森田美勇人「宣言」【QJカメラ部】

森田美勇人【QJWebカメラ部】

文・撮影=森田美勇⼈


写真を撮ることにこだわりを持つアーティストや俳優・声優による連載「QJカメラ部」

土曜日はアーティスト、モデルとして活動する森田美勇人が担当。2021年11月に自身の思想をカタチにするプロジェクト「FLATLAND」をスタート、さらに2022年3月には自らのフィルムカメラで撮り下ろした写真をヨウジヤマモト社のフィルターを通してグラフィックアートで表現したコレクション「Ground Y x Myuto Morita Collection」を発表するなどアートにも造詣が深い彼が日常の中で、ついシャッターを切りたくなるのはどんな瞬間なのか。


この先の一年に向けて

森田美勇人【QJWebカメラ部】
写真=森田美勇人

第85回。

2024年度、初回。

今年は1日からさまざまな出来事があった。

自然現象の影響力を改めて痛感し、生き物としての儚さを考えさせられた。

以前、能登半島で出会ったみなさんから送られてきた現在の街の写真を見て、言葉が出なかった。

心が鳴り止まず、ざわついている。

確実にくらっている。

この先の一年間に不安と焦燥を感じている。

だがそれでも、今朝、目を覚ましてやけに澄みきった陽光を浴びたとき「ただ、生きるのだ」。

そんな清々しい気持ちにさせられた。

意味は誰にもわからない人生という道を歩む。

なぜか苦しいけど、悔しいけど、うれしいけど。

なぜかはわからないまま日々を繰り返していく。

懸命に生きる。

なぜかわからないが歩む人の背中を押せる自分なりのことを猛烈に取り組みたい。

心がそう言っている。

今年は自分の表現で人々にエネルギーを与えたい。

生身の底力で存分に伝えたい。

被災した方々の姿から底知れぬパワーをいただいたから。

ありがとう。

がんばろう。がんばろう。

自分史上最高の一歩を踏み出す年にしようと思います。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

NAOYA(ONE N’ ONLY)、中山莉子(私立恵比寿中学)、セントチヒロ・チッチ工藤遥森田美勇人南條愛乃が日替わりで担当し、それぞれが日常生活で見つけた「感情が動いた瞬間」を撮影する。


この記事の画像(全118枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

森田美勇人

Written by

森田美勇⼈

(もりた・みゅうと)1995年10⽉31⽇⽣まれ、アーティスト/モデルとして活動。多数のブランドでビジュアルモデルを務め「Ground Y」ではGround Y x Myuto Morita Collectionを発表した。2021年11⽉、⾃⾝の思想をカタチにするプロジェクト「FLATLAND」を..

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。