びまくるオードリー。

『有吉の壁』これまで“編集の壁”をなかなか超えられなかったアルコ&ピースが大活躍。「ブレイク芸人選手権」では、チョコプラが「TT兄弟」につづき、またも「Mr.パーカーJr.」(ネーミングも素晴らしい!)という秀逸なキャラを発表。とにかく明るい安村による「安村&ハンガーラックペア」もバカバカしくて最高だった。

『家、ついて行ってイイですか?』「ゆうゆ」好きで80年代に生きる「永遠の17歳」の古本屋店員(24歳)、高橋由伸を愛する21歳女子体育大生、マンガ雑誌が何重にも積み重なった家に住む54歳の塾講師……と、みんな好きなものに囲まれて幸せそう。

『水曜日のダウンタウン』、「コウメ太夫にネタのダメ出しされた後輩、誰一人何一つ直さない説」コウメのズレたアドバイスはそりゃさすがに聞かないよなあと思っていたら、ちゃんとバイきんぐに的確なアドバイスをもらい、それをそのままコウメが伝えるという方法を取っていてさすがだった。

今日観たい番組:23時台の『有吉クイズ』、徘徊しない『夜の巷を徘徊する』など

前回、ド深夜でやりたい放題の限りを尽くした『有吉クイズ』(テレ朝)が23時台で放送。

『夜の巷を徘徊する』(テレ朝)はこのご時世からか徘徊せずスタジオのパソコンで妄想徘徊。マツコ、こういうの得意そうだからおもしろそう。

『勇者ああああ』(テレ東)は「巻き戻しノーミスチャレンジ」にラランド、ななまがり、さらば青春の光。

BSプレミアム『ダークサイドミステリー』は「八甲田山遭難事件 運命の100時間」。


この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

ARTICLE LIST

てれびのスキマさんの関連記事一覧

てれびのスキマさんの
新着・人気記事をお知らせします。