アイドルが水着で頂上決戦『週刊SPA!』と『TOKYO IDOL FESTIVAL 2021』がコラボ企画開催!

2021.9.30

文・編集=QJWeb編集部


『週刊SPA!』10月5日号(9月28日発売)では、10月1日(金)~10月3日(日)に行われる世界最大級のアイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2021』(以下、『TIF2021』)とのコラボイベントが実現。「水着でアイドル頂上決戦」を開催する。

6組のアイドルグループから選抜メンバーが登場

今回の企画では、『TIF2021』に出演する6組のアイドルグループから、それぞれ1名ずつ選抜メンバーが誌面で水着グラビアを披露。誌面にある投票用紙での投票数を競う。優勝者が所属するグループには、表紙出演権、インタビューページへの出演権がプレゼントされる。

エントリーするのは、SOLのこはる、バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIの甘夏ゆず、//ネコプラ//の碧島ゆりな、なんキニ!の小野寺綾音、ナナランドの峰島こまき、アップアップガールズ(仮)の工藤菫の6名。メンバー全員での出演をかけ、熾烈な投票バトルを繰り広げる。

■エントリーNo.01 SOL こはる

こはる


SOLは、メンバ一を「シネマティックエンターテイトクルー」と呼んでいて。ライブはアップチューンからダークな曲まで幅広い楽曲を駆使して、映画を観ているような感覚が楽しめます。
コロナの影響で、あまりライブや新曲リリースができないですが……。私がツインテールの画像を”ロリコンほいほい”って投稿したらSNSで少しバズって。別のグラビアのお仕事にも繋がったので、日々アピールしてます。
アニメっぽい歌声だし、よくしゃべる小学生とか言われることが多いけど、目指すはセクシーロリ。ロリコンじゃない方も投票お願いします!

■エントリーNo.02 バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI 甘夏ゆず

甘夏ゆず


久しぶりのグラビア撮影で緊張しました。自信のあるパーツは強いて言うならお尻かなぁ。最近は自粛による運動不足で、ちょっとプニプニしていて恥ずかしいけどお尻は丸くてかわいいかなって(笑)。
バンもん!がほかのアイドルと違う部分は、メンバーそれぞれが波瀾万丈な人生経験のあるグループだからこそ表現できる心の内面や精神性。リーダーのみさこが書く歌詞は、性別や世代に関係なく、前向きになれると思います。普段は良いととのいを求めてサウナ巡りをしたり、お酒やラーメンが大好き。近い趣味を持つ方にも親近感を持ってもらえるとうれしいです!

■エントリーNo.03 //ネコプラ// 碧島ゆりな

碧島ゆりな


私の特技は歌でもダンスでもなく、おしゃべり。昔は陰キャで口下手だったけど、ファンの方に笑ってもらえるのがうれしいんですよ。ファンの方とお話をする時間のためにアイドルしているくらい楽しいです。
ちなみにこの企画、「出ます」って言うのけっこう勇気がいるんです。大敗したらヤバい! と思うし……。だけど、//ネコプラ//は、誰かががんばっていたら全員ががんばれるグループ。それにそういうアイドルのほうが応援したいって思うじゃないですか。だから、やるからには本気でやります。勝ってブレイクのきっかけを掴みたいです!

■エントリーNo.04 なんキニ! 小野寺綾音

小野寺綾音


実は、水着グラビアはグループ初! メンバーに今回のことを伝えたら「ついに綾音が水着に……」とザワついていたけど、応援してくれました(笑)。撮影前日はライブだったからご飯をいっぱい食べるつもりだったけど、我慢してできるだけいい状態で撮ってもらってます。
10月には20歳になるので、10代最後の“本気”を伝えたい! スタイルがいいわけじゃないのでアピールポイントが浮かばないんですが、ファンの人には「美脚」って言ってもらえますね。あと、撮影で「胸の形がキレイ」って言ってもらえたので、売りにしていけたらって思います。

■エントリーNo.05 ナナランド 峰島こまき

峰島こまき


去年、ナナランドは新体制になって初めてのTIFだったんです。だけど、オンラインだったから新メンバーはファンの方がいるTIFは今年が初めて。それに初期メンバーの卒業も来年1月に決まっているので、現体制で出られるのは今年で最後なんです。
表紙争奪系の企画は過去に1回出たけど負けちゃって……。応援してくれたメンバーにもファンの方にも何も返せないのがトラウマで避けていたんです。でも、ナナランドが好きなので、今できることは挑戦しようって。
将来的に写真集も出したいので、それにつながるチャンスをこの企画でつかみたいです!

■エントリーNo.06 アップアップガールズ(仮) 工藤 菫

工藤菫


アプガはほかのアイドルさんと比べてライブが激しくて、日頃からジムで鍛えてはいたんですが、この企画が決まってからはアイドルっぽいグラビアより「いっそムキムキなほうに振り切ろう!」と思って、かなり鍛えてきました!
アピールポイントはお腹のくびれ。そこに注目して見てくれたらうれしいかな。
私はグループの中で一番身長が高くて、金髪で目立つと思うので、目印のような存在になれたらうれしいです。去年、新体制になってからTIFに出るのは初めて。新しくなったアプガを見たことない人も多いと思うので、この機会にぜひ一度見てみてほしいです!


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全8枚)


  • 『週刊SPA!』(10月5日号)

    投票方法
    『週刊SPA!』(10月5日号)誌面にある投票券に推し番号を記入したものを、はがきに貼る。
    住所、氏名、年齢、電話番号を記載の上、下記住所宛までお送り下さい。
    〒105-8070 東京都港区芝浦 1-1-1 浜松町ビルディング10階
    (株)扶桑社 週刊SPA!編集部 “水着でアイドル頂上決戦”係
    ※応募締め切りは10月23日(土)消印有効。複数枚の場合は封筒での送付でも構いません。

    関連リンク


Written by

QJWeb編集部

ARTICLE LIST

QJWeb編集部さんの関連記事一覧

QJWeb編集部さんの
新着・人気記事をお知らせします。