「好きなクイズ番組」1位は?親子で楽しめるあの人気番組が全年代トップを獲得

2022.8.29

文・編集=QJWeb編集部


10~70代の男女1000人を対象に行われた「クイズに関する調査」(クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ)の結果が発表された。


毒舌キャラが幅広い層から支持

「現在放送中のクイズ番組」で好きな番組を聞いたところ、『チコちゃんに叱られる!』と回答した人が35.9%で1位という結果となった。5才の“チコちゃん”の歯に衣着せぬキャラクターや、身近な疑問を解消してくれる番組内容に魅力を感じる人が多いと推測される。

つづいて、2位『ネプリーグ』(27.4%)、3位『芸能人格付けチェック』(24.0%)となった。

クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ「現在放送中のクイズ番組で、好きな番組」

年代別にみると、60代・70代(284名)では1986年放送開始の『世界 ふしぎ発見!』(32.7%)が2位となった。シニア世代は、ミステリーハンターがレポートする世界各地の“ふしぎ”を解答者が読み解いていく教養クイズ番組を、長きにわたり楽しんでいる人が多いことがうかがえる。

クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ 「現在放送中のクイズ番組で、好きな番組」

家族みんなでチャレンジできた人気番組が1位

さらに、平成・昭和に放送された往年のクイズ番組で、好きだったものを聞いたところ、解答者が生徒役となり教科別の問題にチャレンジする設定で、家族みんなで楽しめる人気番組だった『平成教育委員会』(35.8%)が1位となった。

次いで2位は『なるほど!ザ・ワールド』(33.7%)、3位は『アメリカ横断ウルトラクイズ』(33.1%)、4位は『連想ゲーム』(31.2%)、5位は『クイズダービー』(30.1%)となった。

クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ「平成・昭和に放送された往年のクイズ番組で、好きだった番組」

年代別にみると、10代~30代(428名)では出演者の珍解答が名物だった『クイズ!ヘキサゴンII』(30.6%)が1位、みのもんたの“ファイナルアンサー?”のセリフで知られる『クイズ$ミリオネア』(23.1%)が2位という結果になった。

40代・50代(288名)では1位『アメリカ横断ウルトラクイズ』(52.1%)、2位『なるほど!ザ・ワールド』(51.4%)、60代・70代(284名)では1位『連想ゲーム』(63.4%)、2位『クイズダービー』(56.0%)だった。

クイズの総合商社 株式会社キュービック調べ「平成・昭和に放送された往年のクイズ番組で、好きだった番組」

【関連】「お笑いクイズランド」(三日月マンハッタン仲嶺)平日毎日更新中!


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太