木全翔也&佐藤景瑚が語るJO1としての夢「パフォーマンスで世界一のアーティストになる」

2021.9.12

パフォーマンスで世界一に

(左)木全翔也/(右)佐藤景瑚

──先ほども話題に挙がった「PROCESS JO1」の第1回で、「2021年 日本一のパフォーマンスグループになる」というテーマで話されていました。この“パフォーマンスグループ”という呼び方にこだわりはありますか。

[PROCESS JO1] EP.01 2021年 日本一のパフォーマンスグループになる

木全 “ボーイズグループ”って言っているときもありますし、どうなんでしょう。個人的には、“アーティスト”と呼ばれるようになりたいです。

佐藤 僕たちは“パフォーマンスを高いレベルで見せるグループ”を目指しているので、僕らが作り出している作品そのものに注目してもらいたいです。

木全 よくよく考えたら、JO1っていい曲がめちゃくちゃそろっている。海外の作曲陣なんですけど、チームで楽曲を作っているから音数も多いし、メロディーも素晴らしい。

佐藤 ゆくゆくは自分たちで曲やコレオグラフ(振り付け)を作れるようにもなりたいと思っています。

木全 全部が全部は無理かもしれないけど、作詞や作曲も極めていけたらいいですね。

──ご自身で制作などもされているんですか。

木全 僕はDTMを始めました。けっこう大きいキーボードを買って、モニタースピーカーも用意して、家をスタジオみたいにしています。期限に追われるのは嫌なんですけど(笑)、自分が「いいな」と思った音を使って曲を作るのは楽しいです。今は韓国の先生や音楽機材の専門学校に通っている友達に教えてもらって勉強しています。そう遠くない未来、皆さんにも聴いてもらえるんじゃないかな。

佐藤 最終的には、パフォーマンスで世界一のアーティストになることが夢。僕たちのパフォーマンスで、JO1の存在が世界中に知られるようにしていきたいです。

──一方で、パフォーマンスのクオリティを上げることが、必ずしも世間の評価につながるとは言えないという現状があると思います。それでも“パフォーマンスがいいグループ”を目指すことに、迷いや躊躇はないですか。

佐藤 仰るとおり、パフォーマンスがいいからバズるわけでも、ダンスのシンクロ率が高いからバズるわけでもないと思います。でも、だからこそ、いつバズってもいいように、僕たちはパフォーマンスのクオリティを上げておく必要がある。いろんなアーティストを観させてもらったり、メンバーや会社と常に話し合いをしていますけど、バズるきっかけなんて誰にもわからない。そこで今の僕たちにできるのは、“その時”のためにパフォーマンスを伸ばすことなんです。

木全 その日まで、レベルアップをつづけるだけですね。

──今の皆さんには、“その日に向けて備えている”という感覚が強いのですか。

木全 今はコロナ禍というのもあり、準備期間という気がしています。ライブをやってこそのアーティストだと思っているので。オンラインライブもやらせていただきましたけど、映像では伝わらない、現場にしかないものも間違いなくある。生のライブをやって、同じ場所でJAMと盛り上がるのが、今の僕たちには必要なのかなって思います。

JO1|’REAL’ Official MV


この記事が掲載されているカテゴリ

この記事の画像(全18枚)


  • JO1 4THシングル『STRANGER』

    発売日:2021年8月18日(水)

    <初回限定盤A(CD+DVD)>
    価格:1,900円(税込)
    CD収録曲
    1.REAL
    2.Freedom
    3.ICARUS
    4.Blooming Again

    <初回限定盤B(CD+PHOTO BOOK)>
    価格:1,900円(税込)
    CD収録曲
    1.REAL
    2.Dreaming Night
    3.ICARUS
    4.Blooming Again

    <通常盤(CD)>
    価格:1,400円(税込)
    CD収録曲
    1.REAL
    2.STAY
    3.ICARUS
    4.Blooming Again

    関連リンク


ライター_坂井彩花

ARTICLE LIST

坂井彩花さんの関連記事一覧

坂井彩花さんの
新着・人気記事をお知らせします。