i☆Ris『Shall we☆Carnival』:PR

i☆Risソロインタビュー(2)芹澤優&山北早紀「辞めようとまで思ってた」

2020.3.15
i☆Risソロインタビュー(2)芹澤優&山北早紀

文=須永兼次 撮影=佐々木康太


声優とアイドルのハイブリッドユニット・i☆Risは、2012年にデビューし今年で結成8周年を迎えようとしている。目標としていた日本武道館でのワンマンライブを2016年に成功させてからも、グループとしても個人としても研鑽を重ね、誰ひとり欠けることなく、今もなお活躍の場を広げ続けている。

そんな彼女たちの約2年半ぶりのニューアルバム『Shall we☆Carnival』が3月13日(金)にリリースされた。コンセプトは「祝祭」であり、これまで活動を続けてきたことへのご褒美や、共に支え合ったメンバーやファンへの感謝が込められているように思える。

リリースを記念し、『クイック・ジャパン』vol.148(2月26日発売)に掲載されたリレー形式のソロインタビューを順次公開する。

芹澤優「メンバーとの距離を感じた、すごく苦しい時期」

i☆Ris結成時に掲げられた目標、日本武道館でのワンマンライブ。その達成を前に、芹澤優はグループとしての不安に加えて、もうひとつ別のものを抱えていた――。今のグループ愛の源にもなった当時の裏話を、包み隠さず語る。

芹澤優

デビューから目標にしていた武道館でのワンマンライブを4周年でできたのは、「『プリパラ』という作品に出会って、スタッフさんとキャラクターが連れて行ってくれたから」だと今でも思ってるんです。だから「武道館に見合う自分たちになれるのか?」とも思っていたし、その夏の結成4周年ライブも全然満員にできなかったので、本当に直前まで不安でした。でもいざステージに立ってみたら、本番の3時間は本当に幸せで。ファンやスタッフさんからの愛もすごく感じる宝物みたいな時間になりました。

ただ実は私、その年のツアーのころ、ほかのメンバーとうまくいってなかったんです。たぶんみんな「芹澤がソロでデビューする」ってなんとなく気づいてて、私もたぶん知らないうちに自分のことばかりになっちゃってて。7年間でメンバーとの距離を一番感じた、すごく苦しい時期でした。だから、武道館のMCで涙が止まらなくて(笑)。

で、私が泣き崩れてしゃがんじゃったときに……リーダーが「ゆうちゃん、i☆Risでいてくれてありがとう」って言ってくれて。今はソロ活動もしていますけど、私、i☆Ris好きなんですよ。きっとみんなが想像してる以上に。でもそれぐらいメンバーを思えるようになったのは、この武道館があったからかもしれません。


芹澤 優(せりざわ・ゆう)
1994年生まれ、東京都出身。強いグループ愛も持ちつつ、2017年にはソロアーティストとしてもデビュー。昨年秋には生バンドを引っさげた初のソロツアーも開催。

山北早紀「辞めようとまで思ってたんですよ」


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太