UUUM鎌田和樹 年始の「新宿駅南口事案」から見る、YouTuberと社会問題の関係性

2020.1.17
UUUM鎌田和樹

構成=田中一成 編集=鈴木梢


HIKAKINやはじめしゃちょー、水溜りボンドといった多くの人気YouTuberを擁するだけでなく、あらゆるエンタテインメントを世に送り出しているUUUM株式会社。その代表を務めるのは、HIKAKINとの出会いをきっかけに同社を設立した鎌田和樹氏だ。鎌田氏の「クイックジャーナル 〜カルチャーからニュースを読む〜」初回のテーマは、インターネットカルチャーやYouTuberと社会問題の関係性について。


インターネットは誰かを傷つけるための媒介ではない

1月6日、多くの人にとって仕事始めの日、Twitterのトレンド上位だったのが「首吊り自殺」だった。JR新宿駅南口の歩行者用の陸橋で男性が首を吊っていたのだ。男性はその後搬送されたが、死亡が確認された。

Twitterのタイムラインでは、問題の本質から遠く離れたやり取りが拡散された。現場を写真撮影して投稿している人もいれば「(首を吊ってる人の)服装が陰キャww」と笑う人もいる。「写真を撮るなんて人として終わってる」と返せば「撮影がダメな理由を論理的に説明してくれ」というツイートが広がる。

僕は初めてインターネットを目の当たりにしたとき、便利さ、その広大な可能性に心を躍らせた。けれども今は、匿名で悪口を言うコミュニケーションツールという側面が拡大しているように思う。人の死をコンテンツにするというのも、匿名性の悪い部分が表出した結果だろう。アカウントを複数作ることも簡単だから、無責任な悪意がいともやたすく飛び交う。

インターネットでは「白」だと主張すれば「黒」も生まれるし、「グレー」な意見も生まれる。そして「何も言わない」人が一番損をしない世界になっているのではないか。みな、本当のインターネットの使い方をわからなくなっているように思う。もちろん答えはないけれど、ひとつ言えることは、インターネットは誰かを傷つけるための媒介ではないということ。

2ちゃんねるの開設者・ひろゆきさんがテストしている新しいコミュニティ「ぺんぎん村」に注目している。コンセプトは「暇なときに一緒にテレビを見て感想を言ったり、漫画を見て感想を言い合ったり(略)近所の人とやるようなことを、ネット越しにやろうとする村」。禁止事項がいくつかあり、最も興味深いのは「相手の人格を否定すること」。

日本では社会的な問題が起こると感情に流され、本質的な議論から遠ざかる傾向がある。一方アメリカでは、YouTubeで3億回再生を突破しているラッパー・Logicの曲『1-800-273-8255』が若者を自殺から救ったり、社会現象を巻き起こしているNetflix『13の理由』が自殺やセクシャリティに対する問題提起になっていたり、コンテンツが社会問題にアプローチすることが増えている。日本でも同様の流れは起きうるのだろうか。僕はすぐには起きないと思う。日本とアメリカではコンテンツを取り巻く土壌が異なるからだ。


この記事の画像(全1枚)


この記事が掲載されているカテゴリ

鎌田和樹

Written by

鎌田和樹(UUUM株式会社・代表取締役)

(かまだ・かずき)1983年東京都生まれ。起業家である孫泰蔵氏の薫陶を受けて起業を決意、人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)との出会いをきっかけに、2013年ON SALE(現UUUM)を設立し、社長就任。2017年にUUUMを東証マザーズ上場に導く。2022年6月1日付で代表取締役 会..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太