「今後挑戦してみたいコスプレ」人気は『チェンソーマン』のマキマ!池袋のハロウィンで行われたコスプレイベントをレポート

2022.11.24
(左から)美南ナミさん、YuiRiさん、火野妃奈さん

文・撮影=ソムタム田井 編集=森田真規


東京・池袋の東口エリアで、2022年10月29日、30日に開催された大型コスプレイベント『池袋ハロウィンコスプレフェス2022(略称:池ハロ2022)』。マスクの持参・着用、参加中の定期的な消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、さまざまな感染予防対策を講じた上で行われた同イベントには、大勢のコスプレファンが参加。各所で写真撮影や交流を楽しむ姿が見られた。

パレードやギャザリング、さらにはDJパーティーなども実施され、大盛り上がりとなった『池ハロ2022』を取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーたちの写真を、イベントレポートと併せてお届けする。


コスプレイヤーに聞いた“今後挑戦してみたいコスプレ”

こちらの記事で紹介するのは、新旧さまざまな人気アニメのキャラクターに扮したコスプレイヤー。現在放送中の『SPY×FAMILY』をはじめ、『その着せ替え人形は恋をする』や『リコリス・リコイル』『オーバーロード』『ONE PIECE FILM RED』など、2022年を代表する作品のヒロインたちが続々と集結し、それぞれに撮影のための長蛇の列ができていたのが印象的だった。

もちろんそのほかにも、コスプレイベントではおなじみの『シン・エヴァンゲリオン劇場版』や『美少女戦士セーラームーン』、さらには『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』『七つの大罪』『賭ケグルイ』など、多彩な作品のヒロインたちも駆けつけ、中には作品の枠を超え、異なるタイトルのキャラクター同士でツーショット撮影を楽しむレイヤーグループの姿も見られた。

そんなレイヤー陣に“コスプレに対するこだわりポイント”や“今後挑戦してみたいコスプレ”を聞いてみたところ、以下のように答えてくれた。

「衣装自体は購入したものなんですけど、生地の質感だったり小道具の造形が気になったので、ちょっとずつ手直しをしていて。気づいたら全体的にがっつり手を加えていた、というところですね。強いてこだわりポイントを挙げるとしたらですが(笑)。今後やってみたいコスプレは、今回の『池ハロ』でも大勢の方がされていましたが、『チェンソーマン』のマキマさんに挑戦してみたいです。友達と“併せ”もできたら楽しそうですね」(『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』ロキシー・ミグルディア/大河ももさん)

『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』ロキシー・ミグルディア/大河ももさん
『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』ロキシー・ミグルディア/大河ももさん

「こだわったのはウィッグの造形です。前髪やアホ毛が特徴的なキャラなんですけど、全体的にいい感じに再現できた気がします。今後やってみたいコスプレは、現在放送中の『チェンソーマン』や『BLEACH 千年血戦篇』のキャラコスですね。それと、バーチャルYouTuberの宝鐘マリンちゃんの衣装とウィッグもすでに用意しているので、こちらも年内にはコスプレをしたいです」(『オーバーロード』アルベド/チロルちゃんさん)

『オーバーロード』アルベド/チロルちゃんさん
『オーバーロード』アルベド/チロルちゃんさん

「ウィッグの色味や質感にこだわりました。それと、ツインテールのボリュームも忠実に再現できたんじゃないかなと思っています。今後やってみたいコスプレですが、『バイオハザード ヴィレッジ』のドミトレスク三姉妹や『Dead by Daylight』のリージョン、スピリットなどに挑戦してみたいです。アニメでは、以前にも一度やってみたことはあるんですけど、改めて衣装やウィッグを用意して『うる星やつら』のラムちゃんにも再チャレンジしてみたいです」(『七つの大罪』ディアンヌ/YuiRiさん)

『七つの大罪』ディアンヌ/YuiRiさん
『七つの大罪』ディアンヌ/YuiRiさん

「衣装自体は既製品ですが、光沢のある質感にしたかったので全体的に微調整を加えています。足元など、細かい部分の造形にもこだわりました。今後やってみたいコスプレは、『チェンソーマン』のマキマさんや『サイバーパンク エッジランナーズ』のルーシーですね。特に『サイバーパンク』は、世界観やファッションのデザインがかっこよくて大好きな作品なので、友達と“併せ”もしてみたいです」(『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/美南ナミさん)

『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/美南ナミさん
『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャー/美南ナミさん

大盛況となった『池ハロ2022』につづき、コスプレが楽しめるイベントとしては年末に『コミックマーケット101』(東京国際展示場にて、2022年12月30日、31日に開催予定)が控えている。果たして、こちらの開催時にはどのような作品のコスプレに人気が集中するのか? そうした点にも注意しながら、最新のアニメやコミック、ゲームなどをチェックしておき、会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。


この記事の画像(全11枚)


関連記事

この記事が掲載されているカテゴリ

somtum_tai2

Written by

ソムタム田井

(そむたむ・たい)ライター兼カメラマン。コスプレ文化の研究家として、『ORICON NEWS』『まんたんウェブ』『WebNewtype』『ファミ通.com』『Movie Walker』など、多数のWEBサイトや書籍に寄稿。コスプレイベントの企画やキャスティングを担当しつつ、世界コスプレサミット『Co..

QJWeb今月の執筆陣

酔いどれ燻し銀コラムが話題

お笑い芸人

薄幸(納言)

「金借り」哲学を説くピン芸人

お笑い芸人

岡野陽一

“ラジオ変態”の女子高生

タレント・女優

奥森皐月

ドイツ公共テレビプロデューサー

翻訳・通訳・よろず物書き業

マライ・メントライン

毎日更新「きのうのテレビ」

テレビっ子ライター

てれびのスキマ

7ORDER/FLATLAND

アーティスト・モデル

森⽥美勇⼈

ケモノバカ一代

ライター・書評家

豊崎由美

VTuber記事を連載中

道民ライター

たまごまご

ホフディランのボーカルであり、カレーマニア

ミュージシャン

小宮山雄飛

俳優の魅力に迫る「告白的男優論」

ライター、ノベライザー、映画批評家

相田冬二

お笑い・音楽・ドラマの「感想」連載

ブロガー

かんそう

若手コント職人

お笑い芸人

加賀 翔(かが屋)

『キングオブコント2021』ファイナリスト

お笑い芸人

林田洋平(ザ・マミィ)

2023年に解散予定

"楽器を持たないパンクバンド"

セントチヒロ・チッチ(BiSH)

ドラマやバラエティでも活躍する“げんじぶ”メンバー

ボーカルダンスグループ

長野凌大(原因は自分にある。)

「お笑いクイズランド」連載中

お笑い芸人

仲嶺 巧(三日月マンハッタン)

“永遠に中学生”エビ中メンバー

アイドル

中山莉子(私立恵比寿中学)
ふっとう茶☆そそぐ子ちゃん(ランジャタイ国崎和也)
竹中夏海
でか美ちゃん
藤津亮太