QJ編集部 今週のおすすめ情報(2月21日〜2月27日)

2020.2.21

『クイック・ジャパン ウェブ QJWeb』編集部員と『クイック・ジャパン QJ』本誌編集部員がお届けする「QJ編集部 今週のおすすめ情報」。イベントや展示、映画など、お仕事終わりや休日におすすめの情報をお届けします。


2月21日(金)〜2月27日(木)のおすすめ情報

サニーデイの曽我部恵一がラッパーとして出演するスリーマンイベント!

詩情の人_ポスター
詩情の人 - 小林勝行+曽我部恵一+鬼 -

新メンバーが加わったニュースが1月末に入ったサニーデイ・サービス、そのフロントマン・曽我部恵一。彼がラッパーとして登場するスリーマンイベント「詩情の人 - 小林勝行+曽我部恵一+鬼 -」が渋谷・WWWで2月27日に開催されます。そのイベントの企画者であるWWW田中氏からコメントをいただきました!

『108 bars』でシーンに衝撃を与え今もなお自身の病気と闘いながら言葉を紡ぐ神戸のラッパー、小林勝行。
HIPHOPクラシック、『小名浜』から10年強の月日が経ち、さらにゴールデン街のムードをまといはじめる鬼。
そしてHIPHOPアルバム『ヘブン』をリリースして反響を巻き起こした曽我部恵一。

彼らの紡ぐリリックはどうしたって心にじんときてしまう。もちろん最近のトラップも好きだけれど、たまに少し心を休めてリリシストの声に身も心も委ねてしまいたい。彼らの曲には、心を浄化させてくれたり、誰かの救いになったり、やっぱりしんどいよなあって寄り添ってくれたり、そんな力があるのです。

「詩情の人 - 小林勝行+曽我部恵一+鬼 -」企画 WWW田中

これとは関係ないのですが宣伝もさせてください! 私が島田潤一郎さん(岬書店/夏葉社)と植田浩平さん(PEOPLE BOOKSTORE)と一緒に登壇するトークイベント 「就職しないで生きるための細く険しく楽しい道――90年代の若者たちはいかにして働いてきたか」が2月23日にありますので、こちらもよろしくお願いいたします!(森田真規)

<information>
「詩情の人 - 小林勝行+曽我部恵一+鬼 -」

開催日:2020年2月27日(木)
開場:19:00 開演:19:30
会場:WWW
料金:2800円(前売)/3300円(当日)
※共に税込、ドリンク代別
出演:小林勝行/曽我部恵一/鬼 (withピンゾロ)
https://www-shibuya.jp/schedule/011850.php

家にこもってドキュメンタリー

THE VIETNAM WAR | Extended Look | PBS

これからなかなか外に出られない日々がつづくのかな。とりあえず今週末は家で配信作品を観まくろうかな。学生時代の卒業論文は「ベトナム戦争映画」でした。サブカルチャーへの興味から、自然に辿り着いた上流に「ベトナム戦争」がありました。その戦争を同時代の人たちがどのように生き、映画、文学、音楽がどのように描いたのか。自分が生まれたころではありますが、その時代の文化、芸術は自分の原点のひとつです。まずはずっと観たかったドキュメンタリー『ベトナム戦争の記録』を。(森山裕之)

<information>
『ベトナム戦争の記録』

ケン・バーンズ&リン・ノービック監督
2017年/1シーズン/海外TVドキュメンタリー
ケン・バーンズとリン・ノービックが手がけた壮大なベトナム戦争の記録。兵士、反戦活動家、政治家、家族など、その時代を生きた人々の証言を基に歴史を振り返る。
https://www.netflix.com/jp/title/80997770

まさかの“確定申告×フェス”

確定申告FES

会場でスマホでサクッと確定申告を済ませて、すっきりした気持ちでフェスを楽しむ……というまさかの“確定申告×フェス”が今週末に実現します。確定申告の質問コーナーなども用意されているので、初めてでも安心。確定申告に関するブースが充実しているだけじゃありません。フェスもちゃんとフェス。出演アーティストは、さかいゆうやNakamuraEmi、Lucky Kilimanjaroなど。芸人も、昨年のM-1グランプリ準優勝のかまいたちが登場。ほかにもたくさんのアーティストや芸人が登場予定となっているようです。私はここへ行ってなんとかなる状態でもないので家でおとなしく確定申告準備を進めますが、気になった方はぜひ足を運んでみてください。(鈴木梢)

<information>
「確定申告FES」

開催日:2020年2月22日(土)、2020年2月23日(日)
開催時間:11:00~18:00(予定)
料金:無料(特設サイトより参加登録)
会場:六本木ヒルズアリーナ・大屋根プラザ・ヒルズカフェ
https://www.freee.co.jp/event/kakufes2020/

結成20周年、二度目の東京ドーム単独公演

【アスマート】Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome グッズ

『クイック・ジャパン』とも縁の深いPerfume。結成20年、そしてメジャーデビュー15周年を記念した、4大ドームツアーがスタートしました。「日本を代表する」「最先端テクノロジーと音楽の融合」など、大きな言葉で語られがちな彼女たちですが、ライブに行くと、絶妙に緩いMC、各メンバーがデザインに関わる公式グッズから、ファンのことを第一に考える、彼女たちの変わらない人間らしさが感じられます( グッズ紹介動画をぜひご覧ください!)。この人柄のよさがPerfumeの一番の魅力であり、長く愛される理由ではないでしょうか。もちろん、圧巻のパフォーマンスも。ぜひ、ライブに足を運んでみてください。(谷地森創)

<information>
『Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome 東京公演』

開催日:2020年2月25日、26日(東京)ほか
会場:東京ドームほか、全国4都市
チケット情報:LINEチケット、イープラスなど各種プレイガイドをご確認ください。
特設サイト

「記憶を珍味としてあじわう」展覧会

『記憶の珍味 諏訪綾子展』

「コンセプトを胃まで届ける」をテーマに、表現としての「食」を追求するフードアーティストの諏訪綾子さん。かつて「感情のテイスト」がテーマだったエキシビジョンに行ったとき、“悲しみのテイスト”や“後をひく悔しさとさらに怒りさえもこみ上げるテイスト”などのフードをいただいたことがあります。もちろん食べたことのない“感情”の味に、納得したり、驚いたり、ちょっと違う気がするなぁと思ったり……とにかく不思議で、斬新なアート体験でした。
あれから10年。すっかり世界的に注目されるアーティストになられた諏訪さんによる、「記憶」をテーマにしたイベントが開催されています。<記憶を美しくかけがえのない珍味として「あじわう」ことで、「わたし」自身をあじわう体験の創出に挑戦>(公式サイトより)とのことで、新しい体験を求めている人、おすすめです。(田島太陽)

<information>
『記憶の珍味 諏訪綾子展』

開催日:2020年1月18日(土)~3月22日(日)※月曜休館
会場:資生堂ギャラリー
開館時間:平日 11:00~19:00/日曜・祝日 11:00~18:00
料金:無料
https://gallery.shiseido.com/jp/exhibition/

「物語の香り」を生み出す 書店イベント

アロマ書房@aromashobo より

下北沢のBOOKSHOPTRAVELLERにて、2月24日(月)に「お気に入りの1冊の香りを作る」体験が開催されます。1冊の香りを作る?なんのこっちゃ?とお思いでしょうが、文字どおり「物語の香り」を生み出すことができるらしいのです(本好きにとってはたまらないイベントでは…?)! 好みの本を持っていくと、それに合わせたアロマを調合してくれるとのこと。どんな本を持って行こうかな……と考える時間もまた、お楽しみのひとつになりそうです!(野坂瞳/『クイック・ジャパン』編集部)

<information>
「お気に入りの1冊の香りを作る」 体験

開催日:2020年2月24日(月)10:00〜19:00
会場: BOOKSHOP TRAVELLER
(東京都世田谷区北沢2-26-7アパートメントストア1階 )
料金:2000円
ツイッター: アロマ書房
BOOKSHOP LOVER 和氣正幸
本屋を旅する BOOKSHOP TRAVELLER


この記事が掲載されているカテゴリ

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太