自粛する文化施設への助成を求める「Save Our Space」が31日に記者会見

89
2020.3.30

SaveOurSpace

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業停止を行う文化施設に対する助成金を求める署名活動を行っていた「Save Our Space」が、3月31日に記者会見を行う。

10万筆を目標に進められた署名活動は3月30日時点で20万筆集まっており、当初の想定を超える反響になっている。会見では、これまでの経緯やクラブ・ライブハウス・アーティストの現状、政府への要求、賛同人の声などを紹介する予定だ。

「Save Our Space」記者会見概要

[概要]
日時:2020年3月31日午後13:00
場所:SUPER DOMMUNE
住所:渋谷PARCO 9F(150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 9F)
登壇予定者:篠田ミル/スガナミユウ(LIVE HAUS)/Mars89/Licaxxx
配信URL:https://www.dommune.com/

[タイムテーブル(予定)]
13:00 趣旨説明/これまでの経緯/署名の状況
13:20 賛同人のコメントの紹介
13:35 質疑応答(質疑応答はZoom/事前にいただいたDMやメールで行います)
13:50 #DOMMUNE/#SaveOurSpace のハッシュタグに答えます!

[注意事項]
コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、当日の記者会見は配信のみで行います。当日の配信は録音/録画をしていただいて構いません。元データをご希望の方は、saveourspace2020@gmail.com までご連絡ください。

質疑応答ZOOMのURLは コチラ(Meeting ID: 915 427 441 Password: 092894)になります。

当日回線状況によっては混雑する可能性があります。繋がりにくい場合はツイッターのDMまたはMAILでご連絡ください。またその後にインタビューを希望される方もご一報ください。

[声明文]
現在、ライブハウス・ナイトクラブ・劇場は、新型コロナウイルスの影響により経営の危機に瀕しております。イベント、または不要不急の外出の自粛要請のなかで、公演の中止が相次ぎ、売り上げの急落が起きています。また、自粛要請があるものの損失補償が提示されていないため、営業を続けざるを得ない。そして、その状況下で従業員はもちろん、出演者、音響エンジニア、照明エンジニアなど多くの関係者にも大きな被害が発生しています。

そこで、我々は感染拡大を防ぐため、各会場の代表者を主体として、政府が収束を発表するまでのあいだ会場に観客を入れることの停止を検討しています。感染拡大の防止に向けた客入れの停止を行うために、自粛要請が始まった2月26日から政府が収束を発表するまでの期間を対象期間として設定し、助成を国へ求めます。

この助成には、施設の維持費、従業員の給与、イベントの製作経費(出演料、音響、照明)などを含みます。また、新型コロナウイルスの影響でこれまでに中止にした公演に関しては、実損額を提示し、同額の助成を求めます。他業種と比べて集団感染の発生の可能性が高い場所であることは事実であり、いま感染の拡大を防ぐことはとても重要な事であると考えております。

この助成案を実現して頂けたら、文化施設、従業員、出演者、関係者、一丸となり新型コロナウイルスの収束へ尽力いたします。

また、会場閉鎖期間中は、無観客でのライブストリーミングなどにシフトし、集団感染のリスクを排除した状態で文化の継続と発展のために出来ることを模索致します。

[発起人(順不同)
DJ NOBU、スガナミユウ(LIVE HAUS)、篠田ミル、Lark Chillout、Mars89

[署名サイト/声明文]
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdoS3wgiYphbbmU-c-qnf65nj4oHhknV6LVY3BPpVYoMa6-XA/viewform

公式リリースより

▶︎【総力特集】アフターコロナ
『QJWeb』では、カルチャーのためにできることを考え、取材をし、必要な情報を伝えるため、「アフターコロナ:新型コロナウイルス感染拡大以降の世界を生きる」という特集を組み、関連記事を公開しています。



WHAT'S NEW新着

あなたにはこちらもおすすめ