少女漫画の主人公が奇跡的にそろったようなドリームチーム、King & Prince。デビューから最新作『ツキヨミ / 彩り』までのキャリアを振り返る

2022.11.26
King & Prince

文=新 亜希子 編集=森田真規


2022年11月9日に11thシングル『ツキヨミ / 彩り』をリリースしたKing & Prince。初週だけで79.2万枚のセールスを記録し、グループ史上最高の売り上げとなった。さらに、大晦日に放送される『NHK紅白歌合戦』への出演も決定し、その活動が大きな注目を集めている。

本稿では、King & Princeの歩みを改めて振り返ると共に、その魅力についてまとめたい。

King & Prince
(きんぐあんどぷりんす)平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太をメンバーとしたジャニーズ事務所所属のグループ。通称「キンプリ」。2018年5月、シングル『シンデレラガール』でデビューを果たす。2022年4月から5月にかけて、グループ初のドームツアー『King & Prince First DOME TOUR 2022 ~Mr.~』を全国4都市で開催した。


素顔には親近感、ステージに立てば眩いオーラを放つ5人

11月9日に11枚目となるシングル『ツキヨミ / 彩り』をリリースしたKing & Prince。同作は、平野紫耀主演ドラマ『クロサギ』(TBS)の主題歌である「ツキヨミ」と、髙橋海人主演ドラマ『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日)の主題歌である「彩り」による両A面シングル。11月8日付けのオリコンデイリーシングルランキングでは60.8万枚の売り上げで1位を獲得。デビューシングル『シンデレラガール』で記録した、自己最高初週売上57.7万枚を、1日で上回ったかたちだ。

ここで改めて、King & Princeについて紹介したい。メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太。2015年のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』にて正式にユニットを結成し、「Mr.KING vs Mr.Prince」の名で期間限定の活動を開始する。

2016年以降は「Mr.KING」と「Prince」に別れて活動していたが、「一緒にやりたい」という思いが募り、何度も話し合ったのちにジャニー喜多川氏に直訴。2018年、CDデビューを掴み取った。

王子様風の衣装に身を包み、華やかに歌い踊るデビュー曲「シンデレラガール」。ジャニーズの王道を行く作品として広く愛され、King & Princeの名は瞬く前に世間に知れ渡った。メディア露出が増えるにつれ、メンバーそれぞれの個性も明らかに。その素顔には親近感がありつつも、ステージに立てば眩いオーラを放つ彼らの人気はどんどんと高まっていく。

King & Prince「シンデレラガール」YouTube Edit

ドラマや舞台、MCといった個人活動の幅も広がる一方、2021年には『24時間テレビ44「愛は地球を救う」』(日本テレビ)のメインパーソナリティを務め、2022年は4大ドームツアーを成功させるなどグループとしても経験を積み重ねていった。

また、その人気に劣らぬ実力も磨き上げた。「I promise」「恋降る月夜に君想ふ」といった煌めく楽曲のみならず、ヒップホップ界では誰もが知るダンサーのメルビン・ティムティムが振り付けを手がけた「Magic Touch」や、TikTokを中心にバズを起こした「ichiban」(4thアルバム『Made in』リードトラック)にて高いパフォーマンススキルを見せつけると、ダンスインフルエンサーからも注目を集める存在となる。

King & Prince「ichiban」Special Dance Clip YouTube Edit

King & Princeの多面的な魅力を堪能できる『ツキヨミ / 彩り』

今回リリースした『ツキヨミ / 彩り』は、まるで異なる2曲をリードトラックとすることで、多面的なKing & Princeの魅力を堪能できるシングルに仕上がった。

声ひとつとってもそうだ。ミステリアスな「ツキヨミ」では、セクシーかつ、攻撃性や挑発を感じるエッジの効いた声を、一方「彩り」では温かく、丸みのある声をもって楽曲の世界観を表現している。後者は、きっと笑顔で歌っているだろうことが想像できる、なんとも優しい歌声だ。

2曲のMVで見せる表情はまるで別人だが、いずれもKing & Princeだ。この4年間、多様な楽曲に挑戦してきたことで、King & Princeが表現し得る世界は確実に広がったと、リリースのたびに実感する。

なお「ツキヨミ」は、世界的ダンサー・RIEHATAがコレオグラフ(振り付け)を担当したことでも話題に。そのダンスはYouTubeショートやTikTokでも楽しむことができる。

King & Prince 11th Single「ツキヨミ / 彩り」期間限定視聴動画 Teaser

個性豊かなKing & Princeのメンバー紹介

もはや説明不要にも思うが……個性豊かなメンバーそろいだ。

・平野紫耀(ひらの・しょう)
1997年1月29日生まれ、愛知県出身。メンバーカラーは真紅(深紅)。
デビュー曲「シンデレラガール」の歌い出しを担当した、甘やかなハスキーボイスが魅力。小学校2年生のときにダンスを始め、体幹の安定性を活かしたダンスに定評あり。運動能力が非常に高く、バック宙などアクロバットも得意としている。
関西ジャニーズJr.としての活動を経て、ドラマ、映画の主演経験も多数。言わずと知れた天然ボケから一転、芝居で見せる情緒的な表情は時に視聴者を驚かせる。無垢な愛されキャラであり、サンドウィッチマンらバラエティで共演した芸人らから「会いたいな」と本人不在の場で名が出ることも。

・永瀬 廉(ながせ・れん)
1999年1月23日生まれ、東京都出身。メンバーカラーは漆黒。
転勤族で育ったが、大阪で過ごした時間が長いため関西弁を話す。関西ジャニーズJr.時代には、現・なにわ男子の西畑大吾、大西流星と「なにわ皇子」として活動。西畑およびAぇ!groupの正門良規とは同期であり親友。互いにたびたび、話題にしている。クールに見えるが、メンバーや仲間、家族や友人への愛は強い。淡々としているようで、不器用なほど素直で熱い一面も。
近年は役者として飛躍。2021年には主演作『弱虫ペダル』で第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2022年はドラマ2本、映画1本に出演し、いずれも主演を務めている。鼻にかかった甘い声も彼の持ち味。

・髙橋海人(たかはし・かいと)
1999年4月3日生まれ、神奈川県出身。メンバーカラーはひまわりイエロー。
メンバー中、最もダンス歴が長く、中学時代にはs**t kingz・NOPPOに師事。King & Princeの楽曲にも数曲、振り付けを行っている。グループ最年少であり甘えん坊だが、周囲をよく見てよく気を配る、しっかり者の一面も。
2019年には漫画家デビューを果たしており、朗らかな人柄が透けて見えるような優しいタッチの絵柄が持ち味。それは、少年性の残る歌声にも通ずる。役者としての仕事も年々注目を集める一方、飾らないピュアな人柄はバラエティ番組でも愛されている。2022年12月16日に公開の映画『Dr.コトー診療所』に出演。

・岸 優太(きし・ゆうた)
1995年9月29日生まれ、埼玉県出身。メンバーカラーは紫。
King & Princeのリーダー。愛称は「岸くん」(永瀬は「岸さん」と呼ぶ)で、お茶の間からも「岸くん」として親しまれている。2020年の『24時間テレビ』や、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)、『VS魂』(フジテレビ)など、グループを代表しての出演も数多い。
2013年『Endless SHOCK』に初出演、2019年・2020年『DREAM BOYS』で主演を果たすなど、基礎を押さえ、練習を怠らぬ歌とダンスは舞台に映える。2021年『ナイト・ドクター』(フジテレビ)に出演すると、その芝居にも一躍注目が集まった。愛されイジられキャラだが、高いポテンシャルを持つ謙虚なエンターテイナー。

・神宮寺勇太(じんぐうじ・ゆうた)
1997年10月30日生まれ、千葉県出身。メンバーカラーはターコイズブルー。
岸や、初期メンバーの岩橋玄樹、現Sexy ZoneやSixTONES、Snow Manメンバーらと共にジャニーズJr.の一時代を支えた。同年代の中では、さりげなく周囲をフォローする頼れる存在として中心を担い、人気を確かなものにした。
どっしり構えた紳士的な振る舞いで「国民的彼氏」の名を欲しいままにする一方、メンバーに負けず劣らずの変わり者であり、おっちょこちょいな一面も。彼のそうした側面を、共演者をはじめ視聴者はとっくに気づいており、長所として温かく受け止めているにもかかわらず、本人は「スマートな神宮寺」で通そうとしている点も彼らしい。空手を得意とし、車やバイク、古着を好むなど硬派な一面も。優しくも一本気な性格に通ずる、カッコよさへの美学を感じ取れる。

そのギャップも踏まえ、少女漫画の主人公が奇跡的にそろったようなドリームチーム。「なぜこれほどまでに愛されるのか?」の答えは、その目で見ればきっとわかるはずだ。


この記事の画像(全4枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

新 亜希子

Written by

新 亜希子

(しん・あきこ)エンタメ系ライター。音楽・アイドル・映画を中心に、インタビューやレポート、コラムやレビューを執筆。『シネマトゥデイ』『リアルサウンド』『日経エンタテインメント!』ほか。

CONTRIBUTOR

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太

QJWebはほぼ毎日更新
新着・人気記事をお知らせします。