直前『M-1グランプリ2020』審査員よりベテランもいるファイナリストを全組徹底解説

全ファイナリスト事前徹底解説

年に一度、コアなお笑いファンはもちろん、そうでない方も漫才を楽しむ日『M-1グランプリ』。どうせ観るなら、それぞれのコンビの特徴やバックボーンを知って、より番組を楽しんでほしい。

そこで、お笑い評論家のすが家しのぶさんに、今大会のファイナリスト全9組について事前解説をしてもらった。これを読んだあなたは、今日の『M-1グランプリ』をより楽しめること、間違いなし!

©︎M-1グランプリ事務局

連続出場組の今までの雪辱/見取り図・オズワルド・ニューヨーク

どうも、すが家しのぶです。今回は、本大会のファイナリストたちについて、改めて振り返っていきたいと思います。観戦する際の参考にでもしていただければ幸いです。

まずは、昨年大会から連続して決勝進出を果たした3組から。

今大会唯一の3年連続で決勝進出となったのは見取り図。「あたおか」などに代表されるキラーワードの精製を得意としたコンビです。過去2大会での成績はさほど芳しくはありませんでしたが、18年大会で9位、19年大会で5位と、その評価を確実に上げてきています。今年こそ、さらに上位に食い込んで記憶に残る活躍が観たいです。

2大会連続で決勝進出を果たしたのは、シニカルな視点のネタで高い評価を得ているニューヨークと、ロートーンな語り口の漫才が“新・東京スタイル”と称されているオズワルド。前大会では、ニューヨークはトップバッター、オズワルドは優勝したミルクボーイの直後と、それぞれ順番に恵まれなかったコンビという印象があります。事実、ニューヨークは最下位、オズワルドは7位と、どちらも振るわない結果に終わりました。

しかし、あれから1年間、彼らは着実に力をつけてきました。特にニューヨークは、『キングオブコント2020』において総合2位の好成績を収め、その非凡な才能が花開こうとしています。共に昨年大会での雪辱を果たせるか。

返り咲きの2組/アキナ・マヂカルラブリー 


この記事の画像(全3枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

すが家しのぶ

Written by

すが家しのぶ

(すがや・しのぶ)1985年生まれ、香川県出身。お笑い評論家。フリーペーパー『SHOW COM』誌上でお笑い芸人DVDレビュー『神宮前四丁目視聴覚室』連載(Vol.1~Vol.28)。『立川談志落語集成 1964-2004』土橋亭里う馬、『東宝名人会 立川談志大全集』毒蝮三太夫・野末陳平、各インタビ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太