「パチンコ屋に行ってるような奴ら」から人気の芸人ふたりのキャスティング



実はゲームタレントとして超優秀なお笑い怪人

ちなみにこの日の収録には僕が「寅さん性」を感じるもうひとりのP1芸人もキャスティングしていた。そのおじさんはいつも茶色い帽子と茶色いカバン……ではなく黒いテンガロンハットと黒いパンツでやってくる。そう、お笑い怪人ハリウッドザコシショウである。

ハリウッドザコシショウ
1974年2月13日生まれ。静岡県出身。

ザコシショウを最初に起用した理由は実にシンプルで、「YouTubeのゲーム実況がおもしろいから」という至極真っ当なものであった。実際にレトロゲームへの愛は半端なく、その知識量は芸能界でも5本の指に入ると思われる。ただ最初にキャスティングしたときにはハチミツ二郎同様に不安な点もあった。それは「ザコシさんってまともにしゃべれる人だっけ?」ということである。なぜなら2017年時点でザコシショウといえば「アンバランカンバランハンマーカンマー」な怪人でありフリートークが得意というイメージはまったくなかったのだ。

しかしその不安は杞憂に終わることとなる。なんとザコシショウはオープニングで挨拶代わりの「誇張しすぎた豊田(真由子)議員」をやったかと思えば、残りのクイズパートはほとんどボケることなく誰よりも真剣にゲームに向き合ったのだ。さらにはよっぽどのゲームマニアしか知らないスーパーファミコンの衛星放送システム「サテラビュー」に言及するなど「誇張してないハリウッドザコシショウ」が実はゲームタレントとして超優秀であることを自ら証明した。

実際放送後には「ザコシさんがちゃんとしゃべってる姿が素敵でした」といった視聴者からのポジティブな反応が多く「またザコシさんを呼んでください」との声を多数いただいた。ただ普通にしゃべっただけで褒められるというのもなんだかよくわからない話だが、これこそ僕がザコシショウに抱く「めちゃくちゃだけど変にまじめ」という“寅さん性”に他ならない。

と、いろいろ書いたがこのままだと「ザコシさんって実はまじめな人なんですね」的なことになりかねないので、最後にハリウッドザコシショウの「寅さん性」ではなく芸人としての「狂気性」がよくわかるエピソードだけ紹介してこのコラムを終えたいと思う。

2019年2月、僕らは「勇者ああああ100回記念ロケ」で熱海の温泉旅館に来ていた。朝風呂のシーンを撮る直前、僕はザコシショウに声をかけられた。

ザコシ「ラブレターズって潔癖症なんだっけ?」

板川 「溜口(佑太朗)さんが潔癖症ですね」

ザコシ「溜口君の顔に金玉こすり付けてみようと思うんだけど……どう?」

「どう?」ってなんだ。テレビ的にOKなのかということであれば当然放送できないのでNOである。じゃあ倫理的にOKなのかということであれば「人の顔に金玉をこすり付けていい」って教える学校はないだろうからこれまたNOである。だけど僕は答えた。「溜口さんだったらOKじゃないっすかね」と。

直後、風呂場に溜口の叫び声が響いた。

「おい!ホルモンのハチノスみたいになってんじゃねえか!」

自身の金玉をハチノスにたとえられ、ガハハと豪快に笑うハリウッドザコシショウ。揺れる金玉には現場によって怪人にもタレントにもなれる芸歴27年のすごみがシワとなって刻まれていた。その隣で芸歴24年のハチミツ二郎はラブレターズ塚本(直毅)のボーボーに生えた陰毛を「トータルテンボスみたい」とボソッとたとえた。 どうしようもないおじさんが僕は大好きだ。

この記事を気に入った方はサポートをお願いします。次回の記事作成に活用いたします。

この記事が掲載されているカテゴリ

Written by

板川侑右

(いたがわ・ゆうすけ)2008年テレビ東京入社。制作局で『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』などのADを経て『ピラメキーノ』でディレクターデビュー。その後『ゴッドタン』『トーキョーライブ22時』などのディレクター業務を経て特番『ぽい図ん』で初演出を担当。過去に『モヤモヤさまぁ〜ず2』のディ..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太