「痴漢は犯罪です」というポスターは呑気過ぎる。被害者の「人生が終わる」可能性は軽視されていないか?

2021.11.10
僕のマリ

文=僕のマリ 編集=佐々木 笑


2021年に話題となった記事を紹介する年末企画。今回は、岸田総理が10月の国会答弁で「内閣府において、痴漢を含む若年層の性暴力被害の実態調査を行う予定がある」と語るなど、深刻な社会問題のひとつとなっている痴漢にまつわる記事を再配信する(初公開日:2021年5月5日/情報はすべて当時のもの)。


「降りたら人生が終わる! 降りたら人生が終わる!」

絶叫する男性が、電車から引きずり下ろされる動画を観た。この男性は2021年4月に痴漢の容疑で、数人がかりでホームに運び出されていた。必死な形相を浮かべ、大きな声で同じ言葉を繰り返す男性に、周囲の乗客は何事かと釘づけになっている。

事の顛末を知ってか、彼が運び出された瞬間には「死ね!」と叫ぶ乗客もいた。ネット上ではさまざまな推測がなされていたが、男性の必死さから「ウケる」「痴漢くらいで人生終わらない」という笑いに転じたコメントも目立った。

当たり前だが笑い事ではない。動画の男性は冤罪かもしれないが、「痴漢」という犯罪が絶えない現状について想いを馳せてしまった。

※写真はイメージです
※写真はイメージです

痴漢の被害者が“我慢”しなければならない現状

私は「痴漢体質」なのかと思うくらい、子供のころから痴漢に遭ってきた。

初めて痴漢に遭ったのは小学6年生のときで、夕方ピアノのレッスンから帰っている途中にうしろから走ってきた男に尻を触られた。ほんの一瞬のことだった。一瞬過ぎて、自分でも何が起こっているのかわからないほどだった。

しかし、振り返るとニヤニヤ笑っている男がいる。その瞬間、私は怒りで男の下っ腹を殴った。右手に確かな手応えを感じたのも束の間、男は走って逃げ出した。

私も「待て!」と叫びながら走り、500メートルくらいは追いかけた。若い男だったので逃げ切ってしまい、私はそのまま通っていた小学校の職員室に飛び込んで被害を報告した。周囲が腫れ物に触るような対応だったことをよく覚えている。

年配の女性教諭に「危ないから反撃なんてしちゃ駄目よ」と諭されたとき、悔しくて初めて泣きそうになった。

中学、高校、大学と、電車に乗れば痴漢や盗撮に遭い、道を歩けば不審者から声をかけられる日々。バス停で知らないおじさんに太ももを触られたこともあった。

反撃したこともあるし、ただ黙り込んでやり過ごしたことも多かった。きっと黙り込んで過ごす人のほうが多いだろう。終電で痴漢に遭ったときは、早く帰りたい一心で声を上げなかった。私はそのことをたまに思い出しては憂鬱になる。

「痴漢は犯罪です」というポスターは、呑気過ぎる


この記事の画像(全2枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

僕のマリ

(ぼくのまり)1992年生まれ、物書き。犬が好き。2018年、短編集『いかれた慕情』を発表。ネットプリントで印刷できるエッセイをたまに書いている。

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太