やついフェス「公式キャンペーンガール」一次審査通過者によるPR動画一覧

2020.6.15

No.51:オクヤマ・ウイ

よ!オクヤマ・ウイと申します。 詳しくは、動画をみてもらえたらと思います。概要欄と動画どっちを先にみる人が多いのかな? とにかくどんな人間かは、わかるようにしてみました! お菓子を食べがてらでもみてみてください。やついフェスさんをいっしょに楽しめたら嬉しいです!

No.52:宮内優嘉(みやうち・まさひろ)

皆さん、こんにちは。かくちゃんこと、宮内優嘉(みやうち・まさひろ)です。普段は、ラジオ好きの目立ちがり屋の一般人やっています。今は、仕事も恋人もなく、しゃあない、とろい、何にもできない自分ですが、やついフェスという自分が夢を感じるところで、夢を掴めるよう頑張ります。

No.53:りあら

showroom を頑張っています。showroomイベントで数々の1位経験あり。 アイドルソロクイーンコンテスト2020 関西大会1位通過。現在「民謡女子ハピネス組」メンバーとして 各地で活動中。中学1年生、12歳、京都在住。

No.54:ねいちゃん

ねいちゃんです。3さいです。うたうことがだいすきです。ABCのうたとおもちゃのチャチャチャ それとあなゆきのうたがすきです。はしるのもすきです。がんばります!

No.55:元夫婦(村田卓実・村田麻衣子)(むらた・たくみ/むらた・まいこ)

エレ片を元奥さんが眠るときに、子守唄のようにお気に入りのエピソードを毎晩聴きながら眠っていて、それでエレ片を聴くようになり、5年くらい前に離婚しましたが毎週聴いています。
昨年のラジオエキスポでエレ片のステージ「エレ片ウエストサイドストーリー」の壇上に参加させていただきましたが、他の参加者に圧倒され全然活躍できず、せっかく買って読んだやついさんの著書にもサインしてもらいたくても声を掛けるチャンスを見出せず、大変悔しい思いをしました。
今の状況下で大変な挑戦をしているやついさんの一助になることができればと思い、応募させていただきたいと思いました。ウイルス禍で鬱々としている元奥さんもエレ片のために参加してみたいということで、連名での応募でお願いしたいと思います。
村田卓実(元夫)特技:総合格闘技、柔術、関節技/村田麻衣子(元妻)特技:活版印刷、絵を描くこと

No.56:ほろすけ

こんな時だからこそたくさんの人に笑顔や元気を届けたいです! また年齢的にもチャンスが 少なくなって来たので、そのチャンスを絶対に掴み、諦めなければ夢が叶うということを私が証明します!
バスケを12年やっていので根性や情熱は他の人には負けません。わりと何でも体当たりで挑戦できる精神を持っているので、様々な場面で活躍するチャンスを持てるのではないかと思います。また、社会人を経験していたためマナーや社会性は一通り身につけています。
家族や友達を大切にし、人情にあついとよく言われます。そしてTwitterを始めて1年も経たずにフォロワーが1000人近くになり、応援してくださる方がたくさんいます。そんな方々に活躍しているところを見てもらい恩返しをしたいです。よろしくお願いします!

No.57:狸山みほたん

30歳から地下アイドルを始めました。現在は地下アイドル兼ライターという肩書きで活動しています。特技はネットストーキングと似顔絵です。
アイドル活動のほうは、難ありアイドル『オタフクガールズ』という、小道具あり水着ありMC長めのコミックソングを歌う2人組でやっています。ワンマンや主催ライブはトークコーナーやゲームコーナー多め、さながらインディーズお笑いライブと言われることもあります。
それもそのはず、私含めメンバーは元芸人です。 何年かお笑いをやっていましたが、相方が辞めて挫折、ネタは考えられないけど人に笑ってもらったときが一番嬉しいので今のような活動をしています。
ちなみに私の『難あり』な部分はお貧乏なことで、ライフラインは止まりがちで1週間水シャワーで過ごしたこともあるくらいなのですが、理由は完全に収入と支出のバランスが取れていないタイプです。
ライターのほうは、過去はナンパ師を追ってみたりタワマンコンパで乳を掴まれたりと体当たり系の色恋記事が多かったのですが、最近は「アイドルの懐事情」ネタが多く、最近までは「地下アイドル」でググると私が書いた記事がトップに出ていました。 コロナ禍の自粛期間で、改めて文章を書くことが好きだと思いました! 先日はWebの記事コンテストで特別賞をいただいてとても嬉しかったです。
こんな私ですが「こんなやつがいても大丈夫なんだ」って思ってもらうことで、みんなに元気と勇気を与えられたらと思い活動しています! あと笑ってもらえれば最高です! よろしくお願いします。

No.58:藍川さち(あいかわ・さち)

ライブアイドルを3年間していました。ソロで活動していたので、ステージ度胸があり、パフォーマンスとMCのギャップにファンの心を掴むものがありました。 曲によっての雰囲気も変わり、表現力が高いです。
ルックスと普段の雰囲気は、さわやか五朗さんに「沼津のクリオネ」と命名され、透明感と癒しを感じさせます。

No.59:キャナコンドリア

エレ片リスナー歴8年。特技はベースです。noteで小説も書いています。
シブヤテレビジョンさんの新卒面接落ちました! 今年新卒で就職したのですが、2カ月で辞めてしまいました。助けてください!

No.60:根本つばさ(ねもと・つばさ)

普段はテレビ番組の制作会社で、リサーチャーとして働く27歳です。やついフェスには毎年行かせていただいており、ラジオが好きすぎて応募させていただきます。
私は基本的には裏方の人間ですが、先日ミスユニバース埼玉代表を決める大会に出させていただく機会があり、自分が動くことで新たな可能性と出会えるのではと感じるようになりました。 QJWeb賞を狙いたいです。よろしくお願いいたします。

No.61:れいちも

私は部活を中学、高校とやり続けたためスポーツ全般が得意です。なので精神力や体力、元気などには自信があります。また、負けず嫌いな性格で常にやる気で満ち溢れています。
また、お笑いが大好きでみんなを楽しませることが大好きです。将来はこのキャンペーンガールに選ばれ、やついフェスの顔となりフェスを盛り上げていきます。私の熱意ならフェスを盛り上げていく自信があります。

No.62:かわせ課長(かわせかちょう)

普段は会社員としてSEの仕事をしています。 特技はプログラミングとプレゼンテーションです。 コロナの影響で仕事が激減しておりまして、 空いた時間をやついフェスの宣伝に使えればと思い応募させていただきました。
やついフェスには毎年参加しており、エレ片も初回から拝聴しています。 少しでもお力添えできればと考えておりますので、よろしくお願いします。

No.63:藤本麻衣(ふじもと・まい)

私は2018年のやついフェスキャンペーンガールで、やついさんに「アンニュイガール」というニックネームをつけていただきハッピーだった分、優勝できず悔しかったのでリベンジしたくこの度応募させていただきました!!
J-POP、K-POP音楽好きで、 スティッチの声真似が得意です! よろしくお願いいたします。

No.64:akari

バレエを26年やっています。 よく喋りよく眠りよく飲みます。 若くはないですが元気です。

No.65:いのち

毎年参加していたやついフェスに、今年もどんな形であれ参加したいと思い応募しました。
医師兼ダンサーをしています。専門は耳鼻咽喉科ですが、花粉症や難聴などよく見られる耳鼻科疾患について、独自の視点を交えて執筆などできるチャンスがあれば幸いです。

No.66:力-tsutom-

初めまして。自分は小学生のときに歌うことの楽しさを知り、ずっとエンターテイメントの世界で生きていくことを願ってきました。
約7年ほど前まで、バンドのボーカルとして活動していましたが、バンドの解散や、いつのまにか時間に自分が流れてしまっていた中で、自分のほんとの気持ちに向き合うこと、夢を言葉にすることもできなくなっていました。
世界が映画や悪い夢の中のような状況になり、今まで当たり前に思ってきたことが、何一つ当たり前じゃなかったことに気付かされ、自分がこの夢に出逢えたこと、ほんとに幸せだったんだと改めて気付け、夢への再スタートを決めれました。
思いやりを持ってみんなで一つになって平和を願う今、自分の歌が音楽が少しでも誰かの何かになれる存在になれたら、幸せです。 このような状況の中、このようなチャンスをくださり大変にありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします‼︎

No.67:みおり舞(みおり・まい)

クラシックバレエ経験があるので、身体の柔らかさでは負けません。アキラ100%さんの芸を全力でやれます!

No.68:小寺地花(こでら・ちか)

慶応義塾大学選出ミス慶応になったことがあります。 テニス好きです。

No.69:かなまる

ミスiD2018 SKY-HI賞を受賞し、子育てしながらアーティスト、ママアーティストとして活動をしています。ママでも夢を叶える!を実現したいです! 2018.07.17に全国に初めてCDをリリースいたしました。 普段は子供を保育園に預け、ライブ配信でほぼ毎日4〜5時間歌っております。生ライブは月に1.2回程度です。その中で2カ月に1度行っていた不定期公演は4回全てソールドアウト、ファンの方、関係者に支えられここまで活動できています。 今年は2020.03.08に渋谷duoでワンマンライブ開催が決まっておりました。コロナウイルスの影響で中止になってしまい(duoで無観客ライブを行いました)、新たな挑戦と思い応募させていただきました。ママアーティストのフェスに関わるお仕事、出演を叶えたいです。よろしくお願い申し上げます。

No.70:青島 萌(毎日サプリメント)(あおしま・もえ)

私は16歳の頃から、『毎日サプリメント』を始めました。 毎日サプリメントは、私自身が作詞作曲、演奏、PV撮影、CDジャケットのイラストなどをすべて一人で手がけるソロバンドです。 毎日サプリメントは、他にはないライブパフォーマンスが魅力だと思っています。 最初は、女の子一人でセーラー服でステージに立つことから、アイドルかな?と思われると思います。 でも見終わったあとは、「あれ、やっぱりアーティストかな?というかこの人なんなんだ?」という感想を持たれると思います。 パフォーマンスは、歌って踊って、半分以上は客席に降りて行っています。 床を転げ回ったり、服を脱いで水着姿になったり、はたまたビニールプールに入ってジョウロで水をかぶったり、真剣な曲ではノイズギターをかき鳴らしながら歌ったりなどと自由で破天荒な、曲に合わせたパフォーマンスを行っています。 世の中に溢れる未来への希望を歌った曲はなく、ほとんどが楽しかった過去に執着し、思ったように成長できないもどかしさや、過去に戻りたいというどうしようもない気持ちを歌っています。 見た人を釘付けにする自信は、絶対にあります。

No.71:石山 彩(いしやま・あや)

中学のときに作詞作曲を始めて、高校ではバンドを組んでいました。 大学からは「大人ランド」というユニットで活動をしています。

No.72:信江紅映(のぶえ・くれは)

私は歌うことや踊ることや演技をすることが大好きで、これまでの活動はミュージカルの舞台に出演し、多くのこと学び、大学は昭和音楽大学・ミュージカル科を卒業いたしました。 なので、表現して、人を楽しませることも大好きです!  特技はバトントワリングをすることです。 よろしくお願いいたします。

No.73:ぴこぴこ

Twitterでいいね♡をいただけてちょっと気になったので応募してみます。 自撮りはお化けみたいになってしまいましたが、実際はまるまるとしているアラフォーでございます。 ちびのせいかスターウォーズのR2D2に動きが似ている(体型も…?)と言われたので「ぴこぴこ」です。 酔わないと歌えない性格ですが文章を書くことは昔から好きです。お酒と音楽も大好きです。美容師さんに耳がSサイズと言われました。よろしくお願いいたします。

No.74:優理奈(ゆりな)

2019年2月までの1年間、カナダにワーキングホリデーとして滞在し、アメリカでは演技学校、ダンススクールに通っていました。海外の方々と共に働き、接客をする中で様々な考え方や価値観を学ぶことができました。 渡航理由は様々な経験をするため、表現の幅を広げ、表現力を高めるためです。海外に滞在している中で行動力を身につけ、自給自足の生活であったため、働いて生きていくことの厳しさ、娯楽の大切さを実感しました。 私には挑戦に向かって努力する力がございます。カナダでフルマラソンに挑戦しました。運動には苦手意識があったのですが、特に一番苦手とするマラソンに挑み、苦手を乗り越えたいと思いました。自分には何が足りてなくいのか考え、計画を練り、調整を何度もしました。絶対にゴールしたいという強い思いより5時間38分でゴールしました。体力、忍耐力にも自信ございます。 特技はダンス(hiphop、jazzfunk、contemporaryなど)、裁縫、ヘアアレンジです。よろしくお願いいたします。

No.75:suna

私は小さい頃から歌うことが大好きで、今は会社員として働きながら音楽活動をしています。 今は、誰もが音楽活動できて、楽しい時代です。私もオリジナルの楽曲をいくつか配信しています。 いつも自然体で、きちんと喜び、落ち込み、立ち直ることができるのが自分の魅力だと思っています。 誰かの行く先を明るく照らせるヒーローになりたいです。 長所: 自分では好きじゃないけど、年齢とミスマッチな可愛い系の、でもナチュラルな声質。きちんと落ち込んできちんと立ち直れるポジティブさ。謎解きが得意で謎解き能力検定は準2級。社会調査士の資格を持っている。

No.76:河合成美(かわい・なるみ)

応募するかすごい悩みました。 私は今ラジオの制作をしてして、才能のあるアーティストの方や女優さんとお仕事をすることで自分には何もないなあと劣等感を抱いています。今回も他の人に比べたらきっと応募する理由も弱いのかなあとか、いろいろ考えたのですが、とにかくやってみよう!!と応募することにしました。 可愛いわけでもなく、喋りが上手いわけでもなく、笑ってごまかすのが上手い人間になってしまって、常にもっと自分を表現できる人間になりたいです。特技も人に自慢できることもないです。ちょっとスポーツが得意なことと人と出会う運がいいことくらいでしょうか。 もしこの先に進んだとき、本当に自分に一歩踏み出す勇気があるか今はわかりません。 だけどやってみたいっていう直感を信じてみたいです。よろしくお願いします。

No.77:大塚杏奈(おおつか・あんな)

現在私は舞台などに出演をする傍ら、アイドルデビューを目指し日々奮闘しております。 これまで地元名古屋ではダンスインストラクターやプロバスケチームのチアリーダーを勤め、上京後はテーマパークのショーMCやミュージカル、舞台の出演など、様々な活動をしてきましたが、26歳になり、アイドルデビューを目指すというさらなる挑戦の機会をいただきました。そしてアイドルだけでなく、2020年は何事にもチャレンジしていく年にしたいと思っております。 特技はダンスで、ジャズ、バレエ、ヒップホップ、日本舞踊、タップと様々なジャンルが踊れます。 また、振付も得意で、NHKの子ども番組では楽曲の振付及びゲスト出演をさせていただきました。 これまで培ってきた技術を生かし、より一層輝きたいと思いこの度は志願させていただきました。 よろしくお願いいたします。

No.78:小川鈴花(おがわ・れいか)

私は「競技エアロビック」というダンス競技を3歳から12年間続け、世界大会での優勝経験があります。その経験から表現するということに興味を持ち、声優学校に通って演技の勉強をし、それを生かして今は舞台やアイドルの活動をしています。 何事も新鮮な気持ちで頑張ります。 よろしくお願いいたします。

No.79:奥寺テーラ(おくでら・てーら)

特技はカメラとコスプレ、寝ることです。何時間でも眠れます! いろいろなバンドのLiveやフェスに家族でよく行くので、違う立場から参加して楽しみたいと思いました。

No.80:Shuri*

現在、デビューを目指してゼロからスタートする企画『イチからアイドル!!』というアイドルグループで アイドルの卵として活動しております。 主な活動内容としましては、 ・メンバーを自らスカウト ・SNSでの活動風景や活動内容の発信 ・YouTube番組での宣伝 ・SHOWROOMでの定期的な配信 ・ダンスや歌、お芝居やコントの練習 ・ギターやミュージックベルの練習 ・個人では女優としての活動もしております。 身体を動かしたり、運動することが大好きです! アイドルグループでは【かわいい】を担当しており その見た目からファンの皆さんには【姫】というニックネームで親しまれております。 SHOWROOMでは即興劇(5分間コントコーナー)で女教師役で日々面白いを探求しております。 かわいいと面白いを兼ね備えた【みんなを元気にできる存在】を目標にし、このキャンペーンガールに応募させていただきました。 全力で頑張ります。 よろしくお願いいいたします!

No.81:名波香凜(ななみ・かりん)

特技は、お菓子作りでパンを作ってます。最近はわんちゃんのご飯も手作りしてます。あと身長が167cmあり、バレーボールをずっとやっていました。 昨年の10月にオーディションで選んでいただき、YouTubeの「部活ONE!放送部」に出演していました。そして、個人でもYouTubeをやり始めたので、動画編集ができます。そして、トークを回したり、1人でもしていくのが得意です。 大学4年生なので、時間もたくさんあります。 よろしくお願いいたします。

No.82:ぱくみゆう

昨日お芝居のワークショプ行ったら「やついフェスキャンペーンガールやってました!」って女の子が言ってて調べて今です。
やついフェスキャンペーンガール、調べてみたけどなんかよくわかんなかったです。でも音楽が好きなので応募しました。音楽、聞くことも作ることも奏でることも私の中で一番感覚でできるので大好きです。多分上手になろうとしてないからです、でも私と音楽のその距離感が心地よくて好き。 あとクイックジャパンでコラム書けるのが羨ましくて。書く仕事、やってみたいです。
自己PR、お芝居をしています。全然できないなって思うけど、悔しかったり、むかついたり、ずっとやってたかったり、いろいろな気持ちが湧き出るぐらい真剣にやっています。 好きな映画はベルナルド・ベルトルッチの『孤独な天使たち』とか大林宣彦監督の『HOUSE』とか。好きな音楽はぜったくんとかドミコとか。 では、よろしくお願いします。

No.83:佐藤(仮)

かっこいいアーティストのMVに出たい人です。 特技は、夢眠ねむさんの前歯のモノマネと、夢眠ねむさんプロデュースのキャラクター「たぬきゅん」の声真似です。 去年書類で落ちました。面接だけでもどうか受けさせてください…………。


この記事が掲載されているカテゴリ



QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太