ラバーガール2年5カ月ぶり単独ライブ『史上最高の夏!』追加公演&生配信鑑賞のチャンス!

2021.8.7
ラバーガールサムネ

文・編集=QJWeb編集部


何観てもおもしろい、完成度の高いコントといえばラバーガール(プロダクション人力舎所属)。久々の単独ライブに追加公演決定、生配信でも観られる回もありという耳寄りな情報です。


進化するラバーガールの世界を目撃せよ

来る8/26(木)~28(土)に本多劇場(初)で、2年5カ月ぶりの単独ライブ『史上最高の夏!』を開催するラバーガール(飛永翼、大水洋介)。好評を受けて急遽決定した追加公演(8/27(金)14時開演回)に加え、本日8/7(土)から生配信用(8/28(土)16時開演回)チケットを発売。

ラバーガール
ラバーガール(左=飛永翼/右=大水洋介)

『QJWeb』では以前、新幹線の改札で切符をなくしてしまい、2019年から改札口を出られないという大水を待ちつづける飛永が「大水がはやく切符を見つけられますように」と応援するTシャツを制作して売るというイベントを紹介した。

イベント開催直前、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、通販のみの展開となったのは惜しまれるが、長期に及ぶストーリーを背景とした異彩を放つ活動は、ラバーガールの世界の拡大を見る思いだった。

最近では、公式チャンネルで公開中の『ドラマ「孤独のグルメ」をストーリー重視で観てる人』がバズり中。インタビュアーに徹する飛永と、それに飄々と答えつづける大水が作り出す「現実と少し違う不思議な世界に迷い込んだような」笑い。ラバーガールの繰り出す笑いは、進化ししつづけている。

ドラマ「孤独のグルメ」をストーリー重視で観てる人【ラバーガール新ネタ】

劇場でも生配信でも、進化するラバーガールを目撃できるこのチャンスを観逃す手はない。


この記事の画像(全3枚)




関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太