QJ編集部 今週のおすすめ情報(1月24日〜1月30日)

2020.1.24

『クイック・ジャパン ウェブ QJWeb』編集部員と『クイック・ジャパン QJ』本誌編集部員がお届けする「QJ編集部 今週のおすすめ情報」。イベントや展示、映画など、お仕事終わりや休日におすすめの情報をお届けします。


1月24日(金)〜1月30日(木)のおすすめ情報

大橋裕之原画展

大橋裕之『音楽 完全版』2019年(カンゼン)

青春小説が好きだ。
だから、自分が作る本もそういう本が多い。というか、すべて青春小説のつもりで作っているところがある。「青春」というタイトルがつかなくても、違うテーマを扱っていても、どこか青春小説のつもりで作っている。
大橋裕之の『音楽』を初めて手に取ったのは、吉祥寺の書店・バサラブックスだった。当時同僚だった九龍ジョーと吉祥寺へ飲みに行き、その帰りにバサラブックスに寄り、自費出版の『音楽』(2005年)と前野健太のデビューアルバム『ロマンスカー』(2007年)を買った。共に今も、自分にとって大切な作品だ。
『音楽』が、映画『音楽』公開に先んじて、完全版として出版された。今日も、収録されている「ラーメン」という短編を読んだ。青春小説としか言いようがない。大橋裕之原画展が、来週金曜日(1月31日)まで吉祥寺で開催されています。(森山裕之)

<information>
「大橋裕之原画展」

2020年1月1日(水)〜2020年1月31日(金)
会場:BOOKSルーエ(階段ギャラリー)
営業時間:9:00〜22:30

なかむらしんたろうを拡張する展示

「なかむらしんたろうを拡張する展示」

無造作な長髪と、髪と境目がわからないほど貯えられた髭、そしてメガネ。その風貌が特徴的な謎の人物「なかむらしんたろう」を、総勢51名のアーティスト・クリエイターたちが“拡張”する展示が「なかむらしんたろうを拡張する展示」。各々の作風で描かれる「なかむらしんたろう」が青山ブックセンター本店をジャックしている。同展示の主催者でもある「なかむらしんたろう」は1/25(土)・1/26(日)に在廊予定なので、運が良ければ会えるかも。(鈴木梢)

参加アーティスト・クリエイター
Ushiki Masanori/田中かえ/雪下まゆ/あけたらしろめ/ざきよしちゃん/山科ティナ/わかる/矢島光/オーヤマ/ サンレモ/赤/地球のお魚ぽんちゃん/西田真魚/sally/TOMASON/sasamana/吉本ユータヌキ/安田マーシー/マープキイナ/ narumi/かじた/ムーポン/きくちゆうき/せきやゆりえ/鈴木旬/しおぴぃ/アキレス前田/藍にいな/あおのこ/凸ノ高秀/ヒデシマヤスノブ /いえだゆきな/JARRIX/kazu/水元さきの/RYO SEKINE/並河泰平/ナカマル/一乗ひかる /とんぼせんせい/JUN OSON/水沢そら/小林ラン/日向コイケ/薬指ささく/高木真希人/OTONE/まにわりえ/カワシマナオト/Yuta MIHIRA/石井嗣也(敬称略・順不同)

<informatison>
「なかむらしんたろうを拡張する展示」

2019年12月9日(月)〜2020年1月31日(金)
会場:青山ブックセンター 本店
営業時間:10:00〜22:00

ROLAND魚録展

「ROLAND魚録展」

平日の水族館が好きです。ガラガラだし、ビールも飲めるし、机やベンチもあるから仕事もできる。年間パスもだいたい5000円くらいとお手ごろ。特に、すみだ水族館は蜷川実花や清川あさみなど、クリエイターとのコラボ水槽を発表するなど意欲的で、今年も年パスを更新予定です。
でも今いちばん気になっているのが、マクセルアクアパーク品川での「ROLAND魚録展」。ツイートはことごとく名言として拡散され、最近はテレビでもご活躍の、あのローランド様です。
「ホスト界の頂点に君臨するROLAND氏と、水族館界の最先端をゆく当館の、“オリジナリティにあふれ、常に前向きである”という共通点から、この度のコラボレーションが決定」
という概要を読んでも、どんな水槽なのか想像つかないのですが……水族館好きとしてはぜひ見ておきたい企画です。(田島太陽)

<information>
「ROLAND魚録展」

2020年4月19日(日)まで
会場:マクセルアクアパーク品川
営業時間:10:00~22:00(最終入場 21:00)

ORIGINAL LOVE presents「Love Jam vol.5」

ORIGINAL LOVE主催のライブが今週末、1月25日(土)にZepp DiverCityであるのですが、なんといっても注目は共演ミュージシャン。ワンマンチケット即完の中村佳穂に、意外にも共演は20年以上ぶりというCorneliusという豪華さ! 「田島貴男 Original Love」名義のTwitterにはCM動画もアップされていて、以下のような意味深なコメントが……「今回は奇跡の組み合わせ。中村佳穂、Cornelius、ORIGINAL LOVE。さらに奇跡のコラボもあります。あの曲もやります。絶対にお見逃しなく」。(森田真規)

<information>
ORIGINAL LOVE presents「Love Jam vol.5」

2020年1月25日(土) OPEN17:00 START18:00
会場:Zepp DiverCity
出演:ORIGINAL LOVE、Cornelius、中村佳穂
http://originallove.com/live/2019/09/20/2752 

おーいくまちゃんぬいぐるみイラストイベント

おーいくまちゃんぬいぐるみイラストイベント

「おーいくまちゃん」、知ってますか?
いろは出版さんから派生して生まれた9人組の雑貨作りユニット・AIUEOが制作したキャラクター。それが、「おーいくまちゃん」でございます。ちょっとお間抜けでぽか~んとした表情が印象的な、愛らしい生物です。
今週25日、26日の2日間、渋谷ヒカリエShinQs店にて、作家Kaorinさんのイラストサイン会が開催されるそうです。丸型のかわいいカードに、くまちゃんとのツーショットを描いてもらえるという……ぬいぐるみ好き・キャラもの好きにとっては最愛の機会と言えるでしょう……。
イケてるイベントでマイメンとイェーイってする週末もいいけれど、おーいくまちゃんを愛でるほっこりした週末を、私は推します。(野坂瞳/『クイック・ジャパン』編集部)

<information>
「おーいくまちゃんぬいぐるみイラストイベント」

2020年1月25日(土)・1月26日(日)
会場:渋谷ヒカリエ(AIUEO渋谷ヒカリエShinQs店)
https://hello-aiueo.com/news/kumanuigurumi_ivent-tokyo/


伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”

乃木坂46卒業とともに発売された写真集の取材で伊藤万理華さんにお会いしたことがある。卒業後の自分について聞いたときの「素材として面白がってもらいたい」という言葉がとても印象的だった。勘所がとてもよくて、しなやかに体全体を使い、可憐だったりスタイリッシュだったりファニーだったり、どんなジャンルの曲にもぴたりとはまる伊藤さんにぴったりの表現だと思った。女優だけではなく、ダンサーだけでもなく、アイドルでももちろんなく、素材。そんな素材を自分で遊んでみたり、誰かに委ねたりしたらどうなるのか。展覧会めっちゃ楽しみです。(あと写真集『エトランゼ』めちゃくちゃいいので見てください!!!)(小林翔/『クイック・ジャパン』編集長代理)

<infomation>
伊藤万理華EXHIBITION “HOMESICK”

2020年1月24日(金)〜2月11日(火・祝)
会場:GALLERY X
入場料:500円
11:00〜21:00(最終入場19:30)
https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=342


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太