「意識を失っている女性にキス」「7人の男性のために料理と掃除」童話をフェミニズムで見るとOUTだらけ?

2021.6.19

「意識を失ってる女性にキスするなんて、ぞっとする」「お金持ちになる方法は、王子との結婚だけじゃない」──童話の名作をフェミニズムという観点から語り直した童話集『シンデレラとガラスの天井』(太田出版)が6月26日に発売される。


人魚姫、眠り姫、白雪姫、シンデレラ、美女と野獣、親指姫などが……

同書は、アメリカの女性コメディ作家、ローラ・レーンとエレン・ホーンが、世界中で親しまれているストーリーをフェミニズムという観点から捉え、“改変”を試みたものだ。取り上げたのは、『人魚姫』『眠り姫』『白雪姫』『シンデレラ』『赤ずきん』『ラプンツェル』『ピーターパン』『美女と野獣』『親指姫』など、誰もが知る物語ばかり。それらが、「眠り姫の本当の目覚め」「白雪姫と7つの無自覚な差別」「シンデレラとガラスの天井」「美女と野獣と語られなかった誘拐被害者」「親指姫の自立」といったタイトルで、新たなストーリーへと生まれ変わっている。

「はじめに」では、以下のように綴られている。

〈昔むかし……「おとぎ話」とは童話の皮をかぶった父権制社会のホラー・ストーリーでした。7人の男性ルームメイトのために料理と掃除をさせられる女性。少女をつけまわし、家宅侵入したあげく、2件の殺人を犯すオオカミ。毛むくじゃらの誘拐犯に恋をした美女。見知らぬ船乗りのために声も友人も家族も捨てた人魚。相手の同意も得ずに眠る女性にキスをする大勢の男たち〉(「はじめに」より一部抜粋)

著者のふたりは「まえがき」で「時代は変わりました。物語も変わるべきでしょう」と宣言し、

「なぜ長い間、男たちに女性の物語を書かせてきたのか? 彼らは私たちを塔に閉じ込めたり、家を掃除させたり、とても眠くさせたりしたのです。この本は遂にそれを正した!」(ローレン・アダムス。女優)
「ウィットに富んだ、今求められているおとぎ話のリブートだ。私たちがこれまで子供たちに何を教えてきたのか、考えさせられる」(ジョー・ファイアストン。コメディアン)

といったコメントが寄せられている。

ローラ・レーンは、コメディ・ライター、ポッドキャスター、パフォーマー、作家。前職はエンタテインメント雑誌の編集者で、共著書『This Is Why You’re Single』はテレビドラマ化され、『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』『ウォール・ストリート・ジャーナル』で取り上げられた。一方のエレン・ホーンは、ライター、俳優、コメディアン。WEBシリーズ『OMGHI』、短編映画『No Limes』を共同執筆し、主演も務めた。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事の画像(全1枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太