『金スマ』太田プロ大集合、劇団ひとりが同期の有吉へ抱いたライバル心を吐露

2021.10.1
キンスマ(金曜日のスマイルたちへ)

文・編集=QJWeb編集部


10月1日(金)放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)では、事務所シリーズ第4弾として「太田プロ大集合SP!」を開催。太田プロダクションから、ダチョウ倶楽部、土田晃之、劇団ひとり、指原莉乃、具志堅用高、野呂佳代、神奈月、アルコ&ピース、宮下草薙、ヴァンゆんが登場する。

【関連】アルピー平子が語る、酒井健太の「おもしろがられ力」と「許され力」


再集合した 「竜兵会」 に有吉も参戦

これまで、人力舎、ワタナベエンターテインメント、青二プロダクションを特集し、どの回も大好評だった本企画。今回は太田プロダクションを特集する。

総勢250名以上のタレントを抱える大手芸能事務所である太田プロダクション。そのなかでも多くのバラエティ番組で活躍し、お茶の間でおなじみとなっている芸人が、有吉弘行と劇団ひとりだ。意外と知られていないが、実はふたりは同じ日に入所した完全同期。

そんな彼らは、実はライバル関係にあるという。かつてふたりはある同じ番組のオーディションを受けたのだが、なんとそれは、有吉が出演し当時社会現象を起こした『進め!電波少年』(日本テレビ)のヒッチハイクの旅。「悔しくて、悔しくて……」と、普段はめったに語らない有吉へのライバル心を劇団ひとりが吐露する。

そのほかにも、太田プロにまつわる伝説の数々を紹介。今回は特別に爆笑問題も出演。太田プロにスカウトされ、デビューしたときの秘話を告白する。ビートたけし、山田邦子など、過去に太田プロに所属していた大御所のエピソードも。

また、つい最近まで行われていた「給料手渡し制度」の実態も解明。宮下草薙が大失態を犯した、大御所俳優へのインタビュー映像も必見だ。

さらに、ダチョウ倶楽部の上島竜兵を中心とした「竜兵会」が再集合し、有吉弘行も参戦。還暦を迎えた上島にメンバーからプレゼントが送られる。そのお礼に上島からも手紙が送られたが、その内容とは。

現在大手芸能事務所へと成長した太田プロの誕生秘話を、超豪華俳優陣により再現ドラマ化。プロダクションを作った夫婦を演じるのは、太田プロ所属の大島優子とつるの剛士。さらに太田プロ俳優部の全面協力で、再現ドラマのクオリティを超えたスペシャルドラマが完成した。

『中居正広のキンスマスペシャル』

放送日:10月1日(金)夜8:57〜10:54
MC:中居正広
出演者:ダチョウ倶楽部、土田晃之、劇団ひとり、アルコ&ピース、宮下草薙、 指原莉乃、具志堅用高、神奈月、野呂佳代 ヴァンゆん
VTR出演者:伊東四朗、片岡鶴太郎、爆笑問題、安田和博(デンジャラス)、有吉弘行
再現VTR出演者:大島優子、つるの剛士


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ



Written by

QJWeb編集部

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太