【きのうのテレビ:4/9】『有吉の壁』と『ダウンタウン』がある水曜日は最強(てれびのスキマ)


毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる新連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

※全録レコーダーで順次視聴しているため、昨日観た番組は必ずしも昨日オンエアされたものに限りません。


昨日観た番組:「ゴールデンだから!」の力技『有吉の壁』

『有吉の壁』、まさかのゴールデンタイムでのレギュラー化。心配された「ゴールデンだから」内容がマイルドになることもなく、下ネタがあっても有吉が「ゴールデンだから!」とツッコミを入れながら大笑いすることでOKにしてしまう力技。
レギュラー初回の舞台は5年前の特番初回同様、熱海。さすが、熱海、びっくりするほど協力的。パンサーやとにかく明るい安村ら初回を思わせるネタも仕込んでただひたすら楽しい。今のテレビでこの番組が放送されているのは希望以外何ものでもない。MVPはパンサー。納得。

『水曜日のダウンタウン』、「『明日、週刊誌にスキャンダル記事が出る』とマネージャーから聞かされても、プロなら一切表に出さずにその日の仕事やり切れる説」にナダル、パンサー尾形、安村という『有吉の壁』と重なる人選。未成年飲酒のスキャンダルという設定が絶妙。実際に年齢確認はしてるんだなあっていうのが妙に感心した。口頭だから意味ないけど。
追い詰められた尾形が、ほかの後輩をかばう男気はよかった。「どれだけ運動神経が良くても未経験から一発で棒高跳びは不可能説」、SASUKE軍団が来るのは予想どおりだったけど、まさかの感動作に。

『有吉の壁』と『水曜日のダウンタウン』がある水曜日は最強。

『家、ついて行ってイイですか?』。厚労省の感染症対策を担っている父の優雅な生活と理想的ともいえる円満な家族の話が展開されたあとで、「でも夫婦間(の仲)はよくないんですよ」と兄が言い出し、母が登場すると父の表情があからさまに変わるのがスゴかった。

今日観たい番組:『アメトーーク!』『勇者ああああ』など

『アメトーーク!』(テレビ朝日)は「立ちトーーク」に金属バットが。

『勇者ああああ』(テレビ東京)は新企画「トレジャーハンター326」。地下芸人が出てくるとのこと。

爆笑問題・田中が新MCとなる『秘密のケンミンSHOW 極』リニューアルスタート。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

てれびのスキマ

Written by

てれびのスキマ

1978年生まれ。ライター。テレビっ子。著書に『タモリ学』(イースト・プレス)、『1989年のテレビっ子』(双葉社)、『笑福亭鶴瓶論』(新潮社)、『全部やれ。日本テレビ えげつない勝ち方』(文藝春秋)など。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太