【きのうのテレビ:4/1】中居父とタモリの交流、志村イズムを継承する千鳥(てれびのスキマ)

198
2020.4.1


毎夜ライフワークとしてテレビを観つづけ、テレビに関する著書やコラムを多数執筆する、てれびのスキマによる新連載。昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、2020年のテレビ鑑賞記録。

※全録レコーダーで順次視聴しているため、昨日観た番組は必ずしも昨日オンエアされたものに限りません。

昨日観た番組:『世界仰天ニュース』など

『世界仰天ニュース』にタモリ。サプライズで登場するはずが、中居が鶴瓶に向かって「タモさん」と呼んでしまいバレバレに。彼が珍しく凡ミスするほど、うれしかったんだろうな。

思えば、3月31日は、ちょうど6年前『笑っていいとも!』がグランドフィナーレを迎えた日。その日にタモリ、中居、鶴瓶が揃うのは感慨深い。しかも、中居にとってはジャニーズ事務所所属最後の日。その餞(はなむけ)にタモリはほとんど出ることがなかった日テレに登場したのだろう。せっかくスタジオにタモリがいるのに番組の性質上仕方ないけど、VTRが長くてスタジオのトークが短いのは残念。でも、中居父とタモリの交流が写真つきで紹介されたりしてよかった。父の最期のエピソードは優しさにあふれてて泣ける。

『バナナサンド』にバナナマンの盟友・バカリズム。「大喜利にらめっこ」はいかにも“シオプロ印”(※)。本人たちも言っていたけどかつてはテレビ的ではないと言われていたふた組がテレビで楽しそうなのはそれだけでグッとくる。

※シオプロ:『リンカーン』『ゴッドタン』『テラスハウス』『水曜日のダウンタウン』など、主にバラエティ番組を手がける制作会社。

ドラマ『死にたい夜にかぎって』最終回。今期はやや低調だった連ドラの中にあって、音楽を含めめちゃくちゃ好きなドラマだった。こういう賀来賢人は新鮮でいい。

『テレビ千鳥』今回から火曜24時台に。ノブの大根演技に「8杯目のハイボール」「モンゴル恋愛ドラマ」などと的確にたとえてツッコんでいく大悟。演技中、チラチラとカメラを見ちゃうノブが可笑しい。その後、放送された『志村でナイト』から『千鳥の大漫才』へつづくラインナップがまさかこんなに意味を持つことになるとは。志村イズムを継承するかのよう。

今日観たい番組:『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』

なんといっても深夜に『ハイパー ハードボイルド グルメリポート』(テレビ東京)の新作があります! 必見!

フジテレビで志村けん追悼番組。

『いまだにファンです!』『すじがねファンです!』から再びリニューアルされた『ひかくてきファンです!』(テレビ朝日)がスタート。それぞれのファンを比較するというコンセプトがこれまでのこの番組のよさを消しちゃわないか不安ですが……。

『ネコメンタリー』(Eテレ)は脚本家・尾崎将也。尾崎将也といえば、『マツコ会議』に濃厚キャラの夫人が出てたけど、今回は登場するか?


てれびのスキマ

WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ